その他2(元ネタあり)
画像をクリックすると新しいウインドウで設計図がでます。
設計図の見方はの数字が+、 の数字は−方向に折り曲げます。
完成画像 タイガーモス号(B)
コメント
 掲示板に話題があって√さんという方がホバーするものを
 作ってくださって設計図を公開してくださったんです。
 そしてそれを見て作ったものに私が少々改造を施したんですが
 ホバーモデルのままでした。しかしどうもそれだけでは
 もの足りなくて結局飛行するものを作ってしまいました。
 それがこのモデルです。

 モデルとしてはただ回るだけのなんちゃってプロペラ装備。
 ジェットを使って無理矢理飛行してます。
 離陸するためにはあらかじめセレクトボタン押してモデルを
 少し上に傾けてから×を押してください。

 あと一応雲のあるところまで上昇できます。
 上の取り込み画像がその証拠なんですが
 証拠としてはちょっと弱いです(^^;
(03 8/26)
完成画像 MR−2 もどき
コメント
 久々の実車系モデル、トヨタのMR−2 平成6年の4型です。

 パネキットに興味のある友人がコレ作ってみない?と
 ネタを提供してくれたのが彼の車MR−2でした。

 とりあえずフロントノーズの曲線を上手く表現したいというのが
 本モデルのテーマでした。画像下の方を見ればわかると
 思いますが何とか上手くできてるとは思ってます。
 しかしこのためにパネルを消費しすぎてテールの方の
 表現がおざなりになってしまいました(^^;

 もう1つフロントにパネルを使いすぎたために当然
 フロントが重くなり走るの支障がでる始末。
 そのため少しフロント部分を後輪付近と比べて
 少し持ち上げてます。

 最高速はだいたい210kpm/hぐらいです。
 もうちょいスピードを出したくても形を組み上げるのに
 パーツを100枚使い切ってしまいジェットを
 仕込むことができませんでした。残念。
(03 8/26)
完成画像 パネ太このたつ人
コメント
 夜中にウトウトしていた時唐突に太鼓の達人のタタコンを作ろうと
 思いついて速攻で作り上げたアイデア一発勝負の可動置物です。

 L1R1の面を叩くが太鼓の達人でいう「ドン」で、
 L2R2のフチを叩くが「カッ」です。

 ちなみにこのモデルそれぞれの操作をすると衝撃波が出たり
 爆発が起きる極めて危険な太鼓です(爆)

 と冗談は置いといてそれぞれの操作をするとちゃんと音が出ます。
 「ドン」がシューターのLv1、「カッ」をLv4で出しています。

 「ドン」の方はすぐに思いついたんですが、「カッ」の
 方は試行錯誤しました。モーターやタイヤ、ジェットでも
 音は出るんですがどうもイマイチ。
 モーター、タイヤ、ジェットの音はボタンを押してる長さに
 左右されてしまうから雰囲気が出なかったんです。
 で結局微妙に音が違っててボタンを押す長さに左右されない
 シューターLv4に落ち着きました。

 なお画面上にシューターの弾が16個以上ある場合は
 操作をしても音がでないので注意してください。
(03 8/27)
完成画像 TB1号(Bt)
コメント
 特撮人形劇サンダーバードよりサンダーバード1号です。

 TDFさんが「さんだば1」という同じ元ネタのモデルを総本山に
 投稿したさいそのモデルのエンジン部の形状が少し不満だったので
 弄ってたというか1から組みなおしてました。

 大体形状を組み上げて一応飛行できるようにした時点で
 某チャットにてお話中にTDFさんが来てくれましたので
 「まだ未調整ですが組み立ててみましたよ」とメモカデータを
 UPしてそのさいにTDFさんが細かい形状の修正や
 調整をしてくれて完成したのがこのモデルです。
 なのでモデル名称に(Bt)が入ってます。

 ランディングギアがないので離陸させるさいにはセレクトを
 押して↓押して垂直に立たせて主翼を格納してから
 ジェットを噴かしてください(笑)

