homeへ
お問い合わせサイトマップ
会社案内
事業内容
営業品目
製作工程
設備案内
採用情報
所在地
     
営業品目
 
営業品目_説明


取り扱い品目

自動車、トラック、オートバイ用エンジン部品製造
シリンダヘッド(直3〜6)、(V6〜12)
シリンダブロック(直3〜6)、(V6〜12)
変速機関連(FF/FRオートマチックミッションケース他)製造
クランクシャフト、カムシャフト、エキゾーストマニフォールド、インテークマニフォールド製造
航空機部品製造
医療用機械設計製造
産業機械設計製造

 

営業品目_説明

シリンダヘッドとは

シリンダーに上から蓋をするようになる部分をヘッドシリンダといいます。この部分には
圧縮された混合気を爆発させる燃焼室、吸排気用のバルブ、冷却用の
ウォータジャケット穴、バルブを動かすカムシャフトの収納スペース、混合気が通る
吸気孔(インテークマニホールド)、排気が通る排気孔(エギゾーストマニホールド)
などが収められており、それぞれの配置や形状によりエンジン性能は大きく左右されます。
素材は、主にアルミ合金で作られております。
シリンダーヘッドは複雑かつ重要な部品であり、その加工には高い精度が求められます。

 

シリンダブロックとは

シリンダーを持つエンジンの本体となる部分です。このため全てのエンジン部品は
このブロックに組み付けられます。
エンジンは、混合気の爆発やシリンダーの往復運動による摩擦で大量の発熱を
起こします。この熱を発散するためシリンダブロックには、ウォータージャケットと
呼ばれる冷却水の通り道が用意されています。
また、シリンダブロックには潤滑用のオイルの通り道も配置されています。
素材は、主に鋳鉄またはアルミ合金で作られております。
シリンダーブロックの加工の中でも特にシリンダー部分の加工には高い精度が求められます。