18. Penaeus occidentalis Street

●和名:なし

●商品名:Western White Shrimp、Blue Shrimp、Camaron Blanco del Pacifico

●現地名:
 グアテマラ:
White Shrimp、Camaron Blanco
 エルサルバドル:
White Shrimp、Camaron Blanco、Camaron Cafe
 ニカラグア:
White Shrimp、Camaron Blanco、White No.1
 コスタリカ:
Blancos、Grandes
 コロンビア:Camaron Blanco、Camaron Langostino
 エクアドル:Camaron Blanco、Camaron Langostino
 ペルー:Camaron Blancos

●分布:グアテマラ、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、エクアドル、ペルー


 東太平洋の固有種で、グアテマラからペルーに分布するが、ニカラグア以南に多い。ホワイト系のエビで、水深20m位の浅海や汽水域の泥底に棲み、体長20Cm位に成長する。(大森信「蝦と蟹」、酒向昇「えび 知識とノウハウ」)

 メキシコからペルーにかけて分布し、とくにパナマ、コロンビア、エクアドルでは重要種である。(武田正倫「世界のエビ類」)

 コスタリカの太平洋側にあるニコヤ湾では、P. stylirostrisとともに、湾の奥と湾の外よりではその東側の水深50m以浅の砂泥底にみられる。全生活史をニコヤ湾の中でまっとうすることができ、産卵も湾内で観察されている。(「The Shrimp Fishery of the Gulf of Nicoya」より)


関連サイト

●「The Una-Luw Program in Aquatic Sciences」の中の「The Shrimp Fishery of the Gulf of Nicoya」:資源学的研究レポート。エビと漁船の写真もみられる。

 
クルマエビ類28種の一覧表にもどる
ホームページへもどる