 できればVTOL機能を盛り込みたかったのですが
 飛行性能がえらく落ちるので断念しました(ToT)

 カラーリングは全体色がライトグレー、機首があか、
 胴体の太くなっているところがあお、エンジン部がグレーです。
(03 9/24)
完成画像 JSもどき
コメント
 仮面ライダー555(ファイズ)よりジェットスライガーです。

 某模型雑誌見てたら結構面白そうなギミック、バイクで
 超信地旋回や左右スライドがなんとラジコンでできると
 書いてあってそれならパネキでも挑戦しなければ(笑)
 と思い作ってみました。

 モデル的にはパネルでタイヤを作ってそれをモーターで回してます。
 タイヤの太さが2パネル分とはっきり言って太すぎなんですが、
 この太さがないとモーター回したさいにコケてしまいます。

 さてスピードですがとっても遅いです(TT)
 タイヤの部分が抵抗ありすぎてジェット5個全力で
 噴かしてますが50kpm/h前後が精一杯です。

 もう見た目モノの常ですがパ−ツ足りないです。
 タイヤの外側部分で24枚(爆)ライダー再現に最低7枚、
 劇中ではホバーかましてたからそのジェット分最低6個。
 カウルが左右に開いてミサイルわんさかなんて8パーツは
 必要そうだし、後部のジェットの前2パーツをパネルから
 モーターに変えてジェットの位置を上手く合わせるのに10パーツ。
 補助輪あたりは元ネタだと姿勢制御用のジェットが3つ1セットで
 ついてるから12パーツは必要とひたすら足りないです(核爆)

 さてさてひたすら省略しまくっている本作ですが
 売りの超信地旋回と左右スライドはなんとかやってます。
 画像下側のようにタイヤを水平に傾けてやっています。
 左右スライドはどうも硬い地面の上ではないと
 上手くいかないみたいです。

 操作補足
 ×+R1&R2で右スライド。×+L1&L2で左スライドができます。
 □+R2orL2でも超信地旋回、□+R1&R2や□+L1&L2
 でも左右スライドができます。
(03 9/28)
完成画像 TB3号(B)
コメント
 特撮人形劇サンダーバードよりサンダーバード3号です。

 なんつーかもう調整に疲れました(爆)
 ピッチは胴体中央部をTDFさんの試作のを取り入れた
 おかげか大分安定してきたんですが
 ヨーとロールはもうホントにどうにもならず
 ここらで妥協することにしました(泣)

 今回3軸制御をジョイント可動による空力制御は一切無し
 ジェットのみでやってるんですが同じ制御方法の1号とは
 性能に天地の開きがあります。
 ジェットの位置が分散しているせいでしょうか
 ヨー、ロールをすると復帰不可能なぐらい
 姿勢が乱れてしまいます。
 もう誰か助けて状態です(^^;

 形に関してはは大方満足しているのですがあと1パネル分
 機首を伸ばしたかったです。
 機首の少し下に白いラインを入れてたかったんですが現状で
 入れると違和感有りまくりだったんでいれませんでした。
(03 10/8)
完成画像 TB4号(B)
コメント
 特撮人形劇サンダーバードよりサンダーバード4号です。

 元ネタの方は水中・水上での海難救助を目的としたメカですので
 こちらも水中・水上といきたかったんですが、基本的には
 モデル全体が水中に沈んだ場合は短時間で地上に戻されます。
 ずっと水中にいたい場合はモデルの一部を常に水上に出している
 必要があります。
 潜水艦における潜望鏡など高さがかせげる部分があれば
 いいんですがこの4号はないです(泣)

 このモデルを作るさいにコナミの食玩を参考にしたんですが
 その説明によると短時間であればエンジンを駆動させての
 地上走行も可能ということでした。
 これを読んだ当初はタイヤで地上を走行させるつもりでしたが
 短時間というキーワード。あとタイヤ走行だと地上から
 水上への移行に場所を選ぶかつスムーズにいかないことが
 ままあるのでタイヤをやめてホバー機能をつけています。
(03 10/19)
完成画像 TB5号(B)
コメント
 特撮人形劇サンダーバードよりサンダーバード5号です。
 地球の衛星軌道上にあって常時各種通信を無断で傍受
 しまくっているある意味一番タチの悪いメカです(爆)

