amenomiya

天宮神社

あめのみやじんじゃ
欽明天皇の時に創建され、慶雲2年(705年)に舞楽が伝わったとされるたいへん古い神社です。
田心(たごころ)姫命、湍津(おきつ)姫命、市杵島(いちきしま)姫命を祭神としています。 祭りは毎年4月の第1土曜日、日曜日に行なわれ、国重要無形文化財の十二段舞楽が奉納されます。

地図

[森町トップページへ戻る]
[大洞院] [蓮華寺] [小国神社] [天宮神社] [山名神社] [極楽寺] [香勝寺]

十二段舞楽「二の舞」
bugaku
一番 延舞(えんぶ) 七番 安摩(あま)
二番 色香(しきこう) 八番 二の舞(にのまい)
三番 庭胡蝶(ていこちょう) 九番 陵王(りょうおう)
四番 鳥名(ちょうな) 十番 抜頭(ばっとう)
五番 太平楽(たいへいらく) 十一番 納曽利(なそり)
六番 新靺鞨(しんまか) 十二番 獅子(しし)