通信・インターネット

オープンアソシエイツ/RPAホールディングスグループ、「RoboRoboリファレンスチェック」販売開始に関するお知らせ

リファレンスチェックをすべての企業に。RoboRoboリファレンスチェック活用で最大98%の業務効率を可能に

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のリーディングカンパニーであるRPAホールディングスグループのオープンアソシエイツ株式会社(東京都港区 代表取締役執行役員社長 高橋知道、以下「当社」)がすべての採用候補者にリファレンスチェックを実現する「RoboRoboリファレンスチェック」を開発し、提供することになりましたのでお知らせいたします。
  • 背景と目的

誰でも簡単にSNSを通じて、世界中に情報を発信できるようになったことで、ごく一部の従業員やスタッフによるSNSでの「炎上」や「風評被害」などに起因する企業への損失やリスクは甚大なものとなっています。

こうした企業リスクを取り巻く環境の変化もあり、従業員やスタッフを採用する会社において、候補者について、職務経歴書の内容に虚偽が無いか、経歴の詐称が無いかなどの確認を目的とした「リファレンスチェック」の取り組みがあります。

アメリカではリファレンスチェックの取り組みは一般的となっており、アメリカの全米バックグラウンドスクリーニング協会(NAPBS)が公開している「How Human Resources View and use Background Screening in Employment」によると、中途採用におけるリファレンスチェックの実施有無について、パートタイム社員の採用では67%、フルタイム社員の採用では86%が「実施している」との回答結果がでています。

※「How Human Resources View and use Background Screening in Employment」(https://pubs.thepbsa.org/pub.cfm?id=2E440D2A-E020-605B-1A29-F3FFBDDEEA21)にて公開されている情報を元に作成

国内でも、リファレンスチェックの認知やその必要性に関する認識も高まってきています。一方で、リファレンスチェックの実施については、従来のサービスでは以下のような課題があり、すべての候補者に対して実施できていないといった声も多く聞かれます。

【従来のリファレンスチェックサービスの課題】
・すべての採用候補者にリファレンスチェックをかけたいが、WebやSNSを確認する作業は手間がかかりすぎる。
・第三者を通じたリファレンスチェックでは、予定調和的な回答が多く、定性的な情報しか得られない。
・既存サービスは高額すぎて、特定職位での活用に限定せざるを得ない。

こうした背景を踏まえ、すべての採用候補者へのリファレンスチェックをかけることを実現し、また、可能な限り定量的な情報だけを抽出できるよう、「RoboRoboリファレンスチェック」の開発に至りました。

本サービスは、毎月多くのアルバイトスタッフやパートタイムスタッフを採用している企業においてすでに利用された実績があり、利用前と比較し、最大で98%の業務量削減に繋がったという効果も出ています(※当社調べ)。

■ 「RoboRoboリファレンスチェック」サービスサイト
https://roborobo.co.jp/lp/referencecheck/
 

  • お問い合わせ

RaaS(Robot as a Service)事業部/ロボットBPO事業部 カスタマーサクセス担当:岡本
Mail:info@roborobo.co.jp

<企業概要>
■ RPAホールディングス株式会社(https://rpa-holdings.com/
所在地                  :東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
代表者                  :代表取締役 高橋 知道
設立                     :2000年4月
事業内容               :RPA/AIを活用した新規事業創造を目的とした純粋持株会社
資本金                  :5,888百万円(2021年2月末現在)

■ オープンアソシエイツ株式会社 (http://www.open-associates.com/
所在地                  :東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
代表者                  :代表取締役執行役員社長 高橋 知道
設立                     :2016年1月
事業内容               :RPAを活用したサービスの提供

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

No.1/オリエンタルラジオ 藤森慎吾さんが「株式会社No.1」のイメージキャラクターに就任

オフィス・経営環境をトータルでサポートする株式会社No.1は、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんを企業イメージキャラクターに就任いただきました。
今後テレビCM、またWeb広告等の広報・PR活動にご協力いただきます。
日本の企業を取り巻く、オフィス環境・業務効率・経営環境をトータルでサポートする、株式会社No.1(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:辰巳 崇之、東証JASDAQ:3562、以下当社)は、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが当社のイメージキャラクターに就任した事を発表いたします。
本日、2021年7月19日より当社のホームページや広告等で、藤森慎吾さんが順次登場いたします。

詳細は、 https://www.no1biz.jp/special/ をご覧ください。

藤森慎吾さん起用の理由
藤森さんと言えば、近年では「男気がある」「かっこいい」などといったそれまでとは違った一面を見せており、また昨年末には、長年所属されていた事務所から独立し、フリーでの活動を開始されるという大きなチャレンジを行いました。その活躍やご経験は、当社が目指す経営ビジョン「日本の会社を元気にする一番の力へ。」と共鳴するところを感じ、当社のイメージキャラクターになっていただきたいと考えオファーに至りました。

■藤森慎吾さん コメント
藤森慎吾です。この度は株式会社No.1さんのイメージキャラクターに起用していただき大変光栄です。日本の会社を元気にする一番の力へ。という素敵な言葉をモットーとされるNo.1さんとご一緒できることを嬉しく思います。
私自身も昨年末に独立し、はじめて中小企業の経営者さんの大変さを身にしみて感じるようになり、この様な大変な世の中において、No.1さんのサービスはとても頼もしく感じています。私自身もNo.1を目指して精進して参りたいと思いますので、宜しくお願いいたします!

