モデム

外付けモデム


 カシオペア付属のマニュアルによると、付属の接続ケーブルはそのままモデムケーブルとして使える事になっています。そこで試してみるとウンともスンとも言いません。ハード的にまったく認識されていないようです。そこでしばし考えてみると、PC間接続はいわばWindows95標準のケーブル接続の親戚みたいなもの。ということはモデムケーブルに使われるストレート結線のケーブル(図1)ではなく、クロス結線の内部でねじくれたクロスケーブル(図2)の可能性があります。
 それでは、ということで、ストレートケーブルをクロスに変換するアダプター(図3)を挟んでみることにしました(図4)。クロスをクロスでもとに戻すというわけです。さて、結果は?うまくいきました。何事もなかったようにインターネットに接続できたのです。


図1 ストレートケーブル
図2 クロスケーブル
図3 クロス変換アダプター
図4 図2と3の併用


 実際の接続としては、こんな感じになります。

  1. ご存知カシオペア
  2. カシオペア付属の接続ケーブル
  3. カシオペア付属の9ピン・25ピン変換アダプタ
  4. クロスアダプタ。リバースアダプタと表記するメーカーもあります。これの25ピンオス・25ピンメスというタイプを購入してきます。
  5. モデム。私のモデムはmicrocom DeskPorte288です。もしもみなさんのモデムのコネクタが9ピンタイプでしたら、25ピン・9ピン変換アダプタがさらに必要になります。


 このページを見ている方は、基本的にパソコンでモデムを使える環境ということですから、4の25ピンオス・25ピンメスのクロス(リバース)アダプタを購入するだけ、悪くても25ピン・9ピン変換アダプタをもひとつ購入するだけとなります。まぁ、もっとも、親玉パソコンで通信できれば、この接続をあえてする必要は無いわけですからご参考までに。


戻る