通信・インターネット

Connected Design/トイレのIoT化で管理をスムーズに東急東横線学芸大学駅高架下の商業施設「学大市場」にて実証実験開始

 Connected Design株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 武田 浩治、以下Connected Design)は、東急株式会社(東京都渋谷区、取締役社長 髙橋 和夫)と協業し、東急株式会社が運営する東横線学芸大学駅高架下の商業施設「学大市場」にて、お客様の交通系ICカード等がトイレの鍵となる「リアルタイム鍵発行ソリューション」を活用したトイレのIoT化の実証実験を2021年7月1日㈭より開始することをお知らせいたします。

 Connected Designは、スマートロック(電子錠)やIPカメラ等、各種IoTデバイスを取り扱うとともに、IoTデバイスをより有意義に活用するためのアプリケーションや連携機能を独自開発しています。

 これまで、物件IoT機器管理システム「Connected Portal(*1)」や、家電の一括操作や宅内の状況確認を簡単におこなえるアプリ「Taprica(*2)」など、事業者やユーザーの利便性向上に寄与するサービスを提供してまいりました。

■トイレのIoT化実証実験について
 本実証実験は、東急株式会社の運営する「学大市場」のリニューアルオープンに伴い、同施設のトイレをより快適にご利用いただき、施設価値向上を図るために実施されます。

 当社は、鍵の受け渡しをはじめとする施設管理オペレーションを省人化しながらトイレをより快適にご利用いただくソリューションとして、トイレに設置するスマートロックおよびスマートロックと連携した「リアルタイム鍵発行ソリューション」を提供いたします。 

<「リアルタイム鍵発行ソリューション」とは>
 お手持ちの交通系ICカード等(*3)を、専用カードリーダーに読み取らせることでスマートロックを操作する鍵として登録することができます。

「学大市場」では、各店舗に専用カードリーダーが設置され、店舗をご利用のお客様がカードリーダーにご自身の交通系ICカード等をかざすと一時的な鍵の解錠権限が付与されます。その後、ICカード等をトイレのスマートロックにかざすと自動で解錠します。

 また、専用カードリーダーにはトイレの使用状況を表示するディスプレイが設置されており、店舗にいながら空室状況を確認することができます。

 さらに付加価値として、お店の販促活動としても使えるスタンプラリー機能も備えており、カードのデザイン代や用紙代などの初期費用なくスタンプカードを導入いただくことができリピートのご来店を促す仕組みとしてご活用いただけます。 

 今後は、利用データを活用して清掃や備品の補充タイミング等の最適化を促す機能や、一定時間以上の使用を検知し施設運営者に通知する機能など、施設運営をより円滑にするための機能の実装を検討しております。あわせて利用状況に関するアンケート等を適宜実施し、さらなるサービスの向上を目指してまいります。

 Connected Designでは、今後もIoTソリューションを通じて、クライアント企業の課題解決ならびにユーザーの生活価値向上に貢献してまいります。

(*1) 「Connected Portal」は、物件とそこに設置されたスマートロックやカメラ、共用部資材などのIoT機器の登録・管理、およびスマーロトックの時限鍵発行や各種機器の操作・状態確認が可能な、物件IoT機器管理・予約管理システムです。
(*2) 「Taprica」で操作できる家電は、Connected Designが販売し、同社が提供するゲートウェイと連携している製品に限ります。
(*3) モバイル端末の交通系ICカード、IC付き社員証・会員証、タッチ決済対応のクレジットカード等もご利用いただけます。

 
■実証実験の詳細
場所:東横線学芸大学駅高架下の商業施設「学大市場」各店舗および個室トイレ2室
検証項目:
・トイレの清掃および管理オペレーションの負担軽減を図れているか
・どなたでも使いやすく、快適なトイレ利用が可能であるか
・利用における改善点の洗い出し

<「学大市場」内観イメージ>

■本件に関するお問い合わせ先
Connected Design株式会社 HP内「お問い合わせフォーム」よりご連絡下さい。
https://connected-design.jp/contact/ 

■会社概要
会社名 :Connected Design株式会社
所在地 :東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
代表者 :代表取締役社長 武田 浩治
設立  :2015年11月25日
事業内容:IoTに関する企画開発
URL   :https://connected-design.jp/
 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

タイムマシーン/【法人会初】立川法人会 7/5よりコロナワクチン職域接種を実施

多発するワクチン破棄防止にタイムマシーン社のIoTシステムで温度を遠隔から自動監視

 温度管理を自動化するシステムの開発・提供を行うタイムマシーン株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 前田一樹)は、立川市・昭島市・国立市・国分寺市・武蔵村山市・東大和市に所在する約3,500社の中小企業を中心に組織する公益社団法人立川法人会(東京都立川市、会長 吉田唯一)が実施するコロナワクチン職域接種において、温度の遠隔監視・自動記録システムを提供いたします。

 冷凍庫の故障や施設トラブル等による電源消失、また扉の閉め忘れなど管理不備により、保管しているワクチンの温度が上昇してしまうと貴重なワクチンが失活してしまい、接種希望者に投与ができなくなります。当社システムのACALA MESH(アカラ メッシュ)は、冷凍庫内に無線通信式の温度センサを設置、毎分データを自動でクラウドサーバに転送することで、24時間体制の遠隔温度監視を実現することができます。クラウド型の完全無線システムですので、工事などは不要で容易に導入ができます。今回のケースにおいても、決定から1週間でシステム稼働と非常にスピーディに導入が完了いたしました。

<タイムマシーンについて>
 開局100年を超える調剤薬局を運営する企業からスピンアウトしたITベンチャーで、ワクチンや試薬、また治験薬などの保管庫温度を遠隔監視・自動記録するシステムを開発・提供しています。当システムは立川市内の医療施設でも長くご利用を頂いており、昨今は医療施設のみならず、食品工場や倉庫、またホテルや飲食店の様々なシーンで温度管理を行うために導入されています。