今後の活動予定
当社商品・サービスのタクシーCMやテレビCM、またWeb広告等によるPR活動にご協力いただく予定となります。主に情報セキュリティ関連商品、テレワーク関連商品、保守・メンテナンスサービスにて、イメージキャラクターを務めていただきます。

■藤森慎吾さん プロフィール

1983年生まれ、長野県出身。2003年、明治大学在学中に中田敦彦さんとオリエンタルラジオを結成。2004 年、リズムネタ「武勇伝」でブレイク。 2011 年、「チャラ男」キャラで再ブレイク。2014 年、音楽ユニット「RADIO FISH」を結成し、 2016 年には楽曲「 PERFECT HUMAN 」が大ヒット、 NHK 紅白歌合戦にも出場を果たした。
現在はバラエティ、ドラマ、ミュージカル、YouTubeなどマルチに活躍するほか、オンラインサロン「FILLLLAGE」も開設。

【会社概要】
会社名:株式会社No.1
本社所在地:東京都千代田区内幸町一丁目5番2号 内幸町平和ビル19階
代表:代表取締役社長 辰巳 崇之
URL:https://www.number-1.co.jp/
設立:1989年9月27日
事業内容:情報セキュリティ機器の企画開発・製造・販売及び保守事業
情報通信機器・OA関連商品の販売及び保守事業

当社は「日本の会社を元気にする一番の力へ。」を経営理念に掲げ、顧客である会社の抱えている課題に応える商品・サービスの拡充を図ることで、収益拡大を目指してまいります。

本記事に関するご質問やお問合せにつきましては、下記窓口へご連絡をお願いいたします。

〒100-0011
東京都千代田区内幸町一丁目5番2号 内幸町平和ビル19階
株式会社No.1 経営企画部
電話番号:03-6735-9979(直通)
E-MAIL:info-ir@number-1.co.jp
URL:https://www.number-1.co.jp/
受付時間:月曜~金曜(土日・祝祭日・当社指定休日を除く)  9:00~18:00

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

aiforce solutions/銀行員がAIツールを活用してニーズ分析、タイムリー提案

東北6県最大手の金融機関「七十七銀行」が行なう「AIモデル構築の内製化に向けた実証実験」が、ビジネスAIツール「AMATERAS RAY」を活用して開始

 株式会社aiforce solutions(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 西川智章、以下「aiforce」)は、東北6県最大手の金融機関である株式会社七十七銀行(本社:宮城県仙台市、取締役頭取:小林英文、以下「七十七銀行」)が行なう”AIを活用したデータ分析業務の内製化に向けた実証実験”が、aiforceが提供するビジネスAIツール「AMATERAS RAY」の活用によって開始されましたことを、お知らせいたします。

【実証実験の概要】
 七十七銀行が保有する取引履歴などの情報をもとに、行員が「AMATERAS RAY」を活用して、お客さまのニーズを分析することで最適なサービスをタイムリーに提案することが可能かを検証します。実証実験の内容を踏まえて、本格導入に向けた検討も行なわれていきます。

【実験で活用されるビジネスAIツール 「AMATERAS RAY」 とは】
 AIの専門知識のないビジネス部門の実務者でも、ブラウザのクリック操作だけで需要予測/販売予測などの様々なAIモデル構築が可能なビジネスAIツールです。従来であればデータサイエンティストが行なう業務の多くを自動化し、プログラミング知識や高度なデータリテラシーが無くても機械学習による予測/判断を可能にした、ビジネスの現場でのDXを強力に推進するツールです。
 データサイエンティストが利用する場合においても、従来のAIモデル構築にかかる作業を大幅に削減でき、仮説・検証サイクルを短い時間で回せる仕組みが提供されるツールとなっています。これによって、今まで作業に費やしていた時間を大幅に減らし、より本質的な課題解決に時間をあてることができ、結果として高い効果を生むことに集中できます。

【実証実験に至る背景】
 aiforceは、七十七銀行が実施するビジネスコンテスト「X-Tech Innovation(クロステックイノベーション)2019」に参加し、東北地区大会で最優秀賞を受賞しました。aiforceの「AI民主化への挑戦」というビジョンへも共感いただき、七十七銀行グループの七十七キャピタル株式会社によるaiforceへの出資など、多くの関係をもたせていただいている中で、本件の実証実験の相談から開始に至りました。

■株式会社七十七銀行(https://www.77bank.co.jp/
 株式会社七十七銀行(本社:宮城県仙台市、取締役頭取:小林英文、以下「七十七銀行」)は、「地域の繁栄を願い、地域社会に奉仕する」という経営理念のもと、地域金融機関としての使命を将来にわたって果たし続けることを目指しています。
 その実現に向けて、2021年度から2030年度までの10年間を計画期間とする「『Vision 2030』~未来を切り拓くリーディングカンパニー~」を策定し、金融サービスの充実と非金融分野における事業領域の拡大によってお客さまに最良のソリューションを提供するとともに、宮城・仙台圏を中心にネットワークを構築し活躍のフィールドを拡げることによって地域をリードする企業グループ「リーディングカンパニー」への深化を目指しています。
 お客様に対して、より付加価値の高いサービスを提供していくため、今回の実証実験のようなAI等のデジタルテクノロジーを活用した銀行業務の効率化・高度化に積極的に取り組んでまいります。

■株式会社aiforce solutions (https://www.aiforce.solutions/)
 株式会社 aiforce solutionsは、AI民主化を目指し、AIを自由に活用できる社会の実現に向けて果敢に挑戦している会社です。
 現在、日本国内においてAI市場は加熱気味の一方、それを担う専門家人材が不足しており、需要と供給がマッチしていません。また、AI導入には高額な導入費用と期間がかかるため、メディアで報道されているほどビジネス市場におけるAI導入は進んでいないのが実態です。
 この問題を解決するために、AI運用の内製化を強力に推進するビジネスAIツール「AMATERAS RAY」、並びにAIリテラシー向上の為の実践型AI教育プログラム「AMATERAS EDU」を提供しています。
 そして、昨今の日本のDX課題を解決すべく、「誰もが使えるAIツール」「AIリテラシー教育」「プロによるコンサルティングサービス」の3点をオールインワンで提供する「AMATERAS DXサクセス」の提供を開始しています。

