受信トレイ

メッセージの削除


 標準搭載のポケットメール。いわゆるポケットOutlookの一員の受信トレイのメッセージ管理は最初のうちはとまどいます。とくに削除。これで悩んだ人も多いと思います。


なぜ素直に削除できないの?

 これね、ポケットOutlookの考え方がいわゆるインターネットメールソフトとは違うからなんですよ。メールサーバー内のメッセージとポケットOutlookとの同期をとることが目的となっているんです。だからオフラインの状態でメッセージを削除しようとするとメールサーバーとの同期がとれなくなるぞ、と怒られるんですね。次回、メールサーバーに接続したときに[削除済みアイテム]に入れられたメッセージがメールサーバーに残されたこのメッセージとともに削除されるカラクリです。親玉パソコンとのスケジュールや連絡先、ファイルの同期と同じ要領なんですね。そして単純なメッセージ取り込み最終日時だけを管理していればよい普通のメールソフトと比べてメール送受信が遅いのもここらへんの処理がまどろこしいからじゃないんでしょうか。


こんなふうに怒られる


じゃあ、どうやって削除するの?

 とりあえず読み終えたメッセージを削除したい、次回の接続まで[削除済みアイテム]に入れられたままというのは困るという場合にはどうすればよいでしょうか。メッセージのコピーもからめて説明してみましょう。


●受信トレイから削除

 メッセージを読んだその場で消したい場合

  1. [サービス(S):すべてクリア(A)]で削除する。
  2. 「[受信トレイ]フォルダ内のメッセージのうち、このサービスにリンクされているものはすべて削除されます。続行しますか?」のメッセージが出たら[はい(Y)]を押す。


迷わず「はい」を


「すべてクリア」です


●メッセージをコピーしておく

 返信用に、または大切なメッセージをコピーしておきたい場合

  1. [ファイル(F):フォルダ(L):新規フォルダ(N)...]にてコピー保存用のフォルダを作成しておく。
  2. [受信トレイ]からコピーしておきたいメッセージをドラッグ&ドロップで作成したフォルダに移す。


●コピーしたメッセージの削除

 返信用に、または大切だと判断してコピーしておいたメッセージを削除したい場合

  1. [ファイル(F):削除(D)]で削除し、[ファイル(F):[削除済みアイテム]を空にする(E)]で削除。


●受信トレイから削除してしまった場合

 メッセージを読んだその場で消したかったのに普通に削除してしまった場合

  1. [削除済みアイテム]からメッセージを[受信トレイ]に移す。
  2. [サービス(S):すべてクリア(A)]で削除する。
  3. 「[受信トレイ]フォルダ内のメッセージのうち、このサービスにリンクされているものはすべて削除されます。続行しますか?」のメッセージが出たら[はい(Y)]を押す。


 普段は他のメールソフトを使っている人も理解しておいたほうがいいですよ。出先でフルリセットになってしまった場合はこのソフトにお世話になるかも知れないんですから。


 こういうのはさっさと載せろよなぁ、と言われそうですね。いやぁ〜、忘れてました。私もさっさと他のメールソフトに移ってたんで、気にしてなかったんですよ。


戻る