<タイムマシーン 代表取締役社長 前田コメント>
 保管状況の不備などで、貴重なワクチンが破棄されたというニュースを見ると悔しさがこみ上げます。今回、立川法人会にシステム提供をする機会を得られましたが、同エリアには当社システムをご利用いただいている医療および食品関係の中小企業が多くございます。また実は当社の従業員には立川エリア出身が多く、間接的に彼らの関係者に貢献できたことは嬉しい限りです。今回スピーディに対応、システム導入できたのは、利用者目線での開発を重視し、大規模事業者でなくても容易に導入できる簡便なシステムを心がけてきた結果と自負しております。国民が一丸となって新型コロナ感染症に打ち勝つために少しでも協力できればと思います。
 

 

温度管理システムの機材温度管理システムの機材

<ACALA MESHの特徴>
●電波干渉などが問題となるWiFi等とは異なる高信頼性のメッシュ型無線通信技術を利用
●温度センサは衛生面に配慮した防水仕様で、次亜塩素酸ナトリウム等による洗浄も可能
●冷蔵庫等の温度だけでなく、水温測定などにも対応
●自社製の温度センサは温度校正にも対応

<会社概要>
社名: タイムマシーン株式会社
代表: 代表取締役社長 前田一樹
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町1-5-5
URL:https://tmcn.jp/
設立年:2010年2月
事業内容:IoTセンサを利用した温度管理システム、およびその他ITサービスの開発・運営

本リリースに関するお問い合わせ先
タイムマシーン株式会社
代表取締役社長 前田一樹
TEL:070-2621-9688
E-mail:maeda@tmcn.jp

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

東日本電信電話/7/29開催のオンラインセミナーでIT導入・活用方法をご案内・支援します

コロナ禍で補助率が拡充されたIT導入補助金2021を活用

東日本電信電話株式会社神奈川事業部(執行役員 神奈川事業部長:中西裕信、以下「NTT東日本」)は、業務の効率化をご検討されている中小企業さま等を対象に、「IT導入補助金2021」(※)の公募要領を踏まえたオンラインセミナーを2021年7月29日(木)に開催します。
※IT導入補助金2021ホームページ https://www.it-hojo.jp/
本セミナーでは、補助金活用のプロである「株式会社ジェイネクスト」と、中小企業さまのICT活用をサポートするNTT東日本が、「IT導入補助金2021」の概要から具体的な活用方法や申請手続きの解説、ICT活用事例などをご紹介します。
本セミナーを機に、中小企業さま等の事業のデジタル化の実現に向けて、地域の信用金庫と共にNTT東日本がご支援します。

1.背景・目的

「IT導入補助金2021」は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
9月には3次締切が予定されていることから、ご検討されている中小企業さま等も多いと考え、オンライン配信を通じてお悩みを解決し・ご支援することを目的にしたセミナーを初めて開催することに至りました。

【解決・支援できるお悩み】

2.オンラインセミナー概要

(1)タイトル
IT導入補助金活用セミナー ~コロナ禍で補助率が拡充されたIT導入補助金を活用!~
(2)開催日時
2021年7月29日(木)14:00から15:00 <入室開始10分前~>
(3)配信方法
Zoomによるオンラインセミナー
(4)参加費
無料
(5)開催者
NTT東日本・横浜信用金庫・平塚信用金庫・さがみ信用金庫・かながわ信用金庫・湘南信用金庫
(6)プログラム ※講演内容は変更となる場合があります
【第1部】 講師:株式会社 ジェイネクスト 代表取締役 牧野 雄一郎  氏
IT導入補助金の活用(概要と手続き)
【第2部】 NTT東日本 神奈川事業部 川嶋 克之
ITが苦手な中小企業でもITが導入・運用できる方法
【セミナー終了後】個別相談会
参加企業さまとのZoomによるオンライン個別相談会を開催 ※参加方法は、セミナー内で別途ご案内

3.お申込み方法

以下フォームまたは、共催するお取引信用金庫のご担当者へお申込みください。
※申込期限:2021年7月27日(火)

【PCの方】
https://info.bizdrive.ntt-east.co.jp/pr21-250300-1?NewForm=NewForm=bi_se_046&AdvertisingInflux=pr_via_oth
【タブレット・スマートフォンの方】

4.その他

NTT東日本では、補助金活用の有無に関わらず、地域の企業・自治体のお困りごとにより一層耳を傾け、お客さまの課題や環境に合わせたICTソリューションを提供することで、ビジネス変革をお手伝いしてまいります。
<特設サイト>
『仕事のやり方、今こそ見直すべきです。』(https://www.ntteast-kanagawa.com/efficiency

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

ライトワークス/ライトワークスが学習管理システム「CAREERSHIP®」を活用し、新型コロナウイルスワクチン職域接種の管理業務を全面的にサポート

上場企業売上TOP100社の47%が導入する*学習管理システム(LMS)『CAREERSHIP®(キャリアシップ)』を開発・提供する株式会社ライトワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役:江口夏郎)は、企業におけるワクチンの職域接種を円滑に行うために、当社のCAREERSHIP®を利用したワクチン接種の管理および運用代行サービスを提供いたします。
■背景
職域接種とは、ワクチン接種の加速化を図っていくため、企業や大学などにおいて集団的にワクチンの接種を行うものです。しかし、各企業にとってワクチンの職域接種はこれまでにない突発的な業務であり、担当部署や担当者にとって大きな負担が生じています。そのような状況に置かれた複数の企業から、CAREERSHIP®でワクチン接種の管理が行えないかといった相談を受け、当社では、ワクチン接種に関する一連の業務をCAREERSHIP®の研修管理機能および業務代行サービスによってサポートすることといたしました。

本サービスは、大手生命保険会社やメーカー企業をはじめとして、従来からCAREERSHIP®をご利用いただいている数社にて既に利用を開始しておりますが、社会的に意義のある取り組みと考え、本リリースを発信することといたしました。今後は、新たに本サービスのみを希望する企業へのご提供も承ってまいります。
 