【 AMATERAS DXサクセスの詳細:https://bit.ly/3xlVpNe

 

社名 株式会社aiforce solutions 
設立 2018年7月
代表者 西川 智章
所在地 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー2F
事業
内容
1. Auto Machine Learning(自動機械学習)ツール「AMATERAS RAY」の開発、販売
・マウス操作だけで機械学習による学習済みモデル構築ができるソフトウェアの提供
・AIモデル構築時間を大幅に削減し、仮説・検証サイクルを早期に回せる仕組みを提供

2. AI人材育成プログラム「AMATERAS EDU」 の提供
・ビジネスパーソンのAIリテラシー向上を目的とした実践型の教育プログラム
・AMATERAS RAYを活用し、誰もがAIモデル構築プロセスを体験する価値を提供

3. DX/AIコンサルティングサービスの提供
・データ分析、AIモデル構築業務
・業務課題、テーマ選定、導入コンサルティング、内製化支援等
・AIプロジェクトPM(AIベンダー選定、投資先の技術評価と選定支援等)

※    掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

Okta Japan/Oktaが「ITreview Grid Award 2021 Summer」のシングルサインオン部門と多要素認証部門で「Leader」を初受賞

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、アイティクラウド株式会社が運営するIT製品のレビュープラットフォーム「ITreview」(https://www.itreview.jp/)に掲載された製品レビュー(口コミ)をもとに、顧客満足度の高い製品を表彰する「ITreview Grid Award 2021 Summer」(https://www.itreview.jp/award/2021_summer.html)のSSO(シングルサインオン)部門と多要素認証(MFA)部門で「Leader」を初受賞したことをお知らせします。

ITreviewが掲載している数ある製品の中で市場の認知度が高く、顧客からの満足度も非常に高い製品が「Leader」として表彰されます。

ITreviewでは、実際に製品を利用されている方の評価(レビュー)をもとに、製品ごとの「使い勝手」や「機能の違い」「サポート品質」を、比較表の自動作成機能や、カテゴリーレポートを用いて分かりやすくご紹介しています。

Oktaのユーザーレビューはこちらをご覧ください。
https://www.itreview.jp/products/okta/reviews

ITreview Grid とユーザーの高満足度の称号である Leader とは
ビジネス向けIT製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」では、集まったリアルユーザーのレビューをもとに、顧客満足度や市場での製品認知度が把握できる独自の四象限マップ「ITreview Grid」を展開しています。

7 月に発表された「ITreview Grid Award 2021 Summer」では、ITreview に集まった約4.5万件のレビューをもとに、顧客満足度と認知度の双方が優れた製品を「Leader」として表彰、バッジが発行されています。ITreviewのLeaderは、既に多くの利用者から支持を得ている証であり、名誉ある称号とされております。

アワードの詳細は下記専用ページもご参照ください。
URL:https://www.itreview.jp/award/2021_summer.html

Oktaについて
Oktaは、すべての人のアイデンティティとアクセスを安全に管理するベンダーニュートラルなサービスプロバイダーです。Oktaが提供するプラットフォーム「Okta Identity Cloud」により、クラウド、オンプレミスを問わず、適切な人に適切なテクノロジーを適切なタイミングで安全に利用できるようにします。7,000以上のアプリケーションとの事前連携が完了している「Okta Integration Network」を活用して、あらゆる人や組織にシンプルかつ安全なアクセスを提供し、お客様の潜在能力を最大限発揮できるように支援します。JetBlue、Nordstrom、Siemens、Slack、T-Mobile、Takeda、Teach for America、Twilioを含む10,000以上のお客様がOktaを活用して、職場や顧客のアイデンティティを保護しています。
https://www.okta.com/jp/
 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

テリロジー/テリロジー、当社エンジニアがTREND MICRO Partner Engineer Award 2020「ネットワーク部門」最優秀賞を受賞

株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦、以下「テリロジー」)は、2021年7月8日に開催されたトレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、以下「トレンドマイクロ」)主催の「TREND MICRO Online Partner Conference 2021」にて、当社エンジニアの山内 崇之が「TREND MICRO Partner Engineer Award 2020」のネットワーク部門最優秀賞を受賞したことをお知らせいたします。
TREND MICRO Partner Engineer Award 2020は、2020年4月から2021年3月の1年間を対象期間とし、トレンドマイクロ製品のビジネス拡大に技術面から高く貢献し、トレンドマイクロ製品を基にカスタマーサクセスを成し遂げたパートナー企業のエンジニアに授与されるアワードです。

今回は、大手企業様のお客様向けサイト環境にTippingPoint製品を導入するにあたり、お客様との認識の相違が発生しないよう運用移行方法の提案などに尽力したことで、導入後の安定したシステム運用に貢献したことを評価いただき、当社エンジニアの山内が受賞いたしました。

当社では、長年にわたり、官公庁ならびに企業様向けのネットワークセキュリティ案件を数多く手掛けることでTippingPoint製品の導入実績を築いてきました。今後につきましてもトレンドマイクロの製品を活用したセキュリティソリューションを展開することで、お客様のセキュリティ対策の強化に貢献してまいります。

本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

【株式会社テリロジーについて】
株式会社テリロジーは、1989 年に会社設立、エンタープライズLAN/WAN、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、市場および顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うテクノロジーバリュークリエイターです。近年は、製品の自社開発やクラウドサービスの提供も行っております。

