27. Penaeus subtilis Perez-Farfante, 1967

●和名:なし

●商品名:Southern Brown Shrimp、Camaron Cafe Sureno

●現地名
 アメリカ:
Brown Shrimp、Dark Shrimp、Brownies Shrimp、Red Shrimp、Golden Shrimp、
 ベネズエラ:
Camaron Marron、Langostino Amarillo
 ニカラグア:Camaron Cafe
 ガイアナ:Southern Brown Shrimp、Brown Shrimp、Short Feelered Prawn
 ブラジル:Camarao Lixo、Camarao Blanco、Camarao Vermelho、Brazilian Pink Shrimp

●分布:キューバ、ニカラグア、ホンジュラス、カリブ海側コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ、ブラジル
 カリブ海(キューバからアンチル全域)
 中米カリブ海側ホンジュラスから南米北岸を経てブラジルのリオデジャネイロまでの全域。

 体長20cm。体色は地味である。額角は長く、上縁に6〜10歯(8歯が多い)、下縁に1〜2歯(2歯が多い)がある。下縁の歯の位置は上縁の最後の歯の前後で、一定しない。額角は全体として盛り上がり、第2、3歯あたりがもっとも高い。正中隆起は強く、前半部がやや太い。頭胸甲の後縁近くまで達し、弱い正中溝がある。額角側溝は長いが、後半部が急に細くなっているのが普通で、後端がやや側方を向いていることがある。
 カリブ海沿岸各地からブラジル南部まで分布し、水深1〜190mの砂泥底に生息する。
 混同しやすいサザーンピンクシュリンプとは額角側溝が明らかに異なる。メキシコ湾からアメリカ東岸にはごく近縁のノーザーンブラウンシュリンプ P. aztecus が分布している。(「海洋水産資源開発センター」のホームページより)

 カリブ海、中南米大西洋岸に分布する。メキシコ湾には分布しない。ブラウン系のエビで、ギアナ、ブラジルが主産地である。(酒向昇「えび 知識とノウハウ」)


関連サイト

●「海洋水産資源開発センター」のホームページの中の「図鑑、スリナム・ギアナ沖の甲殻類、クルマエビ科」のなかの「サザーンブラウンシュリンプ」:写真、日文・英文解説があります。

  


クルマエビ類28種の一覧表にもどる
ホームページへもどる