養殖記

目次


2004年度

自分を騙しちゃいけないよ(2004.04.24)
「有機」を考える(2004.05.13)


2003年度

クルマエビ養殖試験の開始(2003.03.14)
まずは1ヶ月を乗り越える(2003.04.18)
クルマエビ養殖試験終了(2003.07.29)
新サイトへ移動(2003.08.30)
まずは1ヶ月(2003.10.03)
英州から撤退(2003.12.10)
2002年度

まずは中国・広東省湛江へ(2002.04.17)
久々の台湾訪問(2002.04.18)
EMとの出会い(2002.04.19)
なぜかクアラルンプール(2002.08.26)
中国海南島と広東省番禺でのエビ養殖現場復帰(2002.10.27)
三亜(サンヤ)での養殖試験の経過(2002.12.15)
取り上げ(2003.02.06)
池干し後の底の状態(2003.02.06)
2001年度

一歩後退、そして何歩前進できるだろうか(2001.05.30)
湛江と海南島の見学(2001.06.30)
久々の中国訪問(2001.0808)
大連・青島の訪問(2001.10.27)
南美白対蝦と長毛対蝦(2001.11.13)

2000年度

今年は中国で始まりだあ(2000.03.30)
なんやかやの3週間(2000.04.25)
アゲマキ稚貝の池入れ(2000.05.19)
今年もウイルスに完敗、しかし……(2000.09.30)
タイショウエビ(P. chinensis)とアカオエビ(P. penicillatus)(2000.10.16)
とりあげ(2000.11.30)
アゲマキの取り上げ(2000.02.09)


1999年度

今年も始まりだあ(1999.03.25)
養殖用のクルマエビ類は輸入できない(1999.04.14)
池入れ1999(1999.05.24)
順調な一ヵ月(1999.06.24)
恐怖の大王「PAV」が発病してしまった(1999.08.05)
奮闘努力のかいもなく(1999.09.01)
PCRの見学(1999.09.11)
中国東北部のエビ養殖地域の見学(1999.11.10)
それから(2000.01.21)


1998年度

池整備の始まり(1998.03.12)
池入れ1998(1998.05.19)
出だしの1ケ月(1998.06.19)
未知との遭遇(降り続く大雨に泣く)(1998.11.06)


1997年度

もうすぐ春ですねえ(1997.03.05)
築地市場の訪問記(1997.04.11)
池準備(1997.04.03-05.23)
池入れ1997(1997.05.28)
何はともあれ1カ月(1997.06.05-06.29)
あっという間の3カ月(1997.07.15-08.03)
酸欠始末記(1997.08.30)
駆け足の秋(1997.10.07-22)
「池干し」始まる(1997.12.07)
終わり、始まる(1998.01.21)


1996年度

稚エビの池入れ(1996.06.11)
1ケ月経った稚エビ(1996.07.10)
黄金色のクルマエビ(1996.07.17)
釣餌としてのクルマエビ(1996.08.05)
築地市場への出荷始まる(1996.08.24)
水温との闘い(1996.08.31)
今は、もう秋(1996.09.07)
冬が来た(1996.11.09)
池干し(1997.01.07)
寒波襲来とクルマエビの越冬(1997.01.24)


ホームページへもどる