顧客は大企業や通信事業者を中心に300 社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げています。(https://www.terilogy.com/

本件に関するお問い合わせ先

【TippingPoint製品に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
アカウント営業第一統括部 営業二部
TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3293
e-mail:tippingpoint@terilogy.com

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社テリロジー
マーケティング(広報宣伝)担当 齋藤清和
TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3316
e-mail:marketing@terilogy.com

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

フロンテス/自動化が進まないシステムテスト現場を超改革!クラウド化で世界中の「脱・手作業」に挑む「フロンテス」株式投資型クラウドファンディングを開始

金融、政府機関なども採用する<ブロック組立>手法のシステムテスト

システム開発におけるテストの自動化ツール「STAR-RPA」の開発・販売を行う株式会社フロンテス(東京都 代表取締役:舟崎 信義)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年7月20日(火)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
*本案件は新株予約権のお取り扱いになります。

報道関係各位
 

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/251

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
STAR-RPAによって日本のIT業界を変革し、また多言語化によってグローバル・デファクト・スタンダードを目指す

現在、システム開発におけるテストの自動化は、人間が操作を行って記録・再生する手法が主流です。しかし株式会社フロンテスの開発したSTAR- RPAは「プレハブ方式」を採用しており、人間によるテスト操作での記録・再生の必要がなく、テストにかかる手間と時間を大幅に削減できます。
この度、世界のテスト環境を変えるグローバルスタンダードを目指し、2021年7月14日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年7月20日~2021年7月22日、上限とする募集額は 59,940,000円(1口 9万、1人 5口まで)です。
 

 

 


弊社はプレハブ方式によるテスト自動化の新規性と可能性が評価され、経済産業省所管の独立行政法人中小企業基盤整備機構機構(中小機構)によるアクセラレーション事業「FASTAR」にも採択されています。また、東京都の経営革新計画(ものづくり)に関わる承認を得て補助金交付対象企業になっています。
「STAR-RPA」の開発費用はすでに回収済みです。また、「STAR-RPA」は価格優位性や独自性、さらには数少ない国産のツールであることに強みを持っています。今年秋にはクラウド版での提供を開始し、継続利用を見込んだストック型(SaaS)ビジネスへ発展いたします。
今後はウェブマーケティングやセミナーなどに注力し、「STAR-RPA」の認知拡大とリード獲得を進めます。また、コンサルティング企業と提携し、日本全国に広がるパートナー組織を形成することで「STAR-RPA」の販路を拡大します。さらに、クラウド版を多言語展開し、販路を海外にも拡大することで企業の成長を目指します。

 

 

■会社概要
・会社名:株式会社フロンテス
・所在地:東京都町田市鶴川1-10-8
・代 表:舟崎 信義
・設 立:平成17年3月
・事業内容: システム開発におけるテストの自動化ツール「STAR-RPA」の開発・販売
・URL : https://frontes.co.jp/

 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

日本アイ・ビー・エム/RFIDタグによる室内環境センシングシステムを開発

RFIDタグによる室内環境センシングシステムとデータ連携(横浜市役所の場合)

竹中工務店(取締役社長:佐々木正人)、日本アイ・ビー・エム(代表取締役社長:山口明夫)、マスプロ電工(代表取締役社長:端山佳誠)、NTTコミュニケーションズ(代表取締役社長:丸岡亨)の4社は、RFID※タグによる室内環境センシングシステムを共同開発し、横浜市役所(神奈川県横浜市)、NOK本社ビル(東京都港区)に導入しました。本システムは、RFIDタグと温度センサ等を組み合わせた環境センサを、アンテナからの電波で起電させ、データを送受信し、効率的な室内環境データの収集を可能とするシステムです。

※ Radio Frequency Identification の略。電波(電磁波)を利用してRFIDタグやICカードのデータを読み込んだり、データを書き込んだりする通信技術の総称。

 従来、センシングシステムには有線式が用いられることが一般的です。有線式の場合、配線の都合によりセンサの設置場所が壁や天井に限られるため、居住域内の快適性を確保するために必要な室内環境データを十分に収集することができませんでした。そのため、電波などを利用した無線式のセンシングシステムの開発が進められていますが、無線式センサの電源は電池が必要なタイプが主流であり、電池交換などの維持管理に手間がかかるのが現状です。
 本システムは、RFIDタグを電波により起電することにより、無線式でありながら電池交換が不要となる室内環境センシングシステムです。アンテナの電波が届く範囲においては複数データを同時に読み取ることが可能なことや、移動しているRFIDタグの読み取りも可能であることから、室内環境データや人の在不在データなどを効率的に収集することもできます。

 

RFIDタグによる室内環境センシングシステムとデータ連携(横浜市役所の場合)RFIDタグによる室内環境センシングシステムとデータ連携(横浜市役所の場合)

 竹中工務店は3社と協力し、本システムの展開を進め、収集したビッグデータを用いた新しい設備制御の在り方を創出し、さらなる省エネルギー性、快適性、知的生産性の向上に活用します。
 さらに、人の在不在データから人流を把握し、昨今のコロナ禍において社会的ニーズとなりつつある新しいワークプレイスの提案などと合わせ、持続可能な脱炭素社会、そしてSociety 5.0の実現に寄与していきます。

■本システムの特徴
・効率的に計測できる → センサの電池レス化が可能な無線式センシングシステムで、
             電波の範囲内であれば基本的にどこでもセンシングが可能
             RFIDタグの複数同時読取、移動しているRFIDタグの読取が可能
             RFIDタグと複数のセンサを組合せたマルチセンサの対応も可能
・維持管理が容易   → 電波を電気エネルギーに変換し作動するので電池交換が不要
・電波干渉を抑制   → 1台ずつアンテナを起動させるので電波干渉の抑制が可能
・拡張性が高い    → アンテナはデータの送信にも受信にも使用できシステム拡張が容易
 

