信之助CE2.0

文字化け


 カシオペアでFAX。信之助を立ち上げて文字を入れるとなぜか「・・・・」に。この間はできたのに…。これはどういう原因なんでしょうか。


実はG-天王星の専用フォントのいたずら

 フルリセットした後には使えるようですが、使える場合と使えない場合とがあります。はなから問題のでない人もいるでしょう。これはですね、フルリセット後にG-天王星を使ったか使わないかによってかわってきます。

 G-天王星では特殊な文字を表記するために専用フォントを用意しています。\Windows\Fontsフォルダ内の「DICTIONARY.TTE」というフォントです。これが登録された状態ですと、信之助が文字を表現しようとした時にこのフォントが優先されて使われてしまうために不具合が生じてしまうというわけなんです。


 現在、専用フォントが登録状態かどうかというのは簡単な方法で確認できます。


  1. ポケットワードを立ち上げる。
  2. [書式(O):フォントとインクの描画(F)...]を選択します。
  3. ダイアログ内の[フォント名(F)]にて「EUDC」というフォント名の有無を確認します。


 「EUDC」というフォント名が一覧にある時にはG-天王星専用フォントが登録された状態にあり信之助は使えません。


「EUDC」が登録されていると信之助が使えない。


原因がわかったところで

 とにかく「EUDC」というG-天王星専用フォントが登録されていなければいいわけなのですが、どうやったら登録を消すことができるでしょう。\Windows\Fontsフォルダ内の「DICTIONARY.TTE」というフォントファイルを削除しようにも「アクセスは拒否されました〜」とか言って怒られます。フルリセット以外には方法は無いのでしょうか。


フォントを削除する

 原因は分かりました。後はフォントの削除方法です。少々まどろこしいのですが、下記の手順で削除できます。あ、削除してもG-天王星を立ち上げれば復活しますのでバックアップとかは必要はありません。


  1. まずはリセットボタンを押してカシオペアを再立ち上げします。
  2. エクスプローラにて「\Windows\Fonts」を開きます。
  3. 「DICTIONARY.TTE」というファイルを確認します。もしも無い場合には[表示(V):オプション(O)...]にて[隠しファイル:すべてのファイルを表示(S)]をチェックしてください。
  4. 「DICTIONARY.TTE」を選択し、[編集(E):切り取り(T)]として切り取ります。
  5. RAM領域内の他のフォルダに張り付けます。「Temp」フォルダあたりが無難でしょうか。
  6. ここでもう一度リセットボタンを押してカシオペアを再立ち上げします。
  7. エクスプローラで「DICTIONARY.TTE」を貼り付けたフォルダを開きます。
  8. 「DICTIONARY.TTE」[ファイル(F):削除(D)]で削除します。


 これで信之助でも文字が使えるようになります。最初の確認方法でEUDCフォントの確認をしてみてください。


「EUDC」が一覧から消えた。


両立させるには

 しかし、信之助が使えるようになってもG-天王星を立ち上げると元の木阿弥です。めったに信之助を使わない人はこの臨時的な手法でも苦にならないでしょうが、G-天王星も信之助もよく使うという方は困ってしまいます。ちょっと不便ですが、なんとか両立する方法があります。


  1. 上記の手順で「DICTIONARY.TTE」をあらかじめ削除しておきます。
  2. 親玉パソコンにてメモ帳を開き、新規作成画面で何も入力しないまま[ファイル(F):名前を付けて保存(A)...]を選択します。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログにて[名前(N)]「DICTIONARY.TTE」で適当なところに保存します。
  4. できあがった「DICTIONARY.TTE」を\Windows\Fontsフォルダ内に移します。
  5. リセットボタンを押してカシオペアを再立ち上げします。


 ポケットWZエディターを持っている人はメモ帳をつかわなくてもポケットWZエディターで空のファイルを\Windows\Fontsフォルダ内に直接作成しても結構です。ポケットワードではできません。


今度はG-天王星が

 これで信之助もG-天王星も使えるようになるのですが、G-天王星で文字化けするようになってしまいます。大抵は特殊文字の部分だけですので、あまり苦にはならないと思います。


特殊文字が化ける
両立前
両立後


 これはメーカーでも認識しており只今対応中とのことですので、いずれクラブカシオペアに修正版が掲載されるまでこの手法を用いるしかないようです。
 そうそう、このネタ、「カシオペアリポート」以来からの読者さんからのネタメールによるものです。いやぁ〜、感謝いたします。


戻る