 衛星軌道上にあるということからほとんど動かないだろう
 ということとその形ゆえに速攻でホバーな置物に確定。
 一応ピッチ操作はついてるものの海上とか平らな所では
 何もしなくても0kpm/hで安定するはずです。

 まず苦労したのが機体前方の輪の部分。当初はモーターを12個
 連結して一回りさせようとしたんですが自重で勝手に回転。
 そこで今度はZジョイントを12個連結でいこうとしたんですが
 これも自重でバネみたく揺れる始末。
 最終的に6個連結×2におちつきました。

 機体前部のドーム状?の部分を表現するのにパーツを
 使いすぎてしまって機体後部の表現がおざなりに
 なってしまいました。ジェットを使って3号との
 接続部分をちゃんと表現したかったです。

 完成してから思ったけど旋回操作ぐらいはつけるべきだったかも
(03 10/19)
完成画像 聖来月
コメント
 ノーベルガンダムを作ってる時に連想してやっちまったのがコレ。
 髪の部分のパーツを確保するために足のパーツ
 を削ってしまったので置物です。
 もはやなにも言うまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(03 10/23)
完成画像 ランボルギーニ ミウラ P400 SV
コメント
 ランボルギーニ ミウラ P400 SVです。
 ちょっとロボットモノに飽きたので息抜き?を兼ねて
 実車モノです。ちなみにこれを選んだのは今月号の
 某模型雑誌に載っていたためそれだけです。

 地面と車体の隙間が1/4パネル分なのでタイヤ8個で
 モデルを支えています。これが4個だと多分地面に
 埋まってろくに走れません。

 走行中モデルの1部分が揺れるのが気になるという方は
 何も設定してないZジョイントをパネルに代えてください。
 そのZジョイントは空気抵抗を減らすために使っているので
 パネルに代えたら当然走行スピードは落ちます。

 カラーリングは全体がきいろ、窓がスカイブルー、
 ヘッドライトがライトグレー、運転席の屋根の
 後ろのところはダークグレーの表裏がらです。
(04 5/12)
完成画像 ロードスター(B)
コメント
 ユーノス ロードスターです。
 名無しさんという方がこれを作って画像掲示板に
 設計図を投稿してくださったさいに
 車幅が狭い印象という感想を書いたので
 車幅が太い自分バージョンを作ってみました。

 同じ題材にもかかわらずできた形は全く別物。
 この辺がパネキットの面白いところです。

 画像下側のオープントップ状態へはフロントガラス真ん中の
 上部から先の部分を削るだけOKです。

 カラーリングは全体がぐんじょういろ、窓がグレーです。
(04 6/30)
完成画像 さくら
コメント
 サクラ大戦よりヒロインの真宮寺さくら 普段着?バージョンです。

 このネタなんですがおわりさんに作ってほしいという依頼が
 おわりさんのページのムービー舘のリクエストBBSに
 あったのですが、それをさしおいてちょうどネタがなかった
 自分が作ってしまいました(^^;

 依頼に歩行ができて刀を振り回せるようにとあったので
 それを目指して作ることに。
 まずは一回試作を作って画像をのみを公開したのですが。
 それを見てくださったパネキチさんに腰周りが太いと言われたり
 おわりさんからリボンを接続してるジョイントについて
 指摘されたので改良することに。
 そのかいあってかプロポーションが少しよくなり歩行も
 試作版よりかは安定するようになりました。