■CAREERSHIP®の研修管理機能の活用
CAREERSHIP®の研修管理機能は、従来、複数の研修日時の中から従業員が希望の回を選択・申請し、承認フローや受講案内等もシステム上で自動化できる機能です。ワクチンの職域接種においても同機能を活用し、従業員への接種案内や日時管理など、ワクチン接種に関する一連の流れを一括して管理することができます。これにより、煩雑な事務作業や調整などの業務を大幅に効率化することができます。

 【実施可能な事項】
・ワクチン接種に関する案内の自動配信
・ワクチン接種の希望日時への申込(対象者によって表示日時を変えることができます)
・事前、事後のアンケート取得
・受診日前の確認メールの自動配信

■運用代行サービスの概要
研修管理機能の設定や登録などの運用業務について、当社のサポートスタッフが代行します。

【代行可能な事項】
・従業員の登録
・接種日時の登録
・配信メールの登録
・事前、事後のアンケートの登録

当社は、これからも企業の教育や人財開発の現場を支え、企業の成長とより明るいミライの創造に貢献してまいります。

*2021年4月現在、当社調べ。

<LMS『CAREERSHIP®』について>
大企業・グローバル企業の学習管理におけるニーズを網羅的に満たした機能を有し、戦略的な人材育成を可能にする統合型の学習管理プラットフォームです。 https://www.lightworks.co.jp/services/careership

<株式会社ライトワークスについて>
ライトワークスは、大企業を中心に、最新のICTや独自の教育手法を駆使した学習管理システム(LMS)、eラーニング教材、人材育成コンサルティング等を提供しています。これにより、組織と個人が呼応しながら健全な成長を図れる仕組みを構築し、企業内人材の開発・即戦力化、サービスレベルの向上をサポートします。
https://www.lightworks.co.jp/

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

晋遊舎/【家電批評 8月号】自分にベストな選び方&使い方がわかる! iPad・iPhone最新活用術で暮らしをアップデート!

プロが本音でテストする家電購入ガイド 『家電批評』 (株式会社晋遊舎)が7月2日に8月号を発売。最新iPad Proが登場し、買うかどうか悩んでいる人もいるのでは? iPadをカッコよく使いこなしている自分を想像すると気分がアガる! ということで買ってはみたものの、結局ネットサーフィンするだけで「もちぐされている」人もいるはず。そこで8月号では、iPadの最新活用術をレクチャー。基本の選び方や使い方はもちろん、オプション品やアプリまでご紹介します。そのほかにも、本当に買ってよかった「上半期ベストバイ家電」を発表! さらに、40万円出しても乗りたい!! 通勤に使える「e-bike」ナンバーワン決定戦も必見! 新商品10台を集めて検証し、ランキングにしました。 本リリースでは、商品テストに基づく編集部おすすめのベストバイ製品の一部をご紹介します。

プロが本音でテストする家電購入ガイド『家電批評』とは・・・
出版社では珍しく、広告ページを入れないことにより、メーカーの意向に左右されず他誌には書けない家電製品の本音を伝える家電情報誌。 今年で創刊12周年を迎えた、日本で唯一の家電テスト専門誌です。専門家と編集部が使う人目線で商品を徹底 検証。読者のことだけを考えた「正直な評価」をお伝えする雑誌です。毎月3日発売 定価700円(税込)

8⽉号の特集はこちら
 

【総力特集】もう絶対もちぐされない iPad(iPhoneも!)最新活用術
最新iPad Proが登場し、買うかどうか悩んでいる人は多いでしょう。本特集では、そんな皆様に贈る、家電批評的「最新活用術」をご紹介。自分の生活スタイルに合わせたiPadの選び方やオプション品・アプリの選び方だけでなく、音楽や動画、撮影をもっと楽しむためのアイテムも掲載しています。“自分に合った”iPad(iPhoneも!)の使い方をぜひ見つけてください!

▼ほかにも▼
 

【第2特集】上半期ベストバイ家電33+α
2021年の上半期は昨年から続くおうちごもりの影響もあり、自宅を快適にするための買い物をした人が増えたようです。今年はいつも以上に「これ絶対買ってほしい!」と感動させてくれた“神アイテム”と呼ぶべき製品がたくさん揃っています。本特集ではそんな、感動を与えてくれた本当にいいアイテム=上半期ベストバイ製品を一挙ご紹介。ぜひ買い物の参考にしてください!

 

【小特集】通勤e-bike No.1決定戦2021
海外ではもはや、自転車のジャンルの一つとして定着している「e-bike」ですが、日本でもついに本格的な流行の兆しが! 今回は通勤にスポットをあてて、最新製品を10台集めてランキング化しました! 自宅から会社までの距離が遠くても、就業前に疲れ果ててしまう……なんてことなく軽快に通勤できますよ!

<ベストバイマーク(認証ロゴ)とは> 
 

 

このマークは、実際に行った“使う人目線”の厳しいテストの結果、編集部が“本当におすすめできる”と認めた製品にだけ付与するマークです。

受賞企業様の販促ツールにもご活用いただいております。
認証マークに関するお問い合わせは、本リリース最後に記載のマーケティング事業部まで。

▼編集部が“本当におすすめできる”8月号掲載の製品の一部を紹介▼

iPad最新活用術 ベストバイ受賞

ベストバイ【Bluetoothスピーカー部門】受賞
タンノイ LIVE MINI 
実勢価格:2万1505円
イギリスのスピーカーメーカーの名門タンノイが果 敢に 挑 戦したBluetooth スピーカーが「LIVE MINI」。2019年に発売され、型落ち感は否めませんが、実際に聴いてみるとパワフルな音で輪郭もくっきり。映画視聴も音楽鑑賞もイケる名機でした。

〈受賞の理由〉
■セリフ:15.0点/20点満点
パワフルで輪郭がくっきりして声も聞き取りやすいです。
■その他テスト
解像度:17.0点/20点満点、広がり:17.0点/20点満点、レンジ:17.0点/20点満点、重低音:15.0点/20点満点
Bluetoothスピーカー部門1位/10製品中

