セキュアワークス/マイケル・R・コートがセキュアワークスのCEOを退任、取締役会は次期社長兼CEOにウェンディ・K・トーマスを任命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※本リリースは2021 年 6 月 3 日、Secureworks Inc.で発表された「Michael R. Cote to Retire as Secureworks CEO; Board Appoints Wendy K. Thomas as Next President & CEO( https://www.secureworks.com/about/press/michael-r-cote-to-retire-as-secureworks-ceo-board-appoints-wendy-k-thomas-as-next-president-and-ceo )」の抄訳となります。

2021 年 6 月 3日 米国アトランタ発 – サイバーセキュリティのグローバルリーダーであるSecureworks®( NASDAQ: SCWX ) は本日、CEO の マイケル・ R・コートが 2021 年 9 月 3 日付で CEO およびセキュアワークスの取締役会のメンバーを退任することを発表しました。セキュアワークスの取締役会は、2021 年 9 月 3 日付で、次期社長兼最高経営責任者 ( CEO ) として、セキュアワークスの現カスタマーサクセス担当プレジデントであるウェンディ・K・トーマスを満場一致で任命しました。

Secureworks CEO 、Michael R Cote(マイケル・R・コート)のコメント

 

「ウェンディはセキュアワークスにおいて尊敬されるリーダーであり、ここ数年では新規 XDR プラットフォームや各種サービスを投入するなど大きな実績を挙げ、当社の変革の原動力となってきました。当社の事業に関する深い知識を持つ彼女は、長年にわたり私にとっての貴重な戦略的パートナーとして活躍し、会社の目的遂行のみならず、お客様、パートナー様 そして従業員に対して絶え間ないコミットメントして、輝かしい業績と革新的なソリューションを提供してきました。ウェンディが私の後を継いでくれることを誇りに思っておりますし、セキュアワークスの将来を導き、素晴らしい CEO になると確信しています。」

 

マイケルは、セキュアワークス ですばらしいキャリアを積んできました。2002 年に会長 兼 CEO として入社し、世界 60 カ国以上に拠点を持ち、4,000 社以上の顧客を抱えるセキュリティ業界のリーダーとしての評価を得ました。

「過去20年間、当社を率いることができて光栄でした。当社のお客様、パートナー様とさらにその先のお客様のために、より安全で安心な世界を実現するために成し遂げたことを誇りに思います。私は永続的な関係を築くことができ、業界で最高の人材と一緒に働けたことを幸運に思っています。今後もこれらセキュアワークスの関係各位の更なる成功を祈願いたします。」

2011年、マイケルは Dell Technologies による Secureworks の買収を主導し、セキュアワークスとの継続的な関係を築くとともに、2016年のセキュアワークスのIPO以来、セキュアワークスの取締役会の会長を務めるマイケル・デル氏との関係も築いてきました。

Dell Technologies Inc. 会長 兼CEO マイケル・デル氏のコメント

「マイケルとは 10 年以上にわたって一緒に仕事をする機会に恵まれ、彼のリーダーシップとセキュアワークスの目的や顧客に対する献身を目の当たりにしてきました。取締役会を代表して、マイケルの貢献に感謝するとともに、ウェンディが セキュアワークス の次期社長兼 CEO に就任したことを祝福いたします。ウェンディは長年にわたって取締役会と密接に協力しており、セキュアワークスを明るい未来に導く人物であると確信しています。」

ウェンディは2008年にセキュアワークスの財務チームに参加した後、戦略、オペレーション、製品、カスタマーサクセスの各分野でリーダーシップを発揮しました。

Secureworks カスタマーサクセス担当プレジデント、ウェンディ・K・トーマスのコメント

「私は セキュアワークスの全員を代表して、マイケルのリーダーシップと会社へのたゆまぬ献身に感謝しています。また、サイバーセキュリティの変革に向けて、断固とした行動をとることに注力している優れたチームと一緒に働けることを誇りに思っています。
当社の最終的な変革は、サービスプロバイダーからソフトウェア主導型企業への移行の先にあると思っています。それは、お客様の立場に立って、セキュリティという大きな市場に積極的に取り組むことです。当社のお客様は、リスクを低減し、絶えず進化する脅威から組織を効果的に保護するためのソリューションを求めています。当社は、セキュリティに関する深い専門知識、ソフトウェア駆動型のセキュリティに特化した独自の取り組み、そしてセキュリティに関する最も困難な課題を解決する顧客中心のソリューションによって、お客様を支援し、将来の成長を引き出すことができる独特な立場にあると確信しています。」

