ガンダム系モデル(SEED関連)
画像をクリックすると新しいウインドウで設計図がでます。
設計図の見方はの数字が+、 の数字は−方向に折り曲げます。
完成画像 エールSG(B)
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりエールストライクガンダムです。

 ここのところあきらさんという方の人型飛行モデルに
 打ちのめされていたので、逆にぎゃふんと言わせるべく
 作ったモデルです(爆)
 ぎゃふんと言わせるために人型飛行を入れるのは
 当然として得意技である歩行をいれてみました。

 形的には飛行させるため妥協省略しまくり。相変わらずです(ぉ
 特に肩はホントはパネルの面の部分を前にしたかったです。
 あと腰周りはマジスカスカ。我ながらようここまでやったわ(^^;

 肝心の飛行性能ですが形が形だけにしんどいです。
 特に離陸に関してはコツが要ります。
 ○を押したらすぐR2と上をおして機体を前に傾けてください。
 そのあと前に30°くらい傾いたらR2を離してください。
 R2離すまでの時間は結構短めです。
 また○とR2の同時押しは多分何回やっても失敗します。
 しかし他人のモデルを離陸しにくいと指摘したくせに
 自分のモデルも離陸しにくいとはダメダメですね(核爆)

 スピードもあまりでないです。だいたい190kpm/hぐらいが
 限界だと思います。普段は150〜160kpm/hくらいです。
 この点あきらさんが作ったエールストライクは
 270kpm/hとかでてて羨ましかったり(笑)

 カラーリングは全体色がしろ、胸部があお、翼や盾があか
 ビームライフルやバックパックがグレーです。

 05 2/28 歩行のジョイント設定を変更。
 バックパックのグレーをダークグレーに変更。
(05 2/28)
完成画像 ソードSG(B)
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりソードストライクガンダムです。
 エールストライクを作ったので当然の流れですね(笑)

 形的にはエールストライクから色々削ったり追加するだけで
 いいのでそこそこ楽だったんですが重量バランスがモデルの
 前後左右で全然違うので特に歩行で大苦戦しました。

 まず一番大きかったのが右手のデカイ剣。これがまぁバランスを
 乱すこと乱すこと。手に持たせずに右背面に設置するという手も
 あったんですがそうすると歩行ぐらいしかアクションが
 なくなるのでそれではつまらんということで手につけたのが
 苦労の始まり。剣の長さについては個人的にはもう1パネル分
 長くしたかったんですが歩行を考えるとこの辺が限度です。

 次に大きかったのは左手全体。色々と再現していったら
 重くなっちゃいました(^^;
 肩の部分のビームブーメラン(マイダスメッサー)に
 関してはこのように表現しましたけど一枚の板のような
 表現をするという手もありだと思います。

 さてここまで言えばわかると思いますが歩行の安定度は悪いです(爆)
 なんつーかバランスの悪さが致命的ですね。
 ついでに画像右側の×ボタンでの構えもよくコケます(核爆)
 コケたらそのつどセレクト押して立たせてくださいまし。

 カラーリングは全体色がしろ、胸部があお、足元があか
 バックパックがグレー、左手や刀身がスカイブルーです。
(04 5/29)
完成画像 ランチャーSG(B)
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりランチャーストライクガンダムです。
 エール、ソードときたので当然ランチャーストライクもです。

 ソードと同じく左右の形が結構違うんですが歩行は
 ソードほど苦労せずかつ安定してますです。
 銃身が長くて重い超高速インパルス砲アグニを普段は
 手に持たせず左背面に置いてるせいです。多分(ぉ

 アグニとストライク本体を繋いでるジョイントの塊部分は
 当初は画像を見てもさっぱりで悔しいから安いプラモでも
 買ってきて参考にしようかと思ったんですがそれも
 悔しいので結構適当に仕上げたり(爆)
 まぁそこそこ雰囲気出てるからこれで良しにしてください。

 カラーリングは全体色がしろ、胸部があお、足元があか
 バックパックがグレー、右肩装甲やアグニがみどりです。
(04 5/29)
完成画像 GAT-X303
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりイージスガンダムです。

 この複雑怪奇な変形機構をもつイージスガンダム。
 以前から何回かチャレンジしたんですがその度に挫折。
 再現は半ば不可能だと思ってました。
 しかしANFさんという方のチャットでの発言で再びやる気に。
 パネキチさんのアドバイスもあって完成させることができました。
 あとプラモデルをみせてくれた友人にも感謝。これがなければ
 どういう変形をしているか理解できなかったです。
 初めてこいつの絵をみてから約2年。長かったです(^^;

 左から2番目のこの爪が開いた状態がデフォルトです。
 この形態で一応飛行できます。
 ただし空飛ぶには要セレクトボタン+↓ボタン。
 60°くらい傾けてから飛行させてください。

 左から3つ目が巡航形態。
 しかし巡航形態とは名ばかりで地表効果範囲内
 (地面から高さ約5pmまでの範囲)でしか飛べません(泣)
 散々弄ってみたんですがこの形を維持したままでは
 どうあがいても普通に飛行できませんでした。無念。
 デフォルトで飛行しててそれから移行するならともかく
 最初からこの形態で飛ぶにも要セレクトボタン+↓ボタン。
 70°くらい傾けてから飛行させてください。