■本システムの仕組み(フルパッシブ方式の場合)
①アンテナが電波(920MHz帯)を送信
②RFIDタグが電波を受信して、
   電気エネルギーに変換し環境センサが作動
③RFIDタグが電波でセンサデータを送信
④アンテナがセンサデータを受信

※ 温度センサが搭載されたRFIDタグを用いたフルパッシブ方式とRFIDタグと小型の太陽電池を組み合わせ、複数センサを搭載した環境センサの動作安定性を高めたセミパッシブ方式が構築できます。

■各社の役割
竹中工務店:RFIDによる室内環境センシングシステムの立案・設計と実施
日本アイ・ビー・エム:RFIDシステムの構築
マスプロ電工株式会社:セミパッシブ方式の環境センサ(横浜市役所にて)
NTTコミュニケーションズ:通信ネットワークとデータ処理システムの構築
 

■「横浜市役所」建物概要
デザイン監修:槇文彦
設計・監理 :竹中工務店、槇総合計画事務所、
                     NTTファシリティーズ
施工    :竹中・西松建設共同企業体
延床面積  :142,582.18㎡
建物規模  :地下2階、地上32階、搭屋2階
工期    :2017年8月~2020年1月

 

■「NOK本社ビル」建物概要
設計・施工:竹中工務店
延床面積 :6,603.34㎡
建物規模 :地下1階、地上8階、搭屋1階
工期   :2019年6月~2020年9月

以上

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

PicoCELA/PicoCELAの先進的エンタープライズグレードWi-Fiメッシュが病院内のデジタル化を支援

設置イメージ

院内業務を一切中断させずに、病院内Wi-Fi構築を実現!

PicoCELA(ピコセラ)株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 古川 浩 以下、PicoCELA)は、一般財団法人 ひふみ会 まちだ丘の上病院(以下、まちだ丘の上病院)にPicoCELAの先進的エンタープライズグレードWi-Fiメッシュ(以下、弊社ソリューション)全14台が導入されたことをお知らせいたします。
  • 背景

病院内におけるWi-Fi環境の整備は、様々な医療用IoT機器を接続するための業務用無線通信基盤だけではなく、入院患者のQOLを向上させるための手段として重要視されています。また、厚生労働省が推進する「令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」事業※においては、Wi-Fi環境の整備に対しても補助が認められるなど、政府レベルで普及を後押しする流れが急速に進んでいます。

※厚生労働省「令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金に関するQ&A

 

  • 概要

病院内、とくに病床数の多い病院内のWi-Fi環境整備を進めるためには
・病院内のどこでも安定したWi-Fi通信が提供できること
・院内業務に支障をきたさずにWi-Fi設備の導入が行えること
が最も重要となります。

一方、これまでの病院内のWi-Fi環境整備事例の多くは、「通信エリアが病院内のごく一部に限定されている」「一部の業務利用のみに制限されている」など、入院患者のQOL向上には寄与しきれないのが実情でした。

今回、まちだ丘の上病院において、上記2つの課題を解決するべく、弊社のWi-Fiメッシュ型アクセスポイント(以下、アクセスポイント)、計14台が導入されました。
 

設置イメージ設置イメージ

 

  • PicoCELAソリューションの特徴

(1)広域性と稠密性

病床数78床の3フロアに渡るほぼ全域を計14台の弊社のアクセスポイントでカバーしました。各アクセスポイントの通信エリアを互いにオーバーラップさせることで稠密かつ高品質なWi-Fi空間を形成しました。

(2)LAN配線を8割以上削減

2つのフロアにすでに備わっていたインターネット回線にそれぞれ一台の親機アクセスポイントを接続、残りの12台のアクセスポイントはLANケーブル配線の必要なく、電源コンセントに接続するだけで設置が完了しました。各アクセスポイント同士はPicoCELAの無線メッシュ技術によって、安定した無線中継が行われます。

(3)工事不要

親機以外の各アクセスポイントはLANケーブル配線が不要で電源に挿すだけで稼働。広域性と稠密性を兼ね備えた高品質なWi-Fi空間を、病院職員自らの手で構築することができました。
※無線中継経路の構築も全て自動

(4)院内業務を一切中断させずに構築完了

各アクセスポイントは机や棚の上に設置したり、金属製の書架や壁面にマグネットで張り付ければ、あとは電源に挿すだけで設置完了。院内業務を一切中断させずに、わずか半日ほどで敷設作業は完了しました。

 

  • まちだ丘の上病院 高橋事務長様の言葉

当院では数年前より電子カルテの導入を検討していましたが、電子カルテの選定と同様に悩んでいたのが、ネットワーク環境構築に関する問題でした。
当院は、築年数が古く既設の配管などが利用しにくい状態で、配線工事にかかる工事費が事業を進めるにあたって重くのしかかっていました。
PicoCELA社のケーブルいらずによる無線LAN環境の構築は、初期費用も複雑な工事も不要なため、イニシャルコストもランニングコストも他社サービスに対して圧倒的な低価格で、当院の課題を解消することが出来ました。

<会社概要>

法人名称:PicoCELA株式会社
住所:東京都中央区日本橋人形町2-34-5 SANOS日本橋4階
代表取締役社長:古川 浩
資本金:100,000,000円
主な事業内容:無線通信に関する特許技術を活用した無線通信製品の販売・ソリューション・ライセンスの提供、及びクラウド監視システムの販売

URL:https://www.picocela.com/(コーポレートサイト)
 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

KDDI/「DinoScience 恐竜科学博」をさらに楽しむ「ふしぎなメガネと恐竜ムービーby au 5G」が開催 日本初上陸の「レイン&スタン」を最新技術によって、大迫力のCGで再現!

