5. Penaeus canaliculatus (Olivier)


マレーシア、クアラルンプール、Pudu Market にて

●和名:(ミナミクルマエビ)

●商品名: Tiger Shrimp

●現地名
 台湾:
擬班節蝦
 インド:Karachemmen、

●分布:台湾、南アフリカ、スワジランド、ソマリア、モーリシャス、パキスタン、インド・マドラス、インドネシア、フィリピン、フィジー、トンガ


 インド洋沿岸、フィリピン、フィージー、トンガ等に分布する。ブラウン系のエビで縞模様をもつ。漁獲量は少ないようだ。(酒向昇「えび 知識とノウハウ」)

 体長12Cmほどの小型種で、重要度は低い。その体色から、従来クルマエビと混同されていた。(武田正倫「世界のエビ類」)

 最大体長140mm、普通 100-130mm。
 額角上縁に10-11歯、下縁に1歯がある。体色がクルマエビ(P. japonicus)によく似ているが、尾節の可動側刺がないことで区別できる。(遊祥平他著「原色台湾対蝦図鑑」)

 静岡県浜名湖では、クルマエビ(P. japonicus)に混じって年間数尾漁獲されるそうだ。

  
浜名湖産(冷凍保存されていたもの)
クルマエビ類28種の一覧表にもどる
ホームページへもどる