構成

削除していいファイル


 ニコニコ顔で買ってきたカシオペア。さぁ、自分色のカシオペアにするぞ、という時にRAM内のフォルダやファイルを整理したいでしょう。ここでは購入時、およびフルリセット時における削除していいファイルやフォルダ、そして削除してはいけないフォルダを説明してみたいと思います。


まずは一覧を

 とりあえず下記の一覧を見てください。太字がフォルダ、拡張子付きがファイルです。


My Handheld PC
My Documents サンプル ドキュメント CD.pxl パーソナルデータ.pxl ビデオLD.pxl プレイスポット.pxl ホテル.pxl
マネーシート1998.pxl マネーシート1999.pxl マネーシート2000.pxl レストラン.pxl 会議通知書.pwi
議事録.pwi 業務報告書.pwi 残業管理.pxl 時刻表.pxl 手紙.pwi
出張報告書.pwi 書籍.pxl 旅費精算.pxl 連絡書.pwi
テンプレート.lnk
概要.ppv
Paint-Atlas Index.itm
Program Files Pocket Outlook アドレス帳.lnk カレンダー.lnk タスク.lnk
アクセサリ Microsoft ボイスレコーダー.lnk ようこそ.lnk 世界時計.lnk 電卓.lnk
オフィス テンプレート My Documents.lnk マイレージ.pxt ローン返済計画表.pxt 会議メモ.pdt
経費明細書.pxt 手紙.pdt
Microsoft Pocket Excel.lnk
Microsoft Pocket PowerPoint.lnk
Microsoft Pocket Word
ゲーム ソリティア.lnk
通信 メールの添付
ActiveSync.lnk
PCリンク.lnk
ターミナル.lnk
リモートネットワーク.lnk
受信トレイ.lnk
Sound-Vega
Temp
Temporary Internet Files
Windows


 順に説明してみましょう。

\My Documentsフォルダ
 フォルダは削除してはいけません。しかし、この中のファイルやフォルダは削除、もしくはCFカードに移行してもかまいません。削除したいけどCFカードが無いとか、CFカードの余裕が乏しい場合の方法は後日報告します。
\Paint-Atlasフォルダ
 標準でついてる「Paint-Atlas」を使わない人はフォルダごと削除してしまってかまいません。削除しても「Paint-Atlas」を立ち上げると自動的に生成されます。
\Program Filesフォルダ
 基本的に削除しても構わないのですが、受信トレイでメールに添付できなくなるので[\Program Files\通信\メールの添付]は削除してはいけません。それ以外は大丈夫です。
\Sound-Vegaフォルダ
 これもフォルダごと削除しても構いませんが、「Sound-Vage」を立ち上げるとまた復活します。
\Tempフォルダ
 ここはいろいろと使われますので削除せずにほっといてください。
\Temporary Internet Filesフォルダ
 「Pocket Internet Explorer」用のフォルダです。インターネットブラウズ時のキャッシュデータがここに入りますのでこのままほっといてください。
\Windowsフォルダ
 削除しても構いません、というウソは通じませんね。購入時、およびフルリセット時には削除していいファイルはありません。フォルダも削除できません。


さて、結果は?

 ちまちまと削除していくと、購入時、およびフルリセット時にはRAMのデータ保存領域の使用量が418kbyteだったのが126kbyteになりました。WindowsCEとしては、300kbyte近い節約はとても大切です。


 以外に多い問い合わせ。買った時は右も左も分かりませんからね、せこせこと削除してみてくださいな。


戻る