 

ベストバイ【タブレットスタンド部門】受賞
Twelve South HoverBar Duo for iPad
実勢価格:1万780円
堅牢性があり、重量があるiPad Proを装着しても安定感がありました。また本製品の特徴は、スタンドからアーム部分を外しポールなどにも吊り下げられること。設置場所を柔軟に変えることができます。

〈受賞の理由〉
■位置調整:◎
タブレットの位置を最も自由に調節でき、堅牢性が高く総合評価が高いです。
■その他テスト
安定性:○、着脱:○
タブレットスタンド部門1位/5製品中

 

ベストバイ【スタイラスペン部門】受賞
Ciscle CI-S06 
実勢価格:2899円
ペン先をつけた位置からズレなく線が引けるのはもちろんのこと、手のひらを画面につけて書いても誤動作しないのはメチャメチャ快適。傾き感知機能までついているのがすごい。

〈受賞の理由〉
■書き味:8点/10点満点
ペン先をつけた位置からほとんどズレることなく書き始められるので、ストレスがありません。小さな絵や文字を拡大せずに書けます。
■その他テスト
持ちやすさ:10点/10点満点、筆圧検知:なし、パームリジェクション:あり、磁石:あり
スタイラスペン部門1位/5製品中

 

ベストバイ【iPadキーボード部門】受賞
ロジクール COMBO TOUCH iPad Pro 11インチ用
実勢価格:2万2770円
無印iPad 用が先に出ていたCOMBOTOUCHに、iPad Pro 用が登場。12.9インチ用と11インチ用がそれぞれ用意されています。画面側とキーボード側を分できるのが最大の特長です。

〈受賞の理由〉
■接続:◎
画面部とキーボード部分もスマートコネクターでの接続で取り外しが簡単です。
■その他テスト
打ちやすさ:◎、重量:◎、外しやすさ:◎
iPadキーボード部門1位/5製品中

 

ベストバイ【USB-Cハブ ケーブルタイプ部門】受賞
VAVA VA-UC020
実勢価格:3999円
PD充電用とデータ転送のType-CとUSB-Aのほか、SDカードや3.5mmAUXなど8つのポートを搭載して拡張性は最強。それなのにスリムでコンパクトなので、バッグに入れても邪魔になりません。

〈受賞の理由〉
■ポート数:◎
ポートの充実度はピカイチ。小型で持ち運びやすく、つくりもしっかり。
■その他テスト
使用感:◎、コスパ:◎
USB-Cハブ ケーブルタイプ部門1位/5製品中

 

ベストバイ【ワイヤレスイヤホン部門】受賞
SONY WF-1000XM4 
実勢価格:3万1574円
音質が抜群で、モニターライクな自信さえうかがえる神機。ソニーの個性を感じる音場感ですが、とても気持ちよく聴けます。

〈受賞の理由〉
■高音域の質:17.75点/20点満点
自社開発のプロセッサーV1で高音質を実現。高音域でのノイズキャンセリング性能が向上しました。
■その他テスト
低音域の質:18.0点/20点満点、中音域の質:17.5点/20点満点、ダイナミクス:18.0点/20点満点、装着感:8.5点/10点満点、遮音性:9.0点/10点満点
ワイヤレスイヤホン部門1位/12製品中

通勤e-bike No.1決定戦2021 ベストバイ受賞

ベストバイ【通勤e-bike部門】受賞
ジャイアント FASTROAD E+
実勢価格:38万5000円
OADE+」です。
バッテリーをダウンチューブに内蔵したスマートなルックスですが、e-bikeのキモといえるモーターはパワフル。低速からしっかりアシストし、24km/hを超えるとアシストは止まりますが、モーターの抵抗もなく平坦路なら30km/h近い速度で走行していることも。

〈受賞の理由〉
■アシスト:15点/15点満点
ヤマハ製モ ーターをジ ャイアントが独自にセッティング。低速から力強くアシストしてくれます。24km/h以上でも抵抗はほとんど感じられません。
■その他テスト
走行性:15点/15点満点、パーツ:10点/10点満点、コスパ:7点/10点満点
通勤e-bike部門1位/10製品中

さらに詳しい比較テスト結果やベストバイに選出した理由は紙面(家電批評21年8月号)をチェック!

<MONOQLO&家電批評 YouTubeチャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCOwv4_Fmh-2GUID4Ekh5JYQ 

今後も『家電批評』発行日に合わせて「BEST BUY」受賞アイテムを発信していきます。 お楽しみに!
 

 

【媒体概要】
媒体名: 暮らしを変える本音の家電ガイド『家電批評』
発行日:毎月3日 
発行元:株式会社晋遊舎 (東京都千代田区神田神保町1-12)
晋遊舎公式サイト: https://www.shinyusha.co.jp/

 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

ティーピーリンクジャパン/「10年連続世界シェアNo.1プレゼントキャンペーン」7月2日(金)より開催!

 

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1シェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社(所在:港区西新橋/以下TP-Link )は、本日7月2日(金)より、「10年連続世界シェアNo.1プレゼントキャンペーン」を実施します。

TP-Linkは、1996年に設立されたネットワーク機器メーカーです。以来、私たちは世界中の人々にとってリーズナブルで高品質な製品の提供を目指し、開発から生産、販売までを行ってきました。15年目の2011年には、無線LAN機器プロバイダーとしてついに世界シェアNo.1を獲得。2020年第4四半期で10年連続No.1を達成し、今年の第1四半期にも引き続きトップに輝きました。*1
*1: 2021年第1四半期IDC調べ

今回は、日頃よりTP-Link製品をご愛用いただいているお客様への感謝とともに、より快適なWi-Fi環境を構築していただけるよう、「10年連続世界シェアNo.1プレゼントキャンペーン」を開催いたします。期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品をご購入いただいた方の中から、抽選で合計100名様にUCギフトカード10万円分などの豪華賞品をプレゼント。さらに、Twitter、Facebook、Instagramで「SNSキャンペーン」も同時開催いたしますので、是非奮ってご参加ください。

