とことんCFカード

各種ヘルプファイル


 とことんCFカードの項でいつもヘルプファイルは削除しちゃえ〜と言っています。でも、ヘルプファイルが無いと心配という人もいるでしょう。そこで今回はヘルプファイルの移行の基本的な方法を載せてみました。


ヘルプファイルの構造

 ヘルプファイルには基本的に3種類のファイルを使います。

 アプリケーション内で「?」ボタンを押した時、メインとなるhtcファイルをヘルプビューアで開きます。ヘルプビューアのヘルプ項目をタップすると、それに応じたhtpファイルを開くといったかたちになっています。

 基本的には上記のようになっているのですが、ソフトによってはすべてのファイルがhtcであるとか、その逆のhtpのみ、いろいろとあります。これくらいは統一して作ってくれてもいいのに…。


 このhtcやhtpファイルはただのhtml文書です。拡張子を「htm」に変更するとポケットIEでも参照できます。ヘルプビューアを使った場合には\Windowsフォルダ固定ですので、ここではポケットIEを使ってヘルプを参照する形にします。見れないよりはましでしょ。


ヘルプファイルの移行

 さて、手順を追って見ていきましょう。ヘルプファイルを必要とする=操作に慣れていない人ということで画像をふんだんに使っています。重くなったけど、ごめんね。


 親玉パソコンで作業をします。まずはWindows CE サービスを立ち上げ、CFカート内にヘルプのためのフォルダを作成します。フォルダ名称は適当につけてください。


CFカード内にヘルプ用のフォルダを作る


 作成したフォルダの下にも、さらにサブフォルダを一つ作ります。


ヘルプ用のフォルダの下にファイル用のフォルダを作る


 作成したサブフォルダのほうにヘルプ関連ファイル(htc、htp、2bpのファイル)を放りこみます。これはとことんCFカードの各項目で掲載している「ヘルプファイル一覧」を参考にしてください。


ファイル用のフォルダにヘルプファイルを放りこむ


 放りこんだら、その中のhtcファイルの拡張子を「htm」に書き換えます。htcファイルがいっぱいあるソフトの場合、それら全部、もしくはmainとかなっているファイルを書き換えます。これは自分で考えてね。


拡張子が「htc」のファイルのみ拡張子を「htm」に変更する


 拡張子を変更したファイルのショートカットを作ります。


拡張子を「htm」に変更したファイルのショートカットを作る


 ショートカットの名称は「とらなび」とか「MapFanIII」とか、それにふさわしい名前をつけてやってください。


名称はふさわしい名前に…


 作成したショートカットをサブフォルダからヘルプ用のフォルダに移します。なぜ分けてあるかと言いますとね、ヘルプを参照したい時に見やすくするためなんですよ。


作成したショートカットをヘルプ用のフォルダに移す


 これで出来上がりです。カスケードメニューやエクスプローラ上でショートカットを選択してください。ソフトの「?」ボタンからは参照できません。


カスケードメニューやエクスプローラから開く


 意地悪なhtc、htpファイルでなければ、これで参照できるようになります。画像も使ったヘルプですと、ポケットIEからはちゃんと表示されるのですが、ネットフロントでは表示できません。


ちゃんと画像も出ます(ポケットIEのみ)


 読者さんからのネタメールによるものです。私の場合、なんとしてもヘルプビューアから開こうとしてたものですからできなかったんですよ。いやぁ〜、石頭になってました。


戻る