MS-IME97

Windows95の辞書の利用


 「Windows95のユーザー辞書ファイルはそのままカシオペアに放り込めば使えます…」というのがありますが、いざ放りこむと使えません。なぜでしょ?


なぜ放り込めないの?

 カシオペアにWindows95の辞書ファイルをそのまま放り込むと動作しません。なぜでしょうか。これはですね、学習データが辞書ファイルにくっついてしまっているからなんです。

 ワープロなどでいろいろと文章を書いていくうちに辞書が学習していきます。自分で単語登録したユーザー辞書の中にこの学習データがどんどん蓄積されていくことによって、変換効率がお利口さんになっていくというわけです。

 ところが、カシオペアの辞書ファイルは自分で登録した辞書ファイルと学習データのファイルは別々に分けられています。ですから、そのままカシオペアに放り込むとワケのわからないデータがくっついていて判読できないとなるわけです。


CE1.0の時のようにいかんぞ

 従来のWindowsCE1.0での手順でもうまく行かない場合があります。これね、MS-IMEやMS-IME95から辞書を引き継いでいる場合に起こるみたいです。

 辞書登録をする時に「名詞」とか「地名その他」とか品詞を選びますよね。この品詞の一覧はMS-IME、IME95、IME97で少しづつ違いがあります。「形容詞ガル」とか「社名」「町」などが昔はあったのですが、IME97からは消えています。このありもしない品詞が混ざっているとカシオペアのIME97が混乱をきたすみたいなんですよ。

 CE1.0時代は、ちゃんと適当に読み飛ばしてくれていたようなんですが、今回はシビア、というより手抜きのようです。


辞書の放り込み方

 さて、前置きはともかく放り込む手順に参りましょう。


1.MS−IMEのプロパティを開く

 MS−IMEのパレットから、MS−IMEのプロパティダイアログボックスを開きます。


ここから開く


2.辞書ツールを開く

 MS−IMEのプロパティダイアログボックスの「辞書・学習」タブから「辞書ツール()」を選んで辞書ツールを開きます。


辞書ツールを開く(円で囲ったところ)


3.登録一覧を出力する

 [ツール():一覧の出力()...]で登録単語の一覧をテキストファイルとして出力します。これは一時的なものですので、どこに書き出しても、名称もデタラメでもかまいません。


辞書の一覧を一度出力する


4.出力したファイルを修正する

 本来はEXCELとかで説明するのが楽だし作業も簡単なのですが、持っていない人もいるでしょうからWindows95標準装備のワードパッドでの説明にします。


 3で出力したテキストファイルをワードパッドで開きます。


ワードパッドで開く


 [編集:全てを選択(L)]でテキスト全体を選択します。


[編集:全てを選択(L)]


 [編集:置換(E)]で置換ダイヤログボックスを開きます。


[編集:置換(E)]


 [置換前の文字列(N)]に「社名」とか「形容詞ガル」といった、IME97には無い品詞を、[置換後の文字列(P)]に「固有名詞」とか「形容詞」といったIME97でとって代わるものを入力して[すべて置換(A)]ボタンを押します。


IME97に無い品詞を置換する。


 下記の一覧をたよりに、MS-IME97には無い品詞を上記の手順で一掃します。一通り置換し終えたら上書き保存してください。


MS-IME97での品詞一覧
名詞 さ変名詞 あわ行五段 姓名接頭語
形容詞 ざ変名詞 か行五段 地名接頭語
形容動詞 人名 が行五段 固有接頭語
副詞 さ行五段 冠数詞
連体詞 た行五段 姓名接尾語
接続詞 地名その他 な行五段 地名接尾語
感動詞 固有名詞 ば行五段 固有接尾語
接頭語 ま行五段 助数詞
接尾語 ら行五段 慣用句
その他自立語 一段動詞 独立語


5.新規にカシオペア用の辞書ファイルを作成

 [ファイル():新規作成()...]で空の辞書ファイルを新たに作成します。今までの辞書とゴチャ混ぜになってしまわないよう、デスクトップなり、適当なフォルダなりに作成してください。


カシオペア用に新規に辞書を作成


6.出力した一覧を読み込む

 空の辞書に先ほどテキスト出力したファイルを[ツール():テキストファイルからの登録()...]で読み込みます。[MS−IME辞書からの登録()...]で登録しますと学習テータが雪崩のごとく単語登録されてしまい、とてつもないファイルサイズになってしまってカシオペアでは動作しなくなります。


出力したものを読み込む


 「すでに同じ単語/用例が登録されています。」といった登録でのエラーが出ることもあります。これは登録終了時の「失敗個数」に件数が表示されます。これが0件でない時は[エラーログの出力(E)]ボタンを押してエラーログを出力しておいてください。カシオペアで使います。


[エラーログの出力(E)]を忘れずに。


7.カシオペアに放り込む

 これでカシオペア用の辞書ファイルはできあがりです。カシオペアの¥Windowsフォルダに放り込んでください。エラーログを出力している方は一緒にログファイルも放り込みます。こちらは一時的にですのでどこにおいてもかまいません。


はい、できあがり。あとはカシオペアへ


8.カシオペアにて辞書を指定する

 放り込んだだけではもちろん意味がありません。

  1. カシオペアのコントロールパネル内の[入力機能]を開きます。
  2. [かな漢字変換]タブを選択し、[設定画面(S)]ボタンを押します。
  3. [辞書/学習]タブを開きます。
  4. ユーザー辞書の項目の[辞書名()]のところで[参照()...]ボタンを押して、放り込んだ辞書ファイルを指定します。
  5. エラーログがある人は、ここでついでにログを開いてコピー・ペーストでエラーログの内容を辞書登録してしまいましょう。


辞書を指定する


 「企業」って変換しようとしたら、カシオペアがフリーズしちゃったのね。それで原因を突き詰めていったら、こういう結論に達しました。Windows CE サービスやWindows95のMS-IME97が気を利かして変換してくれればいいのにねぇ。


戻る