鈴木祥子のpinkmoon studio(6月放送分)


第10回放送('98.6.6放送) アートディレクターについて語る(概要)
第11回放送('98.6.13放送) アートディレクター平野文子氏を迎えて(概要)
第12回放送('98.6.20放送)準備中(アートディレクター平野文子氏を迎えて(概要))
第13回放送('98.6.27放送)準備中
鈴木祥子のpinkmoon studionoの表紙ページに戻る

鈴木祥子さんのアルバムのページ


第11回放送概要('98.6.13放送)


アートディレクター平野文子さんを迎えて

平野文子さんは「hourglass」からのアートディレクターです。

一曲目は鈴木祥子で、『メロディー』。

♪♪♪♪♪

平野さんが最近やった仕事は、チャラさん、ジュディマリあたり。
'90,91〜は石川賢治さんが最初にやっていて、その流れから平野さんに。
平野さんの第一印象は影のある人。

二曲目はベンハーパーで『ウェル トゥ ラブ』。(なごみ系ロック?)

♪♪♪♪♪

本日はスタジオを飛び出して、平野さんのアトリエ「スルー」よりお送りしております。
3年くらい前に引っ越した。近くに代々木公園がある。
フリーになって非常によかった。
この仕事はある程度、独断が必要。
やり逃げの感覚が一番
作品は人との関わりから生まれてくるもので、出来上がったジャケットはアーティストのものだ。

三曲目は鈴木祥子で、『あぶない橋』

♪♪♪♪♪

来週も引き続き平野文子さんを迎えてお送りします。




第10回放送概要('98.6.6放送)


来月はライブをひかえています。
人のライブにはスポット参加していました。
2月には高野寛君のライブに参加しました。
自分一人のライブは久し振りなのでワクワクしています。
是非見にきて下さい。

今月のテーマはアートディレクターです。

一曲目は鈴木祥子で、『プリヴェ』。

♪♪♪♪♪

アートディレクターとはアルバムカバー、ファッションフォト、映画等の撮影現場においてヴィジュアル面での重要な監督です。
平野文子さんは5枚目以降のアルバムでアートディレクターをお願いしている。
同世代なので同じ空気を感じることが出来て良い。

二曲目はエポで『矛盾の中で生きている』。

♪♪♪♪♪

清水市の匿名希望さんよりロバートキャパに関するお便り。
戦争の写真だけでなく、子供の写真等もあり。

三曲目は鈴木祥子で、『ただの恋だから』。

♪♪♪♪♪

来週は平野文子さんを迎えてお送りします。





第10回放送('98.6.6放送) アートディレクターについて語る(概要)
第11回放送('98.6.13放送) アートディレクター平野文子さんを迎えて(概要)
第12回放送('98.6.20放送) 準備中(アートディレクター平野文子氏を迎えて(概要))
第13回放送('98.6.27放送) 準備中
鈴木祥子のpinkmoon studionoの表紙ページに戻る

鈴木祥子さんのアルバムのページ