 とはいえ刀持ってるおかげで基本的に左右のバランスが違うのと
 足と足の幅が狭いので歩行。各アクションともに不安定。
 この辺が調整の限界かな〜と。

 画像は上段真ん中と上段右が居合切りアクション。
 下段真ん中とと下段右が面打ちというよう突きアクション。
 下段左がデフォルトです。

 カラーリングは上半身がさくらいろ、顔と手がペールオレンジ、
 髪が黒、リボンと袴があか、足元がしろ
 腰帯がダークパープルの両面柄模様です。
 
(04 9/06)
完成画像 かすみ(DOA)
コメント
 対戦格闘ゲーム DEAD OR ALIVEシリーズより かすみ です。

 某所にて萌えモデルが作れないとの発言があり
 そのあと紹介されたのが拙作 「撃て 明日に向って」

 まぁ確かにあれも萌えモデルといえば萌えモデルかも
 しれませんが(^^;
 なんとなくう〜〜〜〜〜〜〜んと思ったので
 女性キャラモデルを作ろうと思ったり。

 このキャラを選んだ理由はたまたま手元にあった
 ゲーム雑誌の表紙にこのキャラが載ってただけです(^^;

 モデル的にはスペックにも書いてあるとおり
 動きがなにもない置物。
 形作るだけでお腹一杯動きをつける余力なかったです。

 カラーリング
 顔等がペールオレンジ、服があお、足が一部を除いてしろ
 髪はあかちゃいろの両面柄模様です。
(04 11/05)
完成画像 FCコントローラー
コメント
 2006年〜2007年の年越しチャット中にふと閃いて作った
 一発ネタモデル。それ以上でもそれ以下でもないです。

 チャット中に作った時はコアがモデルの中心
 ちょうど十字キーの右隣にあったんですが
 あとからそれがなんとなく気に喰わなくなったので
 現在の位置になるように最初から作り直しました。

 カラーリング
 十字キーやABボタン部がダークグレー、
 水平部がペールオレンジ、側面が あか です。
(07 1/2)
完成画像 スカイナイト
コメント
 アニメ Project BLUE 地球SOS より地球防衛組織
 迷宮機関の高機動戦闘機スカイナイトです。

 久方ぶりの飛行モデルでネタきめて作る際にはブランクで
 調整には時間かかるだろうなぁと思っていましたが
 思っていたよりは順調にできました。

 あいかわらず元ネタありのモノはパーツ足りなくてしんどいです。
 垂直尾翼の所のエンジンはもうちょっと上の位置にしたかったし、
 スペックにも書いてありますが、武装系のパーツが全くつける
 余裕がなかったです。
 でもまぁこのスカイナイトフル装備状態だと垂直尾翼のエンジン部が
 あと6つは必要ななりをしていたりするので
 パーツ足りないことは最初から想定内だったりします。

 当初このモデル垂直尾翼部のジェットはただの飾りで
 コクピット真下にジェット2つ仕込んで調整してました。
 なぜ当初はそうだったかというと後ろから見て三角形の
 ジェットの配置はえっらい調整に苦戦したサンダーバード3号
 を連想してしまったからです。
 しかしやはり垂直尾翼の所のジェットは吹かさなければあかんやろ
 と思い直してコクピット下の2基のジェットを削り
 調整しなおしました。
 なおこのさいの調整はそんなに時間はかかっていません。

 カラーリング
 基本色がライトグレー、コクピットがスカイブルーです。
(07 1/29)
完成画像 こう空戦艦イセ
コメント
 旧日本海軍の航空戦艦 伊勢(のつもり)です。
 なにか艦船系モデルを作りたいとチャットでcapeさんと
 話したさいこれはどう?と提示されたので作ってみました。

 航空戦艦 伊勢は元は純粋な戦艦として建造されたのですが
 第二次大戦中ミッドウェー海戦で航空母艦4隻を失ったため
 急遽航空戦力復旧のために改造された艦です。
 当初は完全な航空母艦に改造されるはずだったのですが
 時間と資材がかかるということでこんな中途半端な姿に
 なったそうです。

 モデルとしてはひねりなし。ストレートに組んだホバーモデル。
 実験室とかフィールドとかに出して放置すると宙に浮いたままですw
 画像のように水面に浮かすにはホバー用のジェットを△ボタンで
 一回切って船底が水面につくかくらいのところで再び吹かしてます。

