おまけ

割勘定計算ブック


 みなさんが大勢で飲み食いした時など、最後に割勘で精算するというのはたまにあると思います。今回は私が使っている割勘計算のポケットExcel用のブックを紹介してみますね。


ここで言う割勘定計算ブックとは

 普通に飲み屋などでの割勘なら平出和彦さんの「割勘君」などでできますし、そちらのほうが便利です。でもここで紹介するのは飲み屋ではなくてバーベキューパーティーなどのようなみんなで食材や機材を買い集めた場合に用いるものです。飲み屋ではお店のおねーさんが精算した結果を割勘にするのですが、バーベーキューパーティーなどでは各自が持ちよった物をまず合計しなければなりません。そのために割勘定計算ブックをポケットExcelで開いて「購入品目明細」にて一覧にし、そしてその合計結果をもとに「請求金額一覧」にて割勘の計算をするものです。そしておつりの計算も入っているので「え〜と、10000円引く3680円は…」と悩みません。ちょっとしたパーティー用に使えますよ。


まずはダウンロード

 とりあえずここからダウンロードしてくださいな。最初からポケットExcel形式のPXLファイルになっています。


●割勘定計算ブックのダウンロード wari.zip (27.2kb)



 ファイルを解凍すると下記のファイルが出てきます。


ファイル名 内容
割勘定計算CE.pxl ポケットExcel用ブック
割勘定計算BSQ.pxl BSQUARE SpreadSheet用ブック
Readme.html このページまんまのhtmlファイル
wari01.gif このページ用の画像
wari02.gif このページ用の画像


使い方はというと

 入力する項目順に説明していきましょう。まずは「割勘定計算CE.pxl」を開いてみてくださいな。


購入品目明細

種別
 ここはとくに必要ではありません。備品を「1」、食材を「2」などとみなさんの好きなように使ってください。
商品名
 購入した商品の名目をここに入力します。
単価
 購入した商品の1つあたりの価格を入力します。
個数
 商品をいくつ購入したかの個数をここに入力します。
負担率
 「ピクニックテーブル」は個人として買ったけど一部はみんなに負担してもらいたい、という場合に負担してもらう割合を「0」から「100」の数値で入力します。食材など、全額を割勘にする場合には「100」、誰にも負担してもらう必要が無い場合には「0」を入力します。


購入品目明細
種別 商品名 単価 個数 価格 負担率 金額
1 3 ビール(総合) 9500 1 9500 100 9500
2
3
小計 9500 9500
人数 13 外税 475 475
合計 9975 9975
割勘定 760 760
差額 -95 -95


 こうして一通りの商品を登録していくと合計などが表示されていきます。ちなみに次に述べる「請求金額一覧」「氏名」にまず割勘にする人のリストを入力しておく必要があります。なぜなら割勘にする人のリストから人数を割り出して計算するからです。


請求金額一覧

 ここでも入力する項目順に説明していきましょう。


氏名
 ここに割勘にする人達の氏名を入力していきます。
負担率
 その人の負担する割合を入力します。「1」を標準とし、そこから半分の「0.5」などと相手に負担してもらう比率を設定します。ここは「0」から「1」の間の数値を入力します。
固定額
 負担率にこだわらず、「オレはこれだけ出してやる」と一定の金額を出してくれた場合に入力します。この欄に数値が入力されているとその人の「負担率」の数値は無視されます。
受取金額
 「請求金額」に対していくら預かったかを入力します。すると、「釣銭」の欄にオツリをいくら払えばよいかが表示されます。


請求金額一覧
氏名 負担率 固定額 請求金額 受取金額 釣銭
『よ』 1 1000 1000 1000 0
もえ蔵 1 700 1000 300


 と、こんな感じで使ってみてください。これはただのポケットExcelブックなので、あとはみなさんにとって便利なように書き替えて結構です。


もひとつおまけ

 パームサイズPCを使っている人の中には「BSQUARE SpreadSheet for the Windows CE Palm-Size PC」を持っている方もいらっしゃるんではないでしょうか。ちゃんとPsPC版としてこちらも同梱してありますよ。「割勘定計算BSQ.pxl」というファイルがそうです。


ちゃんと使えます


ソフトをお持ちの方はどうぞ


 これは私が個人的に使っていたものなんですけどね。バーベキューパーティーのお供にカシオペアを持ってってみるのもいいですよ。


戻る