PC間接続

LAN接続でActiveSyncその後(簡単編)


 前回、「LAN接続でActiveSync」の項でレジストリをいじっての接続方法を載せました。あれからカシオペアのラウンジでの投稿を皮切りにあちこちでレジストリをいじらない方法を編み出されているようです。
 レジストリいじりは極力避けたいですからね、これから試そうとしている方はこちらの手順で実践してみてください。すでにレジストリいじり法で行われた人も試してみるといいかも知れません。設定の変更が気楽にできるようになりますよ。


まずはおことわり

 いきなり堅苦しいのですが、一応、下記の条件での説明になります。


欲しい物をそろえる

 LAN接続するには、何が必要でしょうか?ここでは買い揃える物を一覧にしてみましょう。

 しかし、接続形態として2通り説明しますので、よくよく考えてどちらかのセットを選んでくださいな。


セット1:親玉パソコンとカシオペアのLAN接続のみの場合

LANカード
カシオペアA-55Vに対応しているPCMCIA LANカードです。私はI-O DATA のPCLA/TEを使いました。
LANボード
こちらは親玉パソコン用です。私はI-O DATA のET2/T-PCIを使いました。
LANケーブル
親玉パソコンとカシオペアを繋ぐためのケーブルです。ここでは「クロスケーブル」という、配線が内部でねじくれた物を使います。買う時にはパッケージをよく見て、「クロス」と書かれているものをレジに持っていってください。


セット2:親玉パソコンとカシオペア、そして他のパソコンも含む3台以上のLAN接続の場合

LANカード
カシオペアA-55Vに対応しているPCMCIA LANカードです。私はI-O DATA のPCLA/TEを使いました。ちなみにもう1台のパソコンとして私はリブレット50にも同じカードを使っています。
LANボード
こちらは親玉パソコン用です。私はI-O DATA のET2/T-PCIを使いました。
LANケーブル
親玉パソコンとカシオペアを繋ぐためのケーブルです。ここでは「ストレートケーブル」という物を使います。買う時にはパッケージをよく見て、「ストレート」と書かれているものをレジに持っていってください。
ハブ
各パソコンから出てきたLANケーブルをまとめて接続する物です。私は5ポートのcorega HUB5P/9Pを使っています。


 ウチでは親玉パソコンのPC9821-Xa7とリブレット50を前からセット1の形でLAN接続していました。ですから、本当はカシオペアが3台目となります。

 親玉パソコンは買ってきたLANボードに付録の説明書を読んで基本設定をしておいてください。ここではカシオペアとの接続でのポイントのみを説明します。


とりあえずパートナーシップ

 LAN接続を使う場合、まずはシリアルケーブルにて接続してパートナーシップを確率しておく必要があります。これを怠ると、いくら設定に間違いがなくても接続できません。

 パートナーシップを確率したら、念のためにバックアップをしっかりととっておきましょう。


必要なファイルを放りこむ

 まずはカシオペアからいきましょうか。

 カシオペアのパッケージに入っていた「デスクトップソフトウェア for Microsoft WindowsCE」というCD-ROMから、下記の5つのファイルをカシオペアの\Windowsフォルダに放りこみます。CD-ROM内のパスは\Optional Components\Ethernet components for Microsoft Windows CE 2.0\sh3です。


 ちなみにこの5つのファイルを欲をかいてCFカードのルートに置いてはいけません。放りこんだら、一度リセットをかけてカシオペアを再立ち上げさせます。


LANカードをカシオペアに挿しこむ

 やっとLANカードの挿入です。

 場合によっては下記のようなダイヤログボックスが現われますが、ここには「NE2000」とだけ入力してください。


「NE2000」と入れる。


 ここでコントロールパネルを開いてみてください。ネットワークというアイコンが密かに増えていると思います。これをポポンとダブルタップして開いてください。


コントロールパネルにネットワークが。


 「NE2000 Compatible Ethernet Driver」というのがアダプタリストの項目にでていると思います。


一覧に「NE2000〜」と出ているはず。


 「オーナー情報」は放っておいてかまいません。


ここはそのまま放っておく。


 IPアドレスの項目では、[IPアドレスを指定(S)]をチェックし、[IPアドレス(A)]「192.168.55.100」を、[サブネットマスク(U)]「255.255.255.0」を入力します。


[IPアドレス(A)]「192.168.55.100」を、[サブネットマスク(U)]「255.255.255.0」を入力。


 「ネームサーバー」の項目では[プライマリWINS(W)]「192.168.55.102」を入力します。

 二台の親玉パソコンとも接続する場合には[セカンダリWINS(I)]「192.168.55.101」を入力します。


[プライマリWINS(W)]「192.168.55.102」を入力。


 これでカシオペア側の設定は終りです。


親玉パソコンでの設定

 親玉パソコンにて、ActiveSync用に設定を修正します。親玉バソコンの[コントロールパネル:ネットワーク]を開いて、「TCP/IP ->(あなたの買ったLANボードの名前)」のプロパティを開いてください。この設定例を参考にしてチェックしてみてください。


プロパティを修正していく。


バイント゛


詳細設定


 「DNS設定」の欄には、あなたのインターネットプロバイダーの情報が載っていると思いますが、そのまま放っておいてください。


DNS設定


ケートウェイ


WINS設定


 「IPアドレス」の欄にて、[IP アドレスを指定(S)]をチェックし、[IP アドレス(I)]「192.168.55.102」を、[サブネットマスク(U)]「255.255.255.0」をそれぞれ入力します。

 二台目の親玉パソコンを設定している日とは、もう一台の準親玉パソコンの「IPアドレス」の欄にて、[IP アドレスを指定(S)]をチェックし、[IP アドレス(I)]「192.168.55.101」を、[サブネットマスク(U)]「255.255.255.0」をそれぞれ入力します。


IPアドレスを入力する。


 ここまでチェックし終えたら、コントロールパネルを閉じます。


 次にタスクトレイのWindows CE サービスのアイコンをダブルクリックしてプロパティを開きます。

 [通信ダブ:ネットワーク経由での接続:接続を有効にする(B)]をチェックし、有効にしておきます。


ネットワーク経由での接続を有効にしておく。


 これで一通りの設定はし終えました。ここで一度リセットして再立ち上げしてください。


いざ、ActiveSync!

 一通りケーブルを接続し、カシオペアにてActiveSyncを立ち上げます。接続方法の一覧に「ネットワーク接続」というのが増えているので、それを選択し、接続先に親玉パソコンを選択します。


さぁ、ダブルタップ。


「ネットワーク接続」を選択する。


 問題が無ければこれで接続できると思います。できない場合には、もう一度LANカードやボードの説明書を読んで、そしてこのページを今一度読み直して、再度挑戦してみてください。

 この方法で接続を確立するとですね、例のレジストリキー「\HKEY_LOCAL_MACHINE\Comm\Tcpip\Hosts\親玉パソコン名」が作成されています。なるほど、今まではある意味で手順が逆だったわけですな。


 いやぁ〜、よくもまぁ、みなさんはいろいろと考え付くこと。私の出番はございません。知識の無さに恐縮しちゃいます。やっぱりネットワークも絡む仕事をしている人達なのかなぁ。


戻る