homeへ
お問い合わせサイトマップ
会社案内
企業理念
機密保守
沿革
事業内容
設備案内
採用情報
所在地
   
沿革
 
沿革_説明


昭和20年 (1945年)
「照芳木型」を設立し、浜松市八幡町にて創業。
昭和28年 (1953年)
「株式会社友照工業」(以下「友照工業」)に改組。
日本楽器(現在のヤマハ)専属指定工場となる。
昭和30年 (1955年)
浜松市助信町に事務所、工場を新設。
昭和33年 (1958年)
浜松市高林町に工場を新設。
昭和37年 (1962年)
浜松市高林町に事務所を移転。
昭和41年 (1966年)
「株式会社照芳工業」(以下「照芳工業」)を浜松市高林町に設立。
刃具研磨 部門と鋳造木型部門を設置。
昭和41年 (1966年)
小笠郡大須賀町に新工場を建設。大須賀工場を拡張。
昭和42年 (1967年)
「照芳工業」に木工機械開発部門を設置。
昭和42年 (1967年)
大須賀工場をさらに拡張し、「株式会社新友照工業」(以下「新友照工業」)を設立。
昭和43年 (1968年)
「新友照工業」に第4工場を拡張。
昭和43年 (1968年)
「照芳工業」で「糊付機」、「軸傾斜鋸盤」の1号機を完成。
昭和47年 (1972年)
「照芳工業」で「軸傾斜鋸盤」「軸傾斜横切盤」を生産開始。
昭和48年 (1973年)
「照芳工業」でNC木工機械を開発。
昭和49年 (1974年)
「照芳工業」で木工用ボール盤の生産開始。
昭和51年 (1976年)
「照芳工業」でNC横Vカット機を開発。
昭和51年 (1976年)

「照芳工業」でキャビネット製造ラインを開発。また、各種木工機械の
設計製造に着手。

昭和53年 (1978年)
「照芳工業」に部品加工部門を設置。
昭和55年 (1980年)
「照芳工業」の部品加工部門を増強、新工場に移転。
昭和56年 (1981年)
「照芳工業」にM/C(三井精機製)を増強。
昭和57年 (1982年)
「照芳工業」の資本金を8,320万円に増資。社屋などを改築。
昭和59年 (1984年)
「友照工業」高林工場を「照芳工業」に移管。三次元測定器を導入。
昭和61年 (1986年)
木工部門を「友照工業」より「新友照工業」へ移管。
昭和62年 (1987年)
「照芳工業」の製造部門を「友照工業」へ移管。
平成元年 (1989年)
防衛庁指定工場となる。
平成元年 (1989年)
テクノランド細江に新社屋を落成。「友照工業」を移転。
平成 5年 (1993年)
医療用機器の開発に着手。三次元サーフェースモデラー(CAD/CAM)を
導入。
平成 6年 (1994年)
医療用チューブ洗浄機を開発。
平成 8年 (1996年)
注射針取り外し装置を開発。
平成 9年 (1997年)
静岡県静岡技術センターの委託で、医療器具予備洗浄装置を開発。
平成 9年 (1997年)
三次元ソリッドモデラー(CAD)を導入。
平成19年 (2007年)
浜松市北区細江町中川に第2工場竣工。稼動開始。