おまけ

@Beat on DeskTop for PsPC


 みなさんは「インターネットタイム」なるものをご存知でしょうか。これはスイスのスウォッチ社が提唱する新しい時間表示方法です。これをあまり活用されていないであろう、パームサイズPCのアクティブデスクトップで表示してみませんか。ちょっぴりミーハーな気分、もしくは全くマイナーな気分になれますよ。


そもそもインターネットタイムって?

 えっと、「インターネットタイム」とは「 @Beat 」や「 .Beat 」とも呼ばれてて、マサチューセッツ工科大学メディアラボの所長であるニコラス・ネグロポンテ氏がスイスの swatch社と共同で提唱した世界共通の新しい時間単位です。
 これは1日の24時間を1000で区切り、「 @000 」から「 @999 」 の数字によって時間を表します。例えばお昼の12時は「 @500 」 となります。
 でもね、この時間表現は世界共通のために日本の午前0時が「 @000 」とはならないんですよ。スイスのビールという街を基点として子午線が引かれているために時差があって、「 @000 」は日本における午前8時00分となります。ようするに常にスイス時間での時刻をややこしい表記方法にしたものと思ってくださいな。

 詳しくは swatch社のホームページを参照してみてね。ここにはデスクトップPC用の時計ソフトやコンバーターなどもダウンロードできますよ。


@Beat on DeskTop for PsPC とは何?

 「 Jhosua Systems @Beat on DeskTop for PsPC 」とはインターネットタイムをアクティブデスクトップ上で表示するためのモバイルチャンネルスクリプトです。ほら、アクティブデスクトップって、表示が遅かったり他のアプリケーションが常に表示されてたりであまり活用されてないでしょ。だから、たまにはこんな表示でもどうかな、というものです。


こんな感じです


なにはなくともまずダウンロード

 まずはダウンロードしてみてくださいな。フリーソフトです。


@Beat on DeskTop for PsPC Ver1.00
[ itime100.zip ( 2.89kb )]
のダウンロード


 圧縮ファイル「 itime100.zip 」を解凍すると下記の二つのファイルが抽出されます。


ファイル名 説明
date.mcs モバイルチャンネルスクリプト
ReadMe.txt 説明テキスト


インストールの前に

 このソフト、というかスクリプトは標準でついてるデスクトップ表示項目の「日付」を書き替えます。いやぁ、項目の追加が分からなかったものだから、あまり意味の無い「日付」を犠牲にしちゃいました。できたら項目追加の方法を誰か教えてちょうだい。

 ですから、本来の「日付」を表示したくなった時に備えて元ファイルのバックアップをしておきます。


  1. Windows CE サービスないしはパームサイズPC上で動作するファイラーソフトを立ち上げます。
  2. [\Windows\Temporary Internet Files]フォルダを参照します。
  3. この中に「 date.mcs 」というファイルがあります。これをどこかにバックアップしてください。


それではインストール

 さて、ここからはインストールの手順です。


  1. パームサイズPCにて[設定:画面]にて「画面のプロパティ」を表示します。
  2. [デスクトップ]タブの[情報の表示]をチェックします。
  3. [アクティプデスクトップ:情報の選択と配置][日付]にチェックが入っていた場合はチェックを外しておきます。
  4. 圧縮ファイル「 itime100.zip 」から解凍した「 date.mcs 」というファイルを[\Windows\Temporary Internet Files]フォルダにコピーします。
  5. パームサイズPCにて[設定:画面]にて「画面のプロパティ」を表示します。
  6. [アクティプデスクトップ:情報の選択と配置][日付]にチェックを入れ、「画面のプロパティ」を閉じます。
  7. 念の為にリセットしてください。


「日付」をチェック



アンインストールはというと

 アンインストールは基本的にバックアップした「 date.mcs 」を元のところにコピーするだけです。


  1. パームサイズPCにて[設定:画面]にて「画面のプロパティ」を表示します。
  2. [デスクトップ]タブの[情報の表示]をチェックします。
  3. [アクティプデスクトップ:情報の選択と配置][日付]のチェックを外します。
  4. バックアップしておいた「 date.mcs 」というファイルを[\Windows\Temporary Internet Files]フォルダにコピーします。
  5. 念の為にリセットしてください。


ちと不具合もありまして

 これね、あまり長い時間表示してるとハングアップすることがあるんですよ。そもそも約1分半おきの更新というのは辛いみたいですね。そう考えると標準で「日付」があっても「時刻」が無いのもうなづけます。スクリプトを見ると「なんでこんな処理を入れてあるの?」という感じのところもありますが、いろいろと試した結果これが一番具合がいいんですね。なにはともあれ、お遊びですから気にしないでくださいな。


 インターネットで検索しても全然ヒットしない、非常にマイナーかつ誰にも相手にされない「 @Beat 」ですが、実用性とかいった事は一切考えてはいけません。ついでにハングアップしても何も考えてはいけません。そもそもあのスウォッチ社から出したんだから、お遊びなんですよ。


戻る