ウェンディ・K・トーマスについて

ウェンディは、25 年以上にわたり、戦略的および機能的なリーダーシップを発揮してきました。また FirstData 社、 Bell South 社、Internap Network Services 社など、さまざまな業界の企業で活躍してきました。
Secureworksでのキャリアにおいて、ウェンディはマイケルと協力して、Verisign のマネージド・セキュリティ・サービス ( MSS ) 事業とDNS の買収、Dell Technologies による買収と IPO など、いくつかのマイルストーンを達成しました。2017 年には、セキュアワークス の経験と脅威インテリジェンスを活用して、統合されたクラウド・ネイティブなセキュリティ分析プラットフォームで顧客のセキュリティ運用の変革を支援するという、セキュアワークスならではの機会を見出しました。トーマス氏は最高製品責任者として、チームを率いてSecureworks Taegis™ XDR を開発し、2019年4月に セキュアワークス 初のセキュリティ分析製品 「 Secureworks Taegis™ XDR 」 を発売しました。彼女は、グローバルなセキュリティコミュニティに力を与え、当社のセキュリティ専門知識に基づいたソフトウェア主導のアプローチで大規模に攻撃者を打ち負かすというセキュアワークスの戦略を主導してきました。
ウェンディは、カスタマーサクセス担当プレジデントとして、製品・エンジニアリング、オペレーション、カスタマーエクスペリエンス、そして
セキュアワークス の脅威インテリジェンスに特化した Counter Threat Unit™ ( カウンター・スレット・ユニット ) を含むカスタマーサクセス組織を率いました。最近では、The Software Report の 「 Top 25 Women Leaders in Cybersecurity of 2021 」 で第 1 位に選ばれています。セキュアワークス以外での活動のほか、国際的な青少年交流組織である AFS Intercultural Programs のリエゾンを務めています。

マイケル・K・コートについて

マイケルは、セキュアワークス入社以前、価格設定と収益管理を行うソフトウェア企業の Talus Solutions 社と、Web アプリケーション開発とシステム統合を行う MSI Solutions 社の両方で、経営者としての役割を果たしていました。2002年2月、マイクは会長兼社長兼 CEO としてセキュアワークスに参画し、増大するサイバー犯罪の脅威から組織を保護するというビジョンの実行を可能にする、戦略的で持続可能なビジネスモデルを開発しました。当時、セキュアワークスの年間収益は 100 万ドルにも達していませんでした。彼のリーダーシップにより、セキュアワークスは 60 カ国以上で事業を展開し、5 億 5,000 万ドルを超える規模にまで成長し、世界有数のセキュリティ企業としての評価を確立しました。
在職中は、急速に進化する市場に対応するため、必要に応じてセキュアワークスを適応・成長させました。最も特筆すべきは、2011年にデル・テクノロジーズへの買収を指揮し、その 5 年後の 2016 年 4 月にセキュアワークスの IPO を発表したことです。デルとの関係により、セキュアワークスはデルのグローバルな規模と顧客関係を通じて事業を急速に拡大する機会を得て、両社の間に継続的な関係を確立し、Secureworks Taegis™ の提供製品をデルのテクノロジー製品ポートフォリオと統合するために緊密に協力しました。
セキュアワークスでの活動のほか、Children’s Healthcare of Atlanta 理事、Boston College 理事、Marist School 評議員、Extrahop 理事を務めています。

セキュアワークスについて

Secureworks® (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティにおける世界的な先進企業です。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た深く広い知見を提供しております。このように、長年にわたるサイバー攻撃の最前線で蓄積した実戦経験に基づく知見を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

セキュアワークスロゴは、米国 SecureWorks Corp の商標または登録商標です。
その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
記載内容は、2021 年 6 月 3 日時点のものです。

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*