地震に強い重量鉄骨造
基礎の違いが安全、安心、快適な住まいをつくる



基礎の構造模型
 
建設中の3階建住宅

 
地震にすごく強い重量鉄骨造ラーメン工法による住宅。 
それが健康、安全、安心、快適な住宅の基本です!!

国内でも、世界でも大地震が多発しています。構造体が何であれ、工法が何であれ、そして見栄えがどうであれ、地震に弱い住宅は論外です。耐震金物をむやみに取り付けただけの地震対策では許されません。問題は「基礎」なのです。その面への革新的な改良はほとんどの住宅会社では無視されています。なぜならばコストがかかるからです。コストのために人命は二の次なのです。

私たちは基礎を最も重視しており、その結果、独立基礎と地中梁を連結した基礎が地震に最も強い基礎であると結論づけました。当社の基礎と、他社の布基礎を比較していただき、あなたならどちらの基礎を選びますか、と問いかけております。当社の総工事費に占める基礎工事の比率は15%です。一方、布基礎方式ですと5%です。


 
当社の重量鉄骨3階建住宅の基礎
(地盤面から平均1.5m掘り、
 独立基礎と地中梁を連結)
   木造軸組工法、2×4工法、
 木質パネル工法、軽量鉄骨工業化住宅、
 ボックス工法、輸入住宅などの
 3階建住宅の基礎
 地盤面から平均45cm掘り、布基礎で連結)
 


住まいへの熱情(おもい)    真の健康住宅とは    地震に強い重量鉄骨造
住宅価格の革命  五層住宅のモデル住宅   エッ!! こんな家の造り方があるの?
信条は「無(ナシ)の経営」 健康住宅問題研究会 
ユニバーサルデザイン普及会 
 施工及び竣工写真
 リビングモア通信 コラム・ゴマメの歯ぎしり  代表者のプロフィール
 資料請求フォーム  
ホームへ戻る