「10年連続世界シェアNo.1プレゼントキャンペーン」
<キャンペーン概要>
期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品をご購入いただいた方の中から、抽選で合計100名様にUCギフトカード10万円分やスマートホームセットなど豪華賞品をプレゼントいたします。

<応募受付期間>
2021年7月2日(金)~2021年9月30日(木)23:59

<賞品>

・UCギフトカード 10万円分 ・・・1名様
・スマートホームセットA(「Tapo C200」 (https://bit.ly/361gbpk) + 「Amazon Echo Show 5 (第2世代)」) ・・・5名様・スマートホームセットB(「Tapo L510E」 (https://bit.ly/3AfSt6w) + 「Tapo L530E」(https://bit.ly/3hlmnOg)) ・・・7名様
・TP-Link 20000mAh モバイルバッテリー ・・・87名様
※「Amazon Echo Show 5 (第2世代)」の色の指定は不可となります。

<対象店舗(オンラインショップ含む)>
エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機(ECカレント、キムラヤ、ツクモ、ベスト電器)、ヨドバシカメラ、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモールなど
上記店舗を含むTP-Link製品を扱う全店舗
※順不同・敬称略

<対象製品>
税込5,000円以上の全TP-Link製品
※ご購入いただいた対象製品数分の応募が可能となります。(下記<応募イメージ>参照)
※ポイント利用前の製品価格が税込5,000円以上で応募可能です。
※クーポン利用後の最終価格が税込5,000円未満の場合は対象外です。

<応募方法>
1. 税込5,000円以上のTP-Link製品を購入
※ご購入時のレシートやパッケージコードの写真が必要となりますので、必ず保管ください。

2. 応募フォームに必要事項を記入の上、応募
※応募フォームはこちら:https://req.qubo.jp/tplink/form/tplinkjapan20210702
※下記2点の画像やPDFデータ等を添付いただく必要がございます。
①購入履歴のわかるデータ
(購入店舗、型番、日付を確認できる購入レシートやオンラインショップの注文完了メール)
②パッケージコードを撮影したデータ
(ご購入製品のパッケージ底面もしくは側面にある、製品型番、シリアル番号の写真)
※写真を撮影する際は、購入履歴や製品情報部分がわかるように撮影をお願いします。

<応募イメージ>
例1. 税込5,000円以上の製品を2点購入した場合
「Archer AX73」(税込14,960円)と「RE605X」(税込9,460円)を購入
→2回応募可能(同時購入の場合も可)

例2. 税込5,000円以上の製品を2点購入し、クーポンを利用した場合
「Archer AX20」(税込8,800円)と「RE450」(税込5,940円)を購入し、5,000円のクーポンを利用
→1回応募可能(1製品のみにクーポンが適用されたものとみなします)

<抽選・当選発表・賞品発送について>
厳正なる抽選のうえ、当選者様には発送をもってお知らせいたします。
(賞品の発送はキャンペーン終了後の10月下旬予定)

同時開催!「SNSキャンペーン」
さらに「10年連続世界シェアNo.1プレゼントキャンペーン」を盛り上げるため、各SNSでも連動キャンぺーンを同時開催いたします。Twitterはその場で当選結果が分かる“インスタントウィンキャンペーン”を実施。FacebookとInstagramでは、ご応募いただいた方の中から、抽選でスマートホームセットをプレゼントします。

<応募期間>
2021年7月2日(金)~2021年7月31日(土)23:59

<賞品・応募方法>
Twitter
賞品:Amazonギフト券 500円分・・・合計100名様
応募方法:公式アカウント「@tplinkjapan」 (https://twitter.com/tplinkjapan)をフォロー&キャンペーン投稿をリツイート
抽選・当選発表:その場で当選結果が分かります。

Facebook
賞品:スマートホームセット(「Tapo P105 (1pack)」 (https://bit.ly/3hem1dv) + サーキュレーター)・・・6名様
応募方法:公式アカウント「@tplinkjapan」 (https://www.facebook.com/tplinkjapan/)をフォロー&キャンペーン投稿へコメント
抽選・当選発表:厳正なる抽選のうえ、当選者様にはDMからご連絡いたします。
※サーキュレーターはアイリスオーヤマ製、色の指定は不可となります。

Instagram
賞品:スマートホームセット(「Tapo P105 (1pack)」 (https://bit.ly/3hem1dv) + サーキュレーター)・・・6名様
応募方法:公式アカウント「@tplink_japan」 (https://www.instagram.com/tplink_japan/)をフォロー&キャンペーン投稿へいいね!
抽選・当選発表:厳正なる抽選のうえ、当選者様にはDMからご連絡いたします。
※サーキュレーターはアイリスオーヤマ製、色の指定は不可となります。

<賞品発送>
賞品の発送はキャンペーン終了後の8月中旬を予定しています。

「10年連続世界シェア No.1プレゼントキャンペーン」「SNS キャンペーン」注意事項
※賞品の内容、仕様は変更になる場合がございます。お客様都合によるご応募後の賞品交換・返品はお受けできませんので、予めご了承ください。
※キャンペーンへのご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。また、賞品のお届けは日本国内のみとさせていただきます。
※本キャンペーンは予告なしに内容変更・終了する場合がございます。
※架空、なりすまし等、不正があった場合、予告なしに応募・当選を無効とさせていただく場合がございます。
※抽選・当選に関わるお問い合わせは一切お受けいたしかねますので、ご了承ください。※当選者より頂戴した個人情報は製品発送の目的のみに使用いたします。

【世界No.1シェア!TP-Link 4つの強み】
1. 自社のみで完結できる製造ライン“品質にこだわった開発”

2. 業界トップのチップセット搭載

3. ユーザー目線での開発
製品開発においては、各国の現地スタッフの意見を重視して製品の製造及び製品ラインナップを決定することで、それぞれの国における市場ニーズと製品展開のズレを防いでいます。
各国の市場から汲み取ったニーズをそのまま製品へ反映させることができる点が、世界中で高い支持を得てきたTP-Linkの強みといえます。

