JAVA

カシオペアでJAVA


 カシオペアで動くソフトを作ってみたい…。できるできないはともかく、みなさんが一度は思ったことではないでしょうか。実用的かどうかは別として、Windows95付属のメモ帳と「Micorsoft SDK for Java for Windows CE V1.0」があればタダでできますよ。


まずはダウンロード

 とりあえずは下記のURLから「Micorsoft SDK for Java for Windows CE V1.0」をダウンロードしてください。7.5MBほどありますが、自作ソフトのためにガマンガマン。


Micorsoft SDK for Java for Windows CE V1.0


 ダウンロードし終えたら、「CESDKJVM.exe」をダブルクリックして親玉パソコンの適当なところにインストールしてください。


カシオペアにもインストール

 親玉パソコンにインストールするだけではありません。カシオペアでJAVAが動くようにするためにカシオペアにもファイルをコピーします。


 親玉パソコンにインストールしたフォルダの中にカシオペアに入れるためのファイルがあります。これをすべてCFカードに放りこんでください。詳しくは「とことんCFカード MS-SDK for Java for CE V1.0」を参照してくださいな。


コピーするファイルのある場所
\Cesdkjvm\Hpc\Sh3


JAVAを作ってみる

 一通りインストールし終わったら、JAVAソフトを作成してみましょう。

コーディング

 メモ帳でプログラムを書いていき、「〜.java」の名前で保存すれば結構です。作成のポイントとしては、アプレットとして作成するのではなく、アプレットおよびアプリケーションとして作成することです。詳細については各自JAVA関連の書籍を見て勉強してくださいな。


コンパイル

 「〜.java」の名前で保存したテキストファイルを「〜.class」というJAVAアプレットに変換するのがコンパイル作業です。

 バッチファイルを作成してコンパイルするのが手軽ですので、この方法で説明してみます。


ここでは下記の環境を例にとって説明します。各自読み替えてください。

インストールしたパス
C:\Cesdkjvm
javaファイルのあるパス
C:\Cesdkjvm\make
コンパイルするjavaファイルの名称
ABCDEFG.java


 メモ帳で下記の通りに書いて、「Making.BAT」という名称で保存します。これをC:\Cesdkjvm\make\Binのパスに入れておきます。二行目の「ABCDEFG」は拡張子がついていないのに注意してください。


Making.BATの中身
Set Path = C:\Cesdkjvm\Bin;C:\Cesdkjvm\make
jvc C:\Cesdkjvm\make\ABCDEFG


実行して成功するとこんな感じの画面となります。
パラメータの値が許容範囲を超えています.
マイクロソフトかな漢字変換 2.70C
(C)Copyright Microsoft Corp. 1992-1995
EMSを10ページ使用します。
C:\CESDKJVM\bin>

C:\CESDKJVM\bin>Set Path =C:\Cesdkjvm\Bin;C:\Cesdkjvm\make

C:\CESDKJVM\bin>jvc C:\Cesdkjvm\make\ABCDEFG

Microsoft (R) Visual J++ Compiler Version 1.02.7315
Copyright (C) Microsoft Corp 1996-1997. All rights reserved.



C:\CESDKJVM\bin>




C1   CU   CA   S1   SU     VOID   NWL   INS   REP ^Z


 「Making.BAT」をダブルクリックで実行させると、成功していれば「ABCDEFG.java」のあるフォルダに「ABCDEFG.class」というファイルが出来上がっています。これでコンパイルは終了です。失敗したら、今一度自分の書いたJAVAプログラムを見直しましょう。


 次回、別のプログラムを作成する時は、この「Making.BAT」の中身を書き換えていけば結構です。


カシオペアに放りこむ

 出来上がった「ABCDEFG.class」をカシオペアに放りこみます。あ、せっかくだからカッコよくインストールと言いましょうか。これをCFカードのルート(\Storage Cardのパス)にインストールします。


ショートカットを作成する

 この状態ですと、コマンドをいちいち打って実行しなければいけません。ショートカットを作成しましょう。


例:クラスファイル「ABCDEFG.class」を実行したい場合


自作ソフトの実行

 さて、ショートカットが出来上がれば実行するのみです。ショートカットをダブルタップしてみましょう。立ち上げまでに10秒くらいかかります。うまくいけば画面が出てくるでしょう。出てくることも無しに終了してしまう場合は、またまた「ABCDEFG.java」の書き直しからはじめます。


おまけ

 自分で作成する前に、どんなものか見てみたいという人もいるでしょう。そんな方のために、サンプルを用意しました。「体重の部屋」のJAVAを書き直したものです。


● jhealce.lzh (2.47KB) のダウンロード
jhealce.class Copyright (c) Jhosua Systems


 jhealce.lzhを解凍して出てきた「jhealce.class」と「frame1.class」をCFカードのルートに置いてください。


jhealce.class「体重チェック」の画面


 C言語で書かれたソフトとは違って実用性は無いのですが、ま、自分で作ったソフトがカシオペアで動くというのは悪い気はしません。ちょっと試してみません?


戻る