デスクトップ

アイコンの変更


 マイクロソフトのマイクロソフトプラスという昔にあった商品をご存知でしょうか。ちょっとしたツール集だったのですが、この中にはデスクトップテーマというのがありました。これは壁紙やスクリーンセーバー、そして代替アイコンのお手軽設定ソフトがありました。ごみ箱のアイコンを「ふぐ」にした人もいるでしょう。
 さて、スクリーンセーバーはともかく、壁紙は自分で設定できます。しかし、アイコンはできませんね。ここでは手作業ながらもアイコンを変更する方法を紹介してみます。


「マイハンドヘルドPC」アイコンの変更

変更前


  1. まずはRegEditを起動させます。
  2. 下記の場所を開いてください。
    ClassesRoot
    {000214A0-0000-0000-C000-000000000046}
  3. 下記の所をダブルタップして、ダイアログボックスを表示させます。
    DefaultIcon : SZ : \Windows\shell32.exe,-1204
  4. 「〜l32.exe,−1204」の「1204」を適当に書き換えてOKを押します。
  5. リセットして再立ち上げすれば、アイコンは変わっていると思います。


「shell32.exe」アイコン番号一覧
アイコン番号 アイコン アイコン番号 アイコン
1201 1207
1202 1208
1203 1209
1204 1210
1205 1232
1206 その他いろいろ

 「DefaultIcon : SZ : \Windows\shell32.exe,-1204」を他のプログラムのパス、およびアイコン番号を入力してもかまいません。例えば「××.exe,0」だったら「××.exe,1」というようにです。

 どうでもいいことですが、「1208」のデスクトップアイコンはCE1.01のそれとはデザインが変更されていました。ちょっと発見。


これがCE1.01のデスクトップアイコン


変更後


「ごみ箱」アイコンの変更

 ごみ箱のアイコンももちろん変更できます。しかしですね、ごみ箱にファイルを投げ込むと元に戻っちゃうんですよ。ですから適用不可とみなして結構です、ちょっと残念。


自作のアイコンをはめ込む

 などと表題をつけてますが、実はできません。いろいろと試したのですがさっぱりです。方法はもちろんあります。でもね、自作アイコンをいっぱい搭載したCE用のライブラリ(××.dll)やプログラム(××.exe)を作成してあげる必要があるんです。とても一般向けではないですよね。どなたかアイコンライブラリ作成ソフトでも作っていただけませんでしょうか。私?作れたらここに載せてますって。C++は買っておきながら挫折しております。


 このアイコン変更はあまり実用的ではないし、「ふぐ」や「クモ」も使えないから面白くないと思います。しかし、CE1.01時代のようにすべてのアイコンを消して使っている人は少なくなったでしょうから遊べるかも。アイコンライブラリ作成ソフトでもあればとても楽しいでしょうから、どなたかお願いします。


戻る