4. 優れたデザイン性
TP-Linkの無線LANルーターはデザインにもこだわっています。
人目につかない場所に隠されがちなルーターですが、インテリアとしても置いていただける様なおしゃれなデザイン性も備えています。なかには、世界中の優れたデザインを選定するデザインアワード「iF DESIGN AWARD」を受賞した製品もあります。

【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で12億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、世界No.1プロバイダーです。また、2021年には10年連続で世界No.1無線LAN機器プロバイダーを獲得しました。*1 現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本等、世界44か所に現地法人を構えています。
*1: 2021年第1四半期IDC調べ

徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており*2、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
*2: TELEC、CE、FCC取得済み、RoHS指令対応

【会社概要】
社名:ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-LINK JAPAN INC.)
所在地:東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト:https://www.tp-link.com/

【本キャンペーンに関するお問い合わせ先】
ティーピーリンクジャパン マーケティング部
Mail:marketing.jp@newsletter.tp-link.com

【製品に関するお問い合わせ先】
固定電話:0120-095-156 (通話料無料)
携帯電話:0570-066-881 (有料ナビダイヤル)
※受付時間: 平日9:00~18:00、土日祝10:00〜18:00(年末年始を除く)

【メディア関係者お問い合わせ先】
ティーピーリンクジャパンPR事務局
担当:斉藤・長谷川
TEL:03-6804-2390
Mail:tp@zaax.co.jp

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

ネットギアジャパン合同会社/新世代WiFi 6のリーダーシップをさらに発揮。法人向けトライバンド ワイヤレスアクセスポイントの最上位機種を発売しました。

【米国リリース抄訳】この記事は、NETGEAR Inc.から発表されたプレスリリースの抄訳です。日本国内発売時期未定の製品も含まれています。

カリフォルニア州サンノゼ – 中小企業/家庭向けに革新的なネットワーク製品を提供し続けているNETGEAR®, Inc. (NASDAQ: NTGR)は、WiFi 6対応、法人向けInsight アプリ&クラウドアクセスポイント シリーズの最上位機種であるAX6000 Insightアプリ&クラウド トライバンドワイヤレスアクセスポイント(WAX630)を発表しました。WAX630 WiFi 6アクセスポイントは、既存のNETGEAR WiFi 5/WiFi 6アクセスポイントと相互運用可能なトライバンド、PoE++、メッシュ、クラウド管理対応のアクセスポイントです。

WAX630 は、学校、コミュニティカレッジ、中規模の工場、倉庫、中規模企業のオフィスなど、多数のユーザーに同時にWiFi接続を提供する必要があるオープンスペース環境に最適です。

新世代WiFi 6対応
新世代WiFi 6 (802.11ax) に対応しており、WiFi 5 (802.11ac) と比較して各接続デバイスに最大40%高速の※1 WiFi接続を提供します。WAX630は、既存のWiFi 5 (WAC510、WAC540) およびWiFi 6 (WAX610、WAX610Y: 日本未発売、WAX620: 日本未発売) 対応の他のInsightアプリ&クラウドアクセスポイントと相互運用できるため、最小限の投資でWiFiネットワークのパフォーマンスを最大化できます。

インスタントメッシュ
NETGEARのインスタントメッシュ※2に対応しており、他のインスタントメッシュ対応のアクセスポイントと接続してメッシュネットワークを構築できます。これによりLANケーブルを配線しなくても、アクセスポイントを電源に繋げて置くだけで簡単にWiFi環境を拡張できます。WAX630はギガビットイーサネットポートを1つと、PoE++対応2.5ギガビットイーサネットポートを1つ装備しています。

トライバンド
12ストリーム (各帯域で4 × 4)、3つの周波数帯すべてがWiFi 6に対応しており、合計で6Gbpsのデータスループットを提供します。3つの周波数帯は、ワイヤレスバックホール専用帯域を1つと子機接続用の帯域を2つ、または2.5ギガビット有線バックホールと子機接続用の帯域を3つ使用することもできます。 

Insightクラウド管理対応
NETGEAR Insight対応で、InsightアプリまたはWebブラウザーからWAX630やその他のデバイスを管理できます。これにより技術者が現地に行かなくても、ネットワークをリモートでセットアップ、監視、および保守できます。

セキュリティ
WPA3、VLAN、最大16のSSIDを備えた、堅牢なエンタープライズレベルのWiFiセキュリティを提供します。
 

※1WiFi 6はWiFi 5と比較して、スループットが40%優れています。
※2インスタントメッシュは現在WAC540、WAC564、WAX610、WAX610Y (日本未発売) でサポートされています。

 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

東日本電信電話/「YOKOSUKA e-Sports CUP(第2回)」オンライン開催の通信環境を提供します

 ICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた取り組み」

東日本電信電話株式会社神奈川事業部(執行役員 神奈川事業部長:中西裕信、以下「NTT東日本」)は、横須賀市が「Yokosuka e-Sports Project(※1)」の一環として、e-Sports文化の定着を目的にオンライン開催する「YOKOSUKA e-Sports CUP」の通信環境を2021年3月開催した前回大会同様に提供します。
なお、この取り組みは、横須賀市、NTT東日本、NTTe-Sportsが2020年10月21日に締結した『ICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた3者連携協定」(※2)』の具体的取り組みのひとつとなります。

※1:「Yokosuka e-Sports Project」への参画について ~高校等のeスポーツ部創設をICTで支援します~
https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20191204.html
※2:横須賀市、NTT東日本、NTTe-SportsとのICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた3者連携協定」の締結について ~観光活性化、生活利便性向上を推進する新たな街づくりを目指して~
https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20201021.html

1.YOKOSUKA e-Sports CUP概要

本大会は、横須賀市主催のe-Sports大会として、全国の高校生を対象に実施します。
タイトルは、大人気の「VALORANT(ヴァロラント)(※3)」です。
5名対5名のチーム戦で実施し、全国No1を目指します。
なお本大会は、予選・決勝トーナメントともにオンラインにより開催いたします。
詳細情報は、公式サイトに順次公開しますので、そちらをご覧ください。