大迫力の実物大高精細トリケラトプスが出現「au 5Gで恐竜がよみがえる!スマートグラスをかけてAR体験」や「au 5G ムービーダウンロードLANE&STANと一緒に撮る来場記念ムービー」を実施

KDDI株式会社は、ソニーグループ9社からなるDinoScience 恐竜科学博製作委員会が2021年7月17日(土)~ 9月12日(日)に開催する「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~」(以下、DinoScience 恐竜科学博)にて期間限定で開催される「ナイトミュージアム」において、ARなどの最新技術を活用した体験型コンテンツ「ふしぎなメガネと恐竜ムービー by au 5G」を展開します。8月4日(水)~9月10日(金)のうち、8月11日(水)、8月13日(金)を除く毎週水・金は、全長7m×高さ3mの高精細トリケラトプスが最新技術により再現する「au 5Gで恐竜がよみがえる!スマートグラスをかけてAR体験」や、特別コンテンツ「レイン&スタン」と一緒に複数アングルからの撮影から自動編集してくれる「au 5G ムービーダウンロード ~LANE&STANと一緒に撮る来場記念ムービー~」を提供します。日本初上陸の恐竜標本を最新技術で体験できるこの夏限定コンテンツをお楽しみください。

 「DinoScience 恐竜科学博」では、18時~21時の間に来場できる「ナイトミュージアム」を実施期間中の毎週水・金・土・日・祝日と8月7日(土)~8月15日(日)で開催します。ご家族やカップルで一緒に楽しめるナイトミュージアム限定のペアチケットも販売中です。
 また、8月4日(水)~9月10日(金)のうち、8月11日(水)、8月13日(金)を除く毎週水・金は特別展示「レイン」と「スタン」をより楽しめるコンテンツ「ふしぎなメガネと恐竜ムービー by au 5G を開催します。

■ふしぎなメガネと恐竜ムービー by au 5G
スマートグラス越しに再現される全長7m×高さ3mの実物大のトリケラトプスなどが鑑賞できるほか、恐竜の化石を背景に、複数のカメラで撮影した映像を一本にまとめたオリジナル記念ムービーをお持ち帰りいただけます。

 1. 「au 5Gで恐竜がよみがえる!スマートグラスをかけてAR体験」

 

 

 

「DinoScience 恐竜科学博」では、今まで門外不出といわれ、ヒューストン自然科学博物館でのみ展示されていた“世界で最も完全で美しい”と言われるトリケラトプスの実物全身骨格「レイン」が日本初展示されます。また、その隣には生きていた時を想起させるようなポージングでたたずむティラノサウルス「スタン」も展示され、360°全方向から自由に観覧できます。さらに今回は、KDDIの最新技術で、この貴重な展示をさらに楽しめる鑑賞体験を提供します。「au 5Gで恐竜がよみがえる!スマートグラスをかけてAR体験」では、指定位置からスマートグラス「NrealLight」をかけて「レイン」と「スタン」を見ると、最新技術によって再現したCGが動き出し、等身大の恐竜の迫力をお楽しみいただけます。

※対象年齢:13歳以上

協力:TYFFON株式会社
参加費用:500円(税込)/回
支払い方法:au PAY(コード支払い)

2. 「au 5G ムービーダウンロード ~LANE&STANと一緒に撮る来場記念ムービー~」
さらに、来場した思い出作りとして「レイン」と「スタン」と一緒に記念撮影できる「au 5G ムービーダウンロード ~LANE&STANと一緒に撮る来場記念ムービー~」を実施します。
これは、会場内に設置された複数のカメラで、「レイン」と「スタン」と一緒に映像を撮影、自動で編集してあなただけのオリジナル記念ムービーを作成し、お持ち帰りいただけます。
参加費:無料

上記のコンテンツ含め、「DinoScience 恐竜科学博」では他にもお客様が存分に楽しめる様々なコンテンツをご用意しております。

1.   オンラインツアー『Xperia “True Remote EXperience” powered by au』

Xperia “True Remote EXperience” powered by auは、ご自宅からお楽しみいただけるオンラインツアー。会場の様子をXperia™スマートフォンで撮影し、リアルタイムに配信します。会場では見ることのできない角度から骨格標本を撮影したり、恐竜の病気や怪我の部位にカメラを近づけてより詳しく解説したり、恐竜をもっと知りたくなる、学びたくなるオンラインならではの見どころをたっぷりとご用意。ご自宅や会場以外の場所からも、ご自身のスマートフォンやパソコンなどから本オンラインツアーに参加し、リアルな会場の様子を楽しむことができます。なお、すべてのオンラインツアーは、Xperia以外のスマートフォンやパソコン、タブレット端末からもご参加いただけます。

 また、プレミアムオンラインツアーでは、「DinoScience 恐竜科学博」を企画・監修する “恐竜くん”が、最新の研究結果や情報を交えながら、トリケラトプスの実物化石「レイン」が生きていたララミディア大陸や恐竜の魅力を、わかりやすく、おもしろく伝えます。また、特別ゲストとして、幅広い世代に人気のお笑いコンビ・ナイツ(塙さん、土屋さん)のお二人を招いたツアーもご用意しています。

【プロフィール:恐竜くん】

サイエンスコミュニケーター。幼いころに恐竜に魅せられ、16歳で単身カナダに留学。恐竜の研究が盛んなアルバータ大学で古生物学を中心に広くサイエンスを学ぶ。恐竜展の企画・監修、トークショーやワークショップなど体験教室の開催、イラスト制作、ロボットや模型の監修、執筆、翻訳など幅広く手がける。単に恐竜についての知識の普及を目指すのではなく、恐竜を通して、生き物や自然、科学や環境問題など、世界の様々な物事に目を向けてもらう「きっかけ」を作ることを活動のテーマとしている。恐竜の専門知識を持ちながら研究機関や大学に属さず、恐竜の正しい知識を楽しく・わかりやすく、エンタテインメントとして伝える活動を行う日本唯一の存在。