 全長があって全幅が狭いため旋回には注意が必要です。
 空中で静止してる状態から旋回はまだ安定してるんですが
 前後退してるさいからの旋回はよく横に倒れるので
 ロール操作による微妙な操作必要ですし。
 水上では静止した状態からの旋回はかな〜り遅いです。
 前後進してるときにロールで船体傾けないと曲がらないと
 言ってもいいくらいですTT

 砲塔3つも当初左右に旋回させるつもりだったですが、
 全幅狭くて砲塔旋回させたさいのバランス崩れがひどいんで
 オミットしましたTT

 カラーリング
 ライトグレーのみです。
 あと前部主砲周りの甲板はちゃいろで塗った方がいいかも。
(07 2/1)
完成画像 水銀桃
コメント
 PEACH-PIT原作の漫画ローゼンメイデンより水銀燈です。
 なんとなく萌え系モデル?も作りたくなったので
 capeさんとのチャットで時々ネタとしてでる
 この水銀燈を作ってみました。
 ちなみにモデル名ですけど「燈」の字がスペック画面で
 使えないためなんとなく「桃」の字使ってます。

 一応見た目最優先で組んだのですが
 最低限なんとか見えるかなぁぐらいです。
 いかんせんパーツ足りません。おかげで置物モデルです
 当初は3軸操作させるつもりだったんですが作りこんでいくうちに
 3軸操作用のパーツが確保できなくなってました(^^;

 ん〜頭部の造型というか髪の造型が若干気に食わないので
 もしかしたら小改造加えるかも。
 あと翼の位置も気に食わないので余裕があったら
 ここも弄るかもしれません。

 07 2/6
 capeさんにチェックしてもらって小改造しました。
 羽の位置をあげて1パネル分短くしました。
 ういたパーツでとある部分を追加。
 それはどこか内緒ですw

 カラーリング
 髪がライトグレー、顔と首元と背中がペールオレンジ、
 服とブーツがあいいろ、胸元とスカート近辺がしろ、
 翼と爪先がダークグレーです。
(07 2/7)
完成画像 R390-GT1
コメント
 久々の実車系モデル ニッサン R390 GT1 です。
 ?まんさんという方から作って欲しいとの依頼を受けて
 とりあえずな〜んもネタがなかったんで作ってみました。

 最初資料の写真みてこれはもう以前作った
 ランボルギーニ ミウラ P400 SVの構造が使えるなと直感。
 それを参考にそこそこ短時間でできてしまいました。

 フロントのバンパー部分?は上手く再現できたかな〜と
 あと実車系モデルの常でフロント懲りすぎてリア適当は
 いつものことです(ぉ
 屋根部分はもうちょい丸みをつけられなかったのが残念です。

 カラーリング
 メインがぐんじょういろ、ガラスがダークグレーです。
(07 5/28)
完成画像 マッハストライカー改
コメント
 前作「マッハストライカー」の車形態のフロント部分が
 イマイチ気にくわなかったため作りそこだけ作り直してみたものです。
 前作「マッハストライカー」については上記を参照してください。
 ん〜なんかこのモデルに関してはあんまり語ることないなぁ(^^;

 カラーリング
 画像写真では手抜きしてそこかして抜け落ちてますが
 「マッハストライカー」と同じです。
 よって「マッハストライカー」の所参照してください。
 ここまで手抜きだとなんかかえって申し訳ないm(_ _)m
(07 6/6)
完成画像 cosmo
コメント
 マツダ コスモ スポーツです。チャットで?まんさんがらみで
 画像を紹介された時にそのまま脳内で組み立て始めたため
 そのまま流れで実際に作ってしまいました。

 当初は例によって例のごとくフロント再現にパーツ使いすぎたのと
 運転席部分に懲りすぎたのでリア部分スカスカ。
 さすがにそれは・・・という指摘をうけたので
 なんとかパーツ確保してリア部分までちゃんと再現してみました。

 カラーリング
 メインがしろ、フロントライトがライトグレー、
 ガラスがスカイブルー、リアライトがあかです。
(07 6/6)

TOPへ 先頭へ