(1)対象:全国の高校生
(2)開催日:予選:2021年10月16日(土)、決勝トーナメント:2021年11月3日(水・祝)
(3)申し込み期間:2021年7月9日(金)~9月20日(月・祝)
(4)公式サイト:https://www.cocoyoko.net/e-sports/yokosukae-sportscup.html
(5)オンライン配信 :横須賀市公式YouTubeチャンネル・Twitchにて配信予定
(6)主催:横須賀集客促進・魅力発信実行委員会(事務局:横須賀市観光課)
(7)運営:株式会社NTTe-Sports
(8)その他:
横須賀市内の高校や市職員への取材が可能です。
普段の活動や熱い想いを語られます。また、横須賀市長のコメントや取材希望の場合も対応可能です。
詳しくは、公式サイトをご覧ください。
取材を希望する場合は、以下の問い合わせ先(NTT東日本 神奈川事業部)までご連絡ください。

※3:「VALORANT」とは
『VALORANT(ヴァロラント)』は、5対5で対戦する競技性の高いタクティカルシューターです。高い精度が要求される銃撃戦と、「エージェント」(キャラクター)固有の特殊能力を組み合わせた、本格派の銃撃戦が特徴で、プレイヤーの戦略的選択や柔軟なアイデア、そして一瞬のひらめきから生まれるチャンスがチームを勝利に導きます。マップは競技シーンを見据えて設計されており、何千時間プレイしても常に新鮮な戦いを体験できるような工夫が凝らしてあります。2020年6月にリリースされた『VALORANT』は基本プレイ無料、世界中のより多くのプレイヤーが楽しめるよう幅広いスペックのPCに対応しています。ライアットゲームズでは、世界各地における最高クラスの専用ゲームサーバーとインフラの整備、独自開発のチート対策システムなど、タクティカルシューターの競技性を確保し、FPSジャンルにふさわしいゲーム体験を実現する体制の構築に全力で取り組んでいます。
VALORANT公式サイト: https://playvalorant.com/ja-jp/
VALORANT公式Twitter:ttps://twitter.com/VALORANTjp

2.NTT東日本の役割

(1)オンライン配信環境(通信ネットワーク等)の提供
(2)取材対応の協力

3.今後の予定

引き続き、『ICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた協定」(上記※2)』の具体的取り組みを進めていきます。今後の取り組みにご期待ください。

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

ブレインラボ/ブレインラボ株式会社「Curve2 ナビゲーションシステム」販売開始

ナビゲーションをコネクテッドデバイスに。

ブレインラボ株式会社(本社 東京都港区)は、次世代型脳神経外科手術用ナビゲーションシステム「Curve2 ナビゲーションシステム」の薬事認証を2021年6月17日に取得いたしました。
ブレインラボ社の多機能画像誘導手術プラットフォームCurveは、手術室とソフトウェアを統合したデジタルサージェリーを実現するコネクテッドデバイスとして進化しました。

弊社のナビゲーションシステムの主な特徴として、ナビゲーション単体での使用にとどまらない、術前から術後までのワークフロー改善を考慮した、他メーカー医療機器との連動性やデジタル化、拡張性があります。

【ブレインラボ社製ナビゲーションシステムの特長】*一部機種限定

  • 手術用顕微鏡とのIP接続による連動で拡張現実(AR)による重畳表示でナビゲーションをサポート

  • 外科用イメージ(CT/MR)や超音波画像診断装置とのIP接続による術中画像情報のシームレスな連携
  • 院内PACSやHIS、電子カルテ等システムへのデータアクセス
  • 手術計画用ソフトウェアBrainlab® Elementsとネットワーク経由で連携することにより、手術室内外でのシームレスなデータマネジメントと高度な治療計画に基づいた画像でナビゲーションをサポート
  • Mixed Reality ビューワーを使用することにより、複合現実(MR)で術前計画を確認
  • Cirq®ロボティックアームを追加することにより、ロボット支援手術をサポート
  • EMトラッキングアドオンシステムを追加することにより、光学式・磁場式両方での使用が可能

Curve2 ナビゲーションシステムでは、それらのデジタル化、コネクティビティを更に進化させました。

外部入出力系統を集約させたデジタルコネクションパネルを搭載、従来、顕微鏡とナビゲ―ジョン、外科用イメージとナビゲーション等を個別に接続していたものが、各デバイスポートにそれぞれ接続したままで、随時、用途に合わせた外部機器との連動が可能になりました。

32インチ大型4Kディスプレイで、顕微鏡や内視鏡等の高精細画像の入出力にも対応、
また、ネットワーク接続することにより、術前計画からレビュー、レポート出力、さらにはライブ配信をシームレスに行えます。

さらに構成品としてディスプレイカートを追加することにより、2つの画面をお好きなレイアウトでご使用頂けます。滅菌ドレープの上からでも操作が可能なタッチディスプレイで、清潔野でも操作が可能です。

「ドクター、スタッフの働き方と患者アウトカム両方に寄与するデバイスとして、手術室で活用頂ければと存じます。組織としても、施設様の医療情報セキュリティとDXの両立をサポートするサービスプロバイダーとして成長させてまいります。」(ナビゲーション/iORSビジネス部 部長 惠藤 信一郎)

ブレインラボは、ナビゲーションシステムを院内インフラストラクチャーへ組み込むことで、すでに訪れている医療現場のデジタル化・ネットワーク化に対応しており、また、今後加速が予測される医療ITをけん引すべく、日々進化し続けています。

 
【製品概要】

一般的名称:脳神経外科手術用ナビゲーションユニット
販売名:Curve2 ナビゲーションシステム
医療機器認証番号:303AABZX00038000
一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名:Elementsサージカルアドバンス
医療機器認証番号:227AABZX00098000

