総合目録に関するささやかな提案
1998年9月3日更新
長島雄一郎

「公共図書館等の蔵書検索」のページをご覧くださった方から総合目録についての考え方やアドバイスを求めるご連絡をいただくようになりました。ここに、自分の意見をまとめてみました。
私は一図書館員であり、図書館界全体を見渡して意見を述べるには情報も研究も不足しています。私のページがどのような考えによって作られたかという動機を知るためとご理解ください。

「公共図書館等の蔵書検索」のページは、単にWWW上にこれだけの図書館がOPACを公開しているということで集めたわけではありません。現在のところWWW上にOPACを公開している図書館はわずかですが、将来は多くの図書館が公開するようになるでしょう。
そして、それを統括して検索できるホームページができれば、それ自体が立派な総合目録としての役割を果たすものと思います。
WWW上にOPACを公開している図書館を統括するようなページを実験的に作ろうしているのが「書名による蔵書検索」です。

公共図書館では、多くの図書館が蔵書管理にコンピュータを使用しています。最近のシステムならWWW上にOPACを公開するのは(費用・維持費を考えなければ)簡単なことです。 こうして公開されたOPACを例えば県立図書館が県内のOPACを統括するページを作り、書名や著者名を一度入力するだけで複数の図書館のOPACから検索するようなシステムを作れば総合目録が出来上がります。
実はこのような複数のOPACから検索できるページがすでにあります。九州大学の「OPAC横断検索」では全国の大学図書館のOPACから任意の5つの図書館を同時に検索できるようになっています。 さらに大阪教育大学の「NACSIS・教育系・近畿圏大学横断OPAC」では、国立の教育系大学と近畿圏の国公立大学の複数のOPACを同時に検索できるようになっています。
「NACSIS・教育系・近畿圏大学横断OPAC」の優れた点は、教育学関係の専門書が集中しているであろう教育系大学を集めた点、さらに、ちょっと足を伸ばせばすぐに行けるであろう地域の大学を集めた点にあります。 これは「教育系大学図書館総合目録」であり、「近畿圏国公立大学図書館総合目録」といえます。
大学図書館では学術情報センターが総合目録の役割を担っています。学術情報センターを集中型とするなら「OPAC横断検索」や「NACSIS・教育系・近畿圏大学横断OPAC」は分散型です。
分散型の利点は
1.リアルタイムで蔵書情報が提供できる
2.通常の業務以外の余分な手間がかからない
という点です。集中型では、各図書館が何らかの方法でデータを送らなくてはならないので手間がかかります。一方、県立図書館では送られてきたデータの入力・管理といった作業が必要ですし、データ管理のための大容量のディスクも必要でしょう。
インターネット自体が分散型システムといえますから、データはそれぞれの図書館が管理し、県立では統括するページを作りメンテナンスだけ行うといった方式のほうが現代的な方法です。
また、一般のインターネット利用者が必要に応じて図書館の組み合わせをつくり、独自に検索機能をそなえたページを作ることも可能ですから、意外な利用法が生まれる可能性があります。
総合目録を利用する立場で考えると、隣接市町村・そのまわりの市町村・県下全体・隣接県・全国の順に、近い地域の図書館から遠い地域の図書館へと検索範囲を徐々に広げていくようにできればより便利です。

以上は理想論であります。公共図書館がOPACをインターネットに公開するにはそれ以前のきびしい問題が山積しています。
まず公共図書館にインターネットが普及していないことがあげられます。インターネットの利便性は実際に使ってみないと、言葉で説明しても理解してもらえません。残念ながら図書館職員の多くはインターネットの利便性を理解できていません。ですから、このページに載せてある内容を説明しても理解してもらうのは難しいでしょう。
次に「何のためにOPACをインターネットに公開するのか?」「住民のどれだけがインターネットで図書館にアクセスし、本を検索するのか」と問われれば答えに窮してしまいます。 機器の維持費や専用回線の費用もけっこうな金額です。その分を資料購入費にまわした方が住民のためになると言われれば否定できません。
人類の知の集積であり歴史の記録である図書は、国民・人類の共通財産です。県全体・国全体の公共図書館協力システムは、その財産を活かすための社会資本です。小規模の市町村立図書館といえども社会資本充実のためには応分の負担が必要ということを理解しなければなりません。
都道府県がこのようなシステムを構築することを推進していくなら、各図書館への補助金をつけることをしないと導入は進まないと思います。


以上、私の個人的見解をまとめてみましたが言い足りないことがたくさんあります。徐々に書き加えていくつもりです。
このページの利用・転載は自由ですが、最新のものを確認してくださるようお願いいたします。


ご意見ご感想お待ちしています。yuichiro@inh.co.jp
公共図書館等の蔵書検索に戻る