構成

私の「勝手にサスペンド症候群」対処法


 私のカシオペアもひょんなところで「勝手にサスペンド症候群」にかかることがあります。バッテリーも十分にあるのにリセットかけてもダメ。こんなときは私の場合、こうしています。


人にはあまり薦められないんだけど

 この病気に罹患した場合、ウチのカシオペアはたとえAC電源の場合でも発症します。そんな場合、私のところではカシオペアにストレッチ体操をさせてあげることにしています。

 ピアノの伴奏にあわせてイッチニィとやるわけではないのですが、軽くカシオペアをたわませてみたり、ねじったりするんですよ。もちろん、ミシミシとカシオペアが音をたてるほどではありません。軽くですよ、軽ぅ〜く。


たわませてみたり


ねじってみたりする


※注意 この図は誇張しています。こんなに曲げたら確実に壊れます。


なぜかは知らないけど

 非常にアナログな対処法で、みなさんもいぶかしがるかもしれませんね。でもウチのカシオペアはこれで大丈夫なんだもん。ほぼ確実に全快します。A-51時代からの技なのですが、なにぶんにも怪しい手法なのでメールで質問が来た時にこっそりと教えていただけなんですよ。

 いちおうカシオペアも精密電子機器ですからね、ちょっとしたフレームのストレスでも回路のどこかがショートしたり、接触不良にでもなるんですかね。それよりも本体の強度をもっと上げて欲しいですわ。


 これはあくまでもウチのカシオペアの場合ですからね、みなさんのカシオペアでもこれで直るかどうかはわかりません。もしかするとさらに悪化するかも知れません。試す場合は各自の責任でお願いしますよ。


戻る