オフィシャルサイト https://kyoryukun.com/

【プロフィール:お笑いコンビ・ナイツ】

2001年ボケの塙と、ツッコミの土屋の漫才コンビを結成。
内海桂子の弟子として活動。
漫才協会、落語芸術協会、三遊亭小遊三一門として寄席でも活躍中!
写真左 塙 宣之(はなわ のぶゆき)
写真右 土屋 伸之(つちや のぶゆき)

 

 

 
オンラインツアー参加方法:
チケット情報ページで、ご希望の日時とツアーを選んでください。チケット購入後、イープラスからメールで順次オンラインツアー専用ページのURLが送付されます。URLはイープラスの「申込み状況照会」からもご確認いただけます。
詳細は公式サイト内オンラインツアーページをご覧ください。
https://dino-science.com/onlinetour/

2.    「DinoScience 恐竜科学博 × XR CHANNEL」

街の奥⾏きを認識するKDDIのVPS(Visual Positioning Service)技術を活⽤し、都市空間にARコンテンツを表⽰するアプリ「XR CHANNEL」とのコラボレーションにより、パシフィコ横浜や、au5Gエリアの駅や街に巨⼤な恐⻯が出現します。
まるで現実の街に本物の恐⻯が現れたような、臨場感たっぷりの新しい体験をARアプリでお楽しみいただけます。

■出現場所・期間
・パシフィコ横浜展示ホール外ビュースポット
2021年6月25日(金)〜2021年9月12日(日)
・au5Gエリアの駅、街
2021年8月中旬〜2021年9月12日(日)
※出現場所詳細は、XR CHANNELのINFOよりご確認ください。

■ご利用方法
専⽤のアプリ『XR CHANNEL』のインストール(無料)が必要です。
App StoreまたはGoogle Play ストアよりダウンロードしてください。

■対象OS
Android(OS9以上)、iOS(12.0以上)
※ARアプリ 「XR CHANNEL」 について

街の奥行きを認識するVPS(Visual Positioning Service)技術を活用し、都市空間にARコンテンツを表示する「XR CHANNEL」は、2020年8月に国内で提供を始めました。
「XR CHANNEL」:https://www.sovec.net/solutions/xrchannel.html

3.    「au ブックパス DinoScience 恐竜科学博 フェア」
「DinoScience 恐竜科学博」ペア招待券ほか、オンラインツアーチケットなどが当たるプレゼントキャンペーンを実施します。さらに、7月17日からは、DinoScience 恐竜科学博の公式図録の配信と恐竜にまつわる書籍の値引きキャンペーンも合わせて実施します。
本キャンペーンを利用することでお得にDinoScience 恐竜科学博を楽しんでいただけます。

※プレゼントキャンペーンは、ブックパスの会員様に限らずどなたでもご応募いただけます。
※応募期間:2021年7月16日(金) 10:00〜7月30日 (金) 23:59
※ブックパス概要:
ブックパスはコミック、雑誌、小説、実用書、写真集など多彩なジャンルが楽しめるauの電子書籍サービスです。au以外の方でもご利用可能!欲しい本だけ買えるのはもちろん、定額でおトクな読み放題プランや、登録なしですぐ読める無料コミックなど豊富なラインナップをご用意しております。

【ふしぎなメガネと恐竜ムービー by au 5G 開催概要】
名 称   :ふしぎなメガネと恐竜ムービー by au 5G
会 期   :8月4日(水)~9月10日(金)のうち、
8月11日(水)、8月13日(金)を除く毎週水・金に実施
時 間   :18:00~21:00(最終入場20:30)
会 場   :パシフィコ横浜 展示ホールA
公式サイト :https://au5g.jp/dino-science/

【DinoScience 恐竜科学博 開催概要】
名 称   :Sony presents DinoScience 恐竜科学博
~ララミディア大陸の恐竜物語~ 2021@YOKOHAMA
会 期   :2021年7月17日(土)~ 9月12日(日)
                    ※会期中無休
                    ※土・日・祝日・特定日は、事前予約/日時指定入場制(先着順)
                    ※特定日:8 月 7 日(土)~8 月 15 日(日)
時 間   :月・火・木・日9:00~18:00 (最終入場 17:30)
                    水・金・土・祝日・特定日9:00~21:00 (最終入場 20:30)
会 場   :パシフィコ横浜 展示ホールA
主 催   :DinoScience 恐竜科学博製作委員会
                  (ソニーグループ株式会社、ソニー株式会社、ソニー・ミュージックエンタテインメント、
                     ソニー・インタラクティブエンタテインメント、ソニーPCL、アニマックス、
                     キッズステーション、フロンテッジ、イープラス)
特別協賛  :ソニーグループ株式会社
協 賛   :KDDI、凸版印刷、バンダイナムコグループ、ソニー生命保険、Xperia、
                    ソニーネットワークコミュニケーションズ
後 援   :神奈川県、横浜市、TBS、BS-TBS、朝日新聞社
特別協力  :ブラックヒルズ地質学研究所、ヒューストン自然科学博物館
協 力   ︓日本通運、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、
                     ソニーフィナンシャルグループ、(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー
企画・監修 :恐竜くん(田中真士)
公式サイト :https://dino-science.com
お問い合わせ:公式サイトより、イベント事務局までご連絡ください。https://dino-science.com/privacy/