 最後にMS形態。SD調になってしまったのは勘弁です。
 歩幅が短いのでなんですか一応歩行可能です。

 カラーリングは全体があか、爪の部分がライトグレー、
 尾翼がしろ、シューターと重なる部分がくろです。
 
(04 7/15)
完成画像 バクゥもどき
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDより獣型モビルスーツ バクゥです。
 二足モノにちょっと飽きたのでそれ以外のモノということで
 4足歩行モノです。それにしても4足は久しぶりです。

 とりあえず例によって例のごとくパネル足りないです。
 以前から何回かバクゥチャレンジしてきたんですが
 その度にパネル足りなくて挫折してきて今回ようやく
 なんとか形になったというところです。

 一応バクゥの特徴である犬の伏せみたいな姿勢とらせて
 タイヤ走行できるんですが元ネタの方はキャタピラ走行
 なんでタイヤ4つだと違和感がでまくり(^^;
 タイヤをもう4つ増やして8輪にすればキャタピラっぽく
 見えるんですがそのためにはタイヤを含めてあと
 10パーツは欲しいです。

 歩行は○ボタンをタイミングよく連打です。
 さて久しぶりに4足歩行やってみたんですが
 ジョイント設定えらいめんどくさかったです。
 製作中4足ってこんなめんどくさかったかなぁと
 頭抱えたり。簡単な4足歩行モデル作ってジョイントの
 設定の見直しみたいなことまでやっちゃいました。

 ちなみに用語の方では4足は前足で地面を引っ掻くような
 感じがいいと書いたのですが今回はあきらかに後ろ足で
 地面を蹴る感じになっています。
 4足歩行モデルは2足歩行モデルに比べて作例少ないから
 まだまだ研究の余地があるというところですね。

 カラーリングは全体があいいろ、頭部には がら いれて下さい。
 翼のエンジンポッドはきいろ、砲塔基部がダークシアンです。
(04 6/2)
完成画像 ラゴゥもどき
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDより獣型モビルスーツ ラゴゥです。
 見てわかるとおりバクゥからの改造品です。
 多少形変ってますが歩行のジョイント設定はバクゥと
 全く同じですので改造は楽だと思います。

 細かな変更点は頭部の形状の変更。翼のエンジンポッドを
 削ってタイヤを4輪から8輪にした程度です。

 カラーリングは全体がオレンジレッド、顔は がら模様、
 肩がレモンで背中の武装がグレーです。
(04 6/2)
完成画像 GAT-X131
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりカラミティです。

 フォビドゥンができたさいにこれもできるんじゃないかなぁと
 思って作ってしまったものです。
 再現度は結構いい線いってると思いますがさすがに
 盾に2門のシューターは仕込めませんでした。

 当初はフォビドゥンと同じく可動置物にする予定だったんですが
 試しにジョイントに歩行の設定いれたら不安定ながらも
 歩くことができたんでそのまま採用しました。

 これもカラーリングで戸惑いました。最終的に基本色をあおに
 したんですが、ぐんじょう色にしてもよかったかも

 ←ボタンですがR2L2のかまえからデフォルトにもどした
 さいに前に倒れることがあるのでこの←ボタンの操作で
 倒れないように調節してください。

 あとスペックに入れ忘れましたが、↑↓ボタンで背中の
 キャノン砲を上下に動かすことができます。
 □のALLは右手のバズーカ、背中のキャノン砲2門
 胸部ビーム砲の一斉射撃です。

 03 12/12 形を含めて盾近辺を少し変更。
(03 12/12)
完成画像 GAT-X252
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりフォビドゥンです。

 ちょっと実験したいことががあってモデルの題材そのものは
 なんでもよかったのですが、パネキの神様が降臨して(爆)
 これを作りなさいということなのでそれに従いました(マテ)

 形の再現とバックパックの可動が精一杯。バックパックに
 ついているシールドの可動とかは再現できませんでした。

 左右の足の接続角度等が違ってる部分がありますが
 それは右手に鎌持ってて重いためにそうしてあります。

 カラーリングで結構とまどい。結局基本色がスカイブルー。
 胸部やバックパックはみどりに落ち着きました。
(03 12/2)
完成画像 GAT-X370_2
コメント
 レイダーは以前にも作ったのですが今回フォビドゥンや
 カラミティにあわせてリニューアルしてみました。

 フォビドゥンやカラミティにあわせて飛行変型なし、
 人型のみの再現度を重視したものを作ろうかと
 思っていたんですが、やっぱり一回変型して飛行
 させてるので今回もその線でいくことにしました。

 とりあえず前作で不満だった点をいくつか解消。
 人型時でもコアは水平。肩部装甲が上に向かって斜めに
 なってる構造。爪先部分が開いている足の構造ナドナド
 苦労はしましたがそれなりに仕上がったと思ってます。
 が、やっぱり爪の再現にはパーツが足りなかったです(泣)

