とことんCFカード

壁紙


 壁紙に凝るというのはWindows環境に限らずみなさんが一度はすることです。で、いつのまにか\Windowsフォルダは壁紙だらけ…。カシオペアの場合は容量の関係から、みなさんも壁紙の枚数は減らしていると思いますが、CE2.0になった今、壁紙をため込むことができるようになりました。


起動タイミングの変化により可能に

 CE1.01の時はですね、リセットして再立ち上げするとCFカードの目覚めが遅くてCFカードに置いた壁紙を表示することはできなかったんですよ。しかし、CE2.0からはCFカードの立ち上がりも早くなって、CFカード内の壁紙を指定してあっても問題なくリセット後に表示できます。


CFカードから難なく表示


 これはI-OデータのPCCF-30MSというCFカードとA-55Vでできました。CPUの遅いA-51のアップグレード版も問題なくできました。あとはお使いのCFカードが対応できるか否かにかかります。もしも表示できなかったら、そのCFカードはお目覚めが遅いということでカンベンしてね。


具体的には

 使いたい壁紙をCFカードに放りこみます。いっぱい壁紙を使いたい場合は専用のフォルダをCFカード内に作成したほうがいいでしょう。

 放りこんだら、いつものように画面のプロパティで壁紙を指定するわけですが、[模様(I)]のコンボボックスから選択するのではなく[参照(B)...]ボタンで壁紙を選択します。


 カシオペアにカラー版が出たら、きっとみんな壁紙を貯めにため込むんだろうなぁ。現状ではモノクロ四階調の画像だから、キレイな壁紙作成にはノウハウが必要だもんね。


戻る