バラマンディ・フィッシング]]V
出た!! 大型クイーンフィッシュ

クイーンフィシュ 95cm 7KB
クイーンフィシュ 95cm

擬似餌の玉手箱>豪州バラマンディ・フィッシング>'16/8遠征



'16/8/7(日)
〜 スマートゲートは賢いのか?


ケアンズ空港 12KB ボーイング787ドリームライナーの前座席背部に付いているモニターで無料の釣り番組を見たりしていたら、いつの間にか眠ってしまった。隣に座る嫁さんのモニターは利用開始早々にハングして使うことが出来ず、読書用ライトすら付かなかった。機体は最新式で信頼性も高いと聞くが、装備品はイマイチな感があった。この機体は、乗客が過ごしやすいように機内空気がしっかりと調整されているらしいが、妙に喉が渇いて目が覚めた。しかも口の中が異様にベタつく。「何でだろう?」と考えたら、思いつくものがあった。

 それは、免税店で買ったリンゴジュース。いつもはペットボトルのお茶を購入して機内に持ち込むのだが、今回はちょっと考えを変えてみたら失敗。リンゴ果汁20%、砂糖類がたっぷり入っているソフトドリンクだった。洗面所へ行き口の中をゆすぎ、無料配布されたミネラルウォーターで喉を湿らせる。

 着陸30分前にはシートベルト着用のアナウンスが入り、動けなくなってしまうのでこれ以前に身支度を整え、直ぐに席を立てるように準備をしておく。当便は6分程遅れてケアンズ国際空港に到着。シートベルトサインが消えて直ぐに通路に立ち、出口に向って歩みを進める。今回も入国は2014年〜2015年から導入されたスマートゲート(ePassport self service)を利用。端末機にパスポートを突っ込む自動審査を受け、顔写真撮影後に無事入国した。

 スマートゲートは、パスポートを挿入することで日本語表示になる。画面の指示に従えば、問題なく通過できるのだが嫁さんが引っ掛かった。どうやら成田空港のジェットスターのカウンターで引っ掛かった時と同じく、パスポートの氏名情報でエラーになった様子。結局、入国審査係員のいるゲートに行き、入国手続きをする事になった。スマートゲートは本当にスマート(賢い)なのだろうか?検疫検査・税関はスルーパスだったが、嫁さんはちょっと疲れてしまったようで、ロビーの床にペタッと座り込んだ。

〜 ケアンズの冬は寒いのだ


白鯨ミガルー 7KB 8月上旬、日本は真夏だが、赤道を挟んで反対側のオーストラリアは真冬にあたる。ケアンズの朝5時半は、まだ暗く、雨も降っているためか空気が冷たく肌寒い。屋外は寒いので施設内の出入り口付近で外を見ていると、テリーが運転するガンメタリック色の装甲車のようなイスズが滑り込んできた。再会を祝して挨拶を交わし車に乗り込み、ひとっ走りしてテリーの新居へ移動した。

 新たな土地で家を建てる工事を始めて既に2年が経つが、未だ完成していない様子。ホームビルダーに任せればもっと早く完成するハズだが、彼は「自分でやれるところば自分でやりたい」という考えの持ち主。楽しみながら、失敗しながら、コツコツ自分の家を築き上げているようだ。

 久しぶりに会うライアン君と雑談をしながら、朝食にと準備してくれたシリアルを食べる。ライアン君については、三輪車に乗るような小さな頃から知っているが、今はもう28歳。体は急激に大きくなり相撲レスラーのような体つきなってしまった。運動をせずハイカロリーな食事を摂っているため、Tシャツの下は筋肉ではなく、ほとんどが脂肪のようだ。仕事に出掛けるライアン君と別れ、私達は一服する間も惜しんで、釣りの準備に取り掛かる。

〜 冷たい雨の中のキャスト


 午前7時半、デントリーリバーに向けて出発。車中のラジオからは、ケアンズのニュースが流れる。今、巷で話題になっているのが、白いクジラ"ミガルーMigaloo"が海岸にやって来たことらしい。ザトウクジラのアルビノで、全身が真っ白。まさしく、白鯨。毎年、冬になると南極付近から移動し、暖かいクイーンズランドの沿岸域に出没するとのこと。ホエールウォッチングのツアーで見ることが出来ればとてもラッキーに違いない。(画像出典:ブログで海外生活(ラストリゾート))

 すれ違う車が以前とは違い、見慣れない車が増えていることに気が付いた。お金がある人達はトヨタに乗り、続いてニッサンマツダという感じだと思っていたのだが、最近は、私が「見慣れない車」と称していた韓国車キアがメジャーに。オーストラリアでは、7年保障が付いたキアが大いに注目され、昨年はヒュンダイがカーオブザイヤーに輝いたとのこと。

 インフルエンザが大流行して大変だったモスマンの街を通過。白い煙を吹き上げて操業しているサイウキビ工場を横目に見ながらデントリーに走りこんだ。午前9時半、ボートに乗り込んで上流に向う。今回のタックルは往年の赤い竿バンタムスコーピオンBSR1603Fコンクエスト250DCをセット。テリーから借りたスピニングロッド プロキャスターV IM7に持参したステラ3000。嫁さん用にはユナイテッドロッドVR66M(ファストアンション、ミディアム)にツインパワーC3000を組み使ってもらう。

 ボートが走り出すと、グット寒くなる。嫁さんは、カッパの下にユニクロのコンパクト・ダウンジャケットを着込むほど。今回は、「念のために・・・」とスーツケースに突っ込んできたダウンジャケットがとても重宝した。見覚えのあるクリークに入り、シャッドラップSR8を使って岸際を叩いてゆく。時折、ワニが水面から顔を出したり、ボートの周りをサメがウロウロしている。水温が低下していることと、プレデター達がいるからなのか、私達のルアーには全く反応がない。クリークの中は全くダメだったので、Uターンして下流へ向いながらロングA(15A)使ってバラマンディを探す。冷たい雨の中、懸命にキャストを重ねたが、ワンチャンスもない。


次のページへ
前のページへ
バラマンディ攻略ルアー・インプレッション
オーストラリア遠征目次へ


トップページに戻る。
私へのメッセージは こちら へどうぞ。 

  
Copyright (C) tamatebako