【脳神経外科用ナビゲーションシステムについて】
脳神経外科用ナビゲーションシステムは、手術中の位置情報をミリ単位の精度で3D表示する手術支援コンピューターシステムで、主要な医療機関において、脳神経外科、脊椎外科、耳鼻咽喉科領域で安全な手術を行うための医療機器として導入されており、ブレインラボ社は1995年より製造・販売を開始いたしました。

【ブレインラボについて】
ドイツ ミュンヘンに本社を置くブレンラボは、ソフトウェアの技術や知識を駆使し、より先端的で非侵襲的な治療を目指した製品の開発に取り組んでいます。

多情報ガイド下の手術ナビゲーションシステム、放射線手術、高精度放射線治療、ORのデジタルインテグレーション、XR技術、知識や情報をビッグデータとして蓄積し活用する基盤の構成を製品開発の重点要件としています。

1989年にドイツ ミュンヘンで株式非公開企業として設立されて以来、ブレインラボのシステムは、世界116か国で約13,300台が使用されています。世界20拠点に1,500名の従業員がおり、そのうちの320名が製品開発チームの重要部分を担う研究開発エンジニアです。

ソフトウェアを軸とした医療のITをけん引するエンジニア集団企業として、常に最新バージョンのソフトウェアをご利用いただけるよう、”サブスクリプション契約”を導入しております。

また、サポート体制として、ブレインラボ・コネクテッド・ケアを販売しており、ご契約頂いお客様には、リモートでの技術支援、臨床支援、ソフトウェアインストール、アップグレードを提供しています。

なお、リモートでのサービスを提供するにあたり、ISO2700/ISMS(情報セキュリティマネジメント)システムを取得、サポートエンジニアには社内認定制度にてトレーニングを徹底する等、近年意識が高まりつつある情報セキュリティにおいても、万全な対策を取っています。

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

東日本電信電話/川崎エリアでのテレワーク・オンライン会議等に関する導入相談を実施します

川崎商工会議所の主要コロナ禍経営相談強化事業

川崎商工会議所(会頭 草壁 悟朗)と東日本電信電話株式会社 川崎支店(川崎支店長 立野 恭伸、以下「NTT東日本 川崎支店」)は、川崎市内の中堅・中小企業及び小規模事業者の向けに、テレワークやオンライン会議等の導入に関するサポート支援を実施いたします。
当該取り組みは、川崎商工会議所の令和3年度主要事業計画における新規事業となります。

1.背景と目的

川崎市内の中小企業における景況感は、2期連続(令和2年7-9月期、10-12月期)で改善となるも、業況DI(業況判断指数)は△37.6となり、7業種すべてが依然厳しい状況にあります。(※1)
川崎商工会議所では、令和2年1月から新型コロナウイルスに関する特別相談窓口を設置し、中小企業・小規模事業者からの相談を随時受付け、各機関・関係省庁が主導する各種企業支援施策をご案内し、相談対応を行ってきました。(※2)
令和3年度も中小企業の売り上げ回復につながる販路開拓や拡大の支援をより一層強化しております。

そのような中、中小企業・小規模事業者では、情報システム系人材の不足や、導入コストなどの障壁により在宅勤務環境整備が遅れており、コロナ禍における経営基盤強化・業務運営方法の見直しが課題になっております。

こうした背景を踏まえ、川崎商工会議所とNTT東日本 川崎支店は、川崎市内の事業者が個別にテレワークやオンライン会議等導入のご相談いただける窓口を開設することといたしました。また、オンライン受講可能なICT利活用セミナーの開催も行います。

※1:川崎信用金庫 中小企業動向調査(令和2年12月)
https://www.kawashin.co.jp/local/pdf/20201012doukoutyousa.pdf
※2:国の融資制度の特別貸し付け推薦は、令和2年4-12月に255件(前年比75件増)

2.両者の役割

 

川崎
商工会議所
  • 商工会議所会員企業等へのテレワーク・オンライン会議等の導入に関する相談窓口および相談の受付
  • 商工会議所会員企業等と連携した、テレワーク・オンライン会議等の導入促進活動(広報・オンラインセミナーの開催)
NTT東日本川崎支店
  • 各企業のIT環境を踏まえた、テレワーク導入や通信環境全般のお困りごと解決に向けた個別コンサルティング
  • テレワークやオンライン会議等の導入に関するサービスのご提供
  • 自社サービス・設備を活用したセミナーコンテンツのオンライン配信サポート

<連携イメージ>
 

3.個別相談の流れ

(1)相談窓口にお問い合わせ
川崎商工会議所 中小企業振興部
TEL :044-211-4114(平日9:00-17:00)  mail : sodan@kawasaki-cci.or.jp

(2)お問い合わせ情報を内容確認の上、川崎商工会議所よりNTT東日本川崎支店に提供

(3)NTT東日本川崎支店より電話・メール等でコンサルティングを実施

4.ICT利活用セミナーの概要

(1)セミナーテーマ:
非対面型ビジネスモデルへの転換 ~IT化による事業再構築は難しいか?~

(2)時期:令和3年7月15日(木)15:00~16:00

(3)参加方法:会場参加(※) 、またはオンライン参加(ZOOM)
※新型コロナウイルス感染症対策として、講師は別会場より配信し、ライブ配信の視聴となります

(4)参加費・定員:無料(会場:定員30名 オンライン:定員100名)

(5)講師:NTT東日本 神奈川事業部企画部長 シニアコンサルタント 川嶋克之

(6)講演内容;
・非対面型ビジネスモデルとは?
・身近な情報技術の活用による『非対面型ビジネスモデル』のご紹介
・活用できる補助金のご紹介
※セミナー終了後に、希望者向けに個別相談会(会場・オンライン参加)を開催予定
※会場には、セキュリティ対策機器やクラウド等のデモを体験できるスペースも準備予定

(7)申込み方法等:
別紙の参加申込内容を川崎商工会議所宛に送付
FAX :044-211-4118  mail : sodan@kawasaki-cci.or.jp
 

 

 

注目記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」