 あと飛行のさいに抵抗になるパーツが増えてしまって
 飛行スピードは遅いです。

 人型形態ですが爪先からかかとまでの長さが短いため
 地上で立たせたさいにコケることがままあります。
 まぁ爪先側が開いてるせいもあるんですけどね(^^;

 03 12/12 いろいろと気に喰わなかった部分を改修。
 飛行→人型→着陸ができるようにホバー機能追加。
(03 12/12)
完成画像 ZGMF−X10A
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりフリーダムガンダムです。
 BBSにて話題があったので作ってみました。

 情報量の多さから作る前から無茶なのはわかりきってたんですが
 作ってみたらやっぱり無茶でした(^^;
 BBSにも書いたとおりおおまかな形作るだけで精一杯。
 背中の翼部分に独立して可動する砲身や小さい翼を仕込められないし
 腰の折りたたみ式の砲身も再現不可。ホバリング用のジェットなんて
 一基も確保できませんでした(T0T)

 試しに作ってみたものだからアクションはほとんどなし。
 それでも歩行がついてるのは私のささやかなこだわりです(笑)
(03 8/6)
完成画像 SD フリーダム
コメント
 前作「ZGMF−X10A」をSD風にしたものです。
 ホバリング用のジェットを確保したりシューターを5つ使った
 武装展開モードを再現するためにSD化しました。

 さてSD化したもののはっきりいってまだパーツ足りないです。
 正直あと最低5パーツ分欲しいし、ジョイントが
 あと1個使えたらなぁとか思ってます。
 でもこの辺までできればまぁいいかなとは思ってます。

 それにしても背中の翼とそこについてるビーム砲でえらく
 ジョイントを消費しました。片方だけで7つも使っています。
 ジョイント、モーターは合わせて31個しか使えないのに
 背中だけで約半分。きっついです。

 ×or○のホバリングですが×の方は背中の翼だけ展開して
 ホバリングします。○の方は画像右側のように背中の翼と
 武器を展開しながらホバリングします。

 □の武装展開は背中の翼がほぼ初期位置のままで武装だけを
 展開します。○の時と□の時では翼のビーム砲の位置が
 若干違うのは勘弁してくださいませ(^^;
(03 8/9)
完成画像 SD ジャスティス
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDよりジャスティスガンダムです。
 見てわかるとおり「SD フリーダム」を改造したものです。

 今回も全然パーツ足りません。よって変なとこにホバー用の
 ジェットついてますが見逃してください(^^;

 ×or○のホバリングですが×の方は背中の翼だけ展開して
 ホバリングします。○の方は画像右側のように背中のリフター
 本体を持ち上げてホバリングします。

 ○ボタンのホバリングですが浮上直後は後ろに倒れやすいので
 ○ボタンをおしたらすぐ↑を押してバランスをとって下さい。

 カラーリングは基本色がむらさき、濃い部分はダークパープル
 肩や垂直尾翼などはライトグレーです。
(03 8/13)
完成画像 MBF-P03
コメント
 機動戦士ガンダムSEEDの外伝 ガンダムSEED ASYRAYより
 ガンダム アストレイ ブルーフレームです。

 ちょっとマニアックなチョイスですがこれを選んだ理由は
 前作「SD GP-01」の腰周りの構造が流用できると思ったからです。

 今回ガンダム系モデルで初めてガンダムの象徴ともいえる
 Vアンテナを再現してみたり。
 でもVアンテナだけでZジョイントを6本も消費しているのは
 痛いです。ギミック重視のやつじゃまずこんなところで6個も
 ジョイント使えないです。

 頭の青色のパネルですが解釈としては白の方が正しいのですが
 Vアンテナが青いためこちらの方が雰囲気がでると思ってます。

 ちなみにアストレイはあとレッドフレームとゴールドフレームが
 ありますがそれらへ改造はこのモデルの青の部分を赤もしくは
 黄色に変えるだけでOKです(笑)

 レッドフレームに改造するさいは銃と盾を削って右手に
 Zジョイント4つ使って刀(ガーベラ・ストレート)を。
 左腰にYジョイントと残りのパネルを使って
 鞘をつけたほうがいいと思います。
(03 12/12)
完成画像 MBF-P02
コメント
 機動戦士ガンダムSEED外伝。ガンダムSEED ASTRAYより
 ガンダム アストレイ レッドフレームです。
 ちなみにTOP画像がなくて寂しいので
 急遽出番が回ってきたものです(笑)

 モデルとしてはちょっと前に作ったブルーフレームを小改造して
 作ったものです。ブルーフレームでは銃と盾つけてますが
 今回はそれらを削って刀と鞘つけてます、
 そのおかげで少々バランス変ったので歩行のさいの
 ジョイントの設定が若干変ってます。

 あと画像右側の正眼の構え?をさせるために見た目は
 ほぼ同じですが肩の組み方を変えています。
 ブルーでは肩部装甲内のXジョイントを機体外側の方から
 つけてますが今回のレッドでは機体内側の方からつけています。

 刀のとこの黄色い部分は鍔のつもりです。ホントはZジョイント
 使いたかったけどVアンテナに喰われてもう使えないです(泣)
(03 12/16)

TOPへ 先頭へ