タスクバー

隠したバーの出し方


 タスクバーを非表示にすると画面が広く使えます。ポケットExcelなどでは閲覧性がグンと上がりますね。しかし、スタイラスを主に使っている人はタスクバーを隠してしまうと出すのに苦労します。どうすればいいでしょうか。


一般的には

 スタイラスで操作する場合、一般的には下記のようにすると思います。

 どちらにしても今一つスマートではありません。


 あ、まさかとは思いますがタスクバーの隠し方が分からない人のために、[ALT]キーを押しながらタスクバーをタップして[自動的に隠す(U)]のチェックを入れると隠せるようになります。


[自動的に隠す(U)]のチェックを入れる


タップではなく、通過

 この隠れたタスクバー、別にタップとして認識させなくてもドラッグオーバー(ここでは通過)しただけでもタップされたとみなして開いてくれます。そこで下記のような方法にするとスマートに開けますよ。


 まずは液晶ディスプレイ最下部の外枠部分に当てます。これだけ端っこになりますとタスクバーよりも下になり、タッチパネルの感知部分よりも下になります。


ディスプレイ枠に当てて…


 外枠に当てたら、そのまま上方にはじくようにしてスタイラスを滑らせます。すると必然的にタスクバー上を通過することになって、タスクバーはあたかもスタイラスにはじかれたかのように飛び出てきますよ。

 なぜ下から上かといいますと、下部には外枠があるのでラフに操作しても位置が決まるということと、ソフトが開いている状態ではヘンなところをタップしたとみなして別操作となってしまう恐れがあるからです。


ピンとはじくように


 いや、私も最初のうちは目をこらしてタップしてたんですよ。結局、ポケットExcelなどの画面が広いほうがいい場合だけ隠すようにしてます。


戻る