【ナイトミュージアムペアチケット 概要】
名 称   :ナイトミュージアムペアチケット
販売期間  :4月8日(木)10:00~9月10日(金)20:00
時 間   :18:00~21:00 (最終入場 20:30)※水・金のみ
金 額   :5,000円(税込)
※祝日・特定日を除く水曜・金曜の18:00以降のご入場が可能なペアチケットです。2名様同時入場限定となります。別々でのご入場はできません。混雑状況により入場までお待ちいただく場合、もしくは、当日の入場可能人数に達したためご入場いただけない場合がございます。
※閉場は21時です。(最終入場は閉場の30分前)
※祝日・特定日<8/7(土)~8/15(日)>は対象外となります。
※18歳以下のチケット販売はございません。
※ナイトミュージアムの通常チケットは、1名様からお買い求めいただけます。

 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

AVILEN/【申込受付中】「AI・DXビジネス推進研修」・「AI開発研修」が8月より開講!―「ふくおかAI・DXスクール」の一環

福岡市内在住・勤務・通学中の方は受講料半額

 株式会社AVILENは、公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)が主催する「ふくおかAI・DXスクール」において、昨年度数多くの好評をいただいたオンライン研修を今年度も開催いたします。
 昨年度開催したAI開発初心者や中級者対象のコースに加え、AIビジネス経営・企画者対象のコースを追加しました。

 AIビジネス経営・企画者を対象とした「AI・DXビジネス推進コース」は8月5日〜と10月5日〜の2期で実施。ワークショップを通してAIビジネスを実際に企画します。
 AI開発初級者を対象としたコースは、8月4日〜と10月4日〜の2期で開催。動画やウェビナー、Pythonのコーディング課題を通して、自ら機械学習モデルを構築できるスキルの獲得を目指します。
 中級者を対象とした「サービス開発コース」は、12月7日〜で実施。グループに分かれ、企画・要件定義から開発まで一連の実務の流れにそって進めます。

 残席に限りがございますので、ご希望の場合はお早めにお申込みください。お申込み、ご費用、日程等の詳細はこちら:
https://www.isit.or.jp/ai_dx_seminers/

 「エンジニアが集まる、活躍する、成長する街、福岡」エンジニアフレンドリーシティを目指し、公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)および公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)は今年も「ふくおかAI・DXスクール」を開催します。本研修はAIなどのデジタル技術を活用し、新たなビジネスモデルを創出するDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進するAI人材育成プログラムです。

 「より多くの人々が最先端のテクノロジーを理解・活用できる社会」を目指すAVILENは、本イベント理念に共感し応援するとともに、下記3種類の研修を提供いたします。いずれも完全オンライン形式のため、居住地によらずどなたでもお申込みいただけます。

 本研修は、AI技術開発・AI人材育成を行うAVILENのノウハウを詰め込んだ、実践的なスキルや知識を効率よく習得できる内容に仕上がっています。最先端の現場で働くAIエンジニアの指導のもとで、ぜひスキルアップを目指しましょう!
 

  • 昨年度受講した生徒の声

H氏(開発者)
画像処理、自然言語処理が学べるということで期待していた。画像処理では、Jupyter Notebookを使う教材やライブラリを利用でき簡単に受講を進め理解できた。実際にKaggleなどのコンテストへチャレンジしてみたくなった。自然言語処理では、文書をどのように分析してゆくかなどの手法を学ぶことで、どのような方法で取り組むことができるか分かった。基礎を学ぶのには良い。

K氏(営業)
ほとんど経験がなかったので、難しいかな、ついて行けるかなとの不安があった。事前学習はある程度やっておく必要がある。事前学習をやっていれば、十分やっていける内容でした。事前学習も、クイズ形式であったり、短いスパンで飽きが来ない内容としてあり受講し易かった。分からない所があっても、オンラインでその場でフォローして貰えるのでおいて行かれることが無い。研修の内容は星3つでお勧め。
他のコメントはこちら:https://www.isit.or.jp/ai_dx_school_voices/
 

  • お申込み・研修詳細

こちら:https://www.isit.or.jp/ai_dx_seminers/
 

  • AI・DXビジネス推進コース

コース内容:
AIビジネスを創出するに必要なAIの基礎知識、企画の考え方を学びます。ワークショップやノーコードのAI開発ツールを使用したハンズオンを通して、AIプロジェクトを立案・推進できる経験を身につけます。

こんな人にオススメ:
新規事業立ち上げの部署に配属になった方
AIを活用したシステム導入の要件定義をできるようになりたい方
AIを自社のビジネスにどう活かせばよいかわからない方

 

  • AI・データ分析基礎コース

コース内容:
初⼼者からAIを開発するために、必要なプログラミングスキル・機械学習周辺知識を獲得します。最終的にはディープラーニングの開発ハンズオンを通じて、スキルの定着を図ります。AI開発の実務を行える人材となることがゴールです。

こんな人にオススメ:
AIを使用した開発に興味があるが、何から始めていいかわからない方
体系的にAI開発の基礎スキルを固めたい方

 

 

  • 【チーム開発】AIサービス開発コース

コース内容:
ビジネス活用を前提とした、AIの開発方法や考え方を学びます。少人数グループにわかれて、企画の要件定義・データの前処理などの前準備を行い、その後最適な手法を実装。AIのサービス構築を行える人材となることを目指していただきます。

こんな人にオススメ:
AIサービス開発の一連の流れを経験したい方
グループワークを通して、実務で必要なスキルを身につけたい方
 

=========
AVILENが目指すのは、より多くの人々が最先端のテクノロジーを理解・活用できる社会です。私たちは、テクノロジーの普及は個人の可能性を大きく広げ、豊かな社会の実現に繋がると信じています。

 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」