その他3(元ネタあり)
画像をクリックすると新しいウインドウで設計図がでます。
設計図の見方はの数字が+、 の数字は−方向に折り曲げます。
完成画像 仮面ライダー電王
コメント
 ロボ系モデルのライバルであるパネキチさんをギャフンと
 言わせるべく制作した1発ネタモデルですw

 え〜と07年の仮面ライダー電王です。
 デフォルトの赤のソードフォーム。
 ×ボタン。青のロッドフォーム。
 □ボタン。黄色のアックスフォーム。
 ○ボタン。紫のガンフォームに4段変身します。
 さすがに4段変身させるのが精一杯で歩かせる等はできず
 可動置物です。

 とりあえずなんでもいいから驚かせるを作ろうと心に決めて
 色々考えていた時にふと思いついたのが玩具の4フォーム変身の
 仮面ライダー電王。どんな変身(変形?)するかはちょっと前に
 玩具系の雑誌見て確認していたのでこれならパネキでも
 できなくね?と早速制作開始

 とりあえず出来たとき100パーツ使いきっていたんですが
 アックスフォーム時になんか黄色分が足りないと感じたので
 色々試行錯誤してなんとかパーツ確保。
 その分を肩アーマーにまわしてなんとか黄色分を補充しました。
 その分マッシブになってしまったけどこれはこれでいいかなと。

 6/16
 いろいろと気にくわなかった部分を修正しました。
 前回ではなかったソードフォームの肩アーマーつけたり
 ガンフォームの胸部装甲の展開方法とか
 その他細かいところ弄っています。

 カラーリング
 説明めんどい(^^; メインがダ−クグレー、
 膝下と腰とガンフォームで展開した部分がライトグレー、
 ベルトとガンフォーム展開部分が柄模様で、手がしろ、
 ソードフォーム部分はあか、ロッドフォーム部分があお、
 アックスフォーム部分がレモン、
 ガンフォーム部分がライトパープルです。
 
(07 6/16)
完成画像 ゼロライナー
コメント
 最初に言っておく。このモデルかーなーりダメダメだぁ!!(ぉ

 仮面ライダー電王より劇中2人目のライダー
 ゼロノスの時の列車ゼロライナーです。

 ゼロライナーは2両編成で牛の頭を模してあり
 カラーリングが緑なのがゼロライナードリルで
 名前のごとくドリルを装備してます。
 カラーリングが黄色なのがゼロライナーナギナタで
 回転する刃を装備してます。
 普段はドリルの方が1両目なんですがとある話で
 ドリルとナギナタを入れ替えてナギナタの回転刃が
 ローターとなるヘリモードになり劇中で
 もうあれ電車じゃないよねとか言われてたりします。
 でもこのギミックがこのモデルを作るきっかけだったりしますw
 
 色々頑張ってドリル再現やら車両の前後入れ替え&
 ヘリモードへの移行を再現したんですが
 いかんせんモデルの幅が1パネル分しかない&
 ナギナタのローターギミックが重くて高い位置にあるので
 横転しやすいですorz
 車両入れ替えでコケるのは序の口。ドリル展開回転でもコケる。
 当然旋回でもコケる。しまいには前後進しててもコケる。
 ヘリモードでもロール安定が悪くて揺れやすい。
 とまぁ不具合が出まくりなんですがヘリモードへの移行をせっかく
 再現したのにこのまま御蔵入りさせるのはもったいないので
 TOPページには晒さずこっそりモデル置き場でのみ
 公開することにしました。

 カラーリング
 モデル全体の基本色がダークグレー、
 ゼロライナードリルの基本色がエメラルドグリーン、
 ドリルがきいろで両面柄模様。上面ジェットの前がしろ、
 ゼロライナーナギナタの基本色がきいろです。
(07 9/25)
完成画像 初音ミク
コメント
 みっくみくにしてやんよ〜♪
 07年にニコニコ動画を中心に話題になった
 DTMソフトのキャラクター 初音ミクです。

 我がライバル パネキチさん迎撃用に変形ロボモデル
 を2つ(「ライドナイト」と「ナルヴァーレン」)
 作ったもののイマイチ決定力に欠ける気がしたため
 止めを刺すべくインパクト重視でなにかないかと
 考えていたときに閃いたのが初音ミク。
 当初はSD&3D化した はちゅねミク の方を作って
 手にネギもたせて回したかったのですが
 さすがにパーツ足りなくて挫折。
 素直に初音ミクを作ることにしました。

 モデル的には形を再現するのが精一杯の置物です。
 腕の袖を先端にいくにしたがって太くしたり
 ツインテールの髪の毛をもう少しボリュームが
 あるように見せたかったのですが長い髪を利用して
 自立できただけでもいいかなと。
 正直ネクタイだけはもうちょっとなんとか
 したかったのですがパネルじゃこれが限界かな〜と。

 07 12/18
 腕が動かせるように改造。
 あと髪の毛も1ヶ所折り曲げ角度変えました。

 カラーリング
 髪やネクタイ等がアクアマリン、服がグレー、
 スカートや足や袖がダークグレー、
 顔と肩と腿がペールオレンジです。
(07 12/16)
完成画像 しゃちょう
コメント
 攻殻機動隊SACより皆のアイドル タチコマのライバル?
 どうみてもTVの箱にしか見えないジェイムスン社長です。

 このモデルは07年の年越しチャット用のお題
 「元ネタありのロボット」用に作ったモデルで
 お題のレギュレーションは
 ・ネタは既出のものとかぶっていてもOK
 ・置物やタイヤ走行でも可(歩行させる必要なし)
 ・脚もしくは腕があるもの です。

 そもそもこれロボットじゃなくて義体では?という
 ツッコミは華麗にスルーして
 と・に・か・く・このお題で一発ギャグなモデルを
 作ってみたかったんだよ!!!!
 
 一発ギャグで即興で作ったのに等しいんで
 動きなんぞまったくつけておりませぬ。
 動かしたければ存分にいじってくださいませ。

 関係ないけど社長って言うとあと「ずっとオレのターン」の人や
 水の都の謎生物しか連想しない自分は終わってると思う(ぉ
 
 カラーリング
 ライトグレー一択ですw
(07 12/31)
完成画像 ダンボー
コメント
 マンガ よつばと よりダンボーです。
 そもそもこれロボットじゃなくて着ぐるみでは?という
 ツッコミは闇から闇へ葬って
 12/31に突如閃いたんで作ってみただけです。
 
 このモデルは07年の年越しチャット用のお題
 「元ネタありのロボット」用に作ったモデルで
 お題のレギュレーションは
 ・ネタは既出のものとかぶっていてもOK
 ・置物やタイヤ走行でも可(歩行させる必要なし)
 ・脚もしくは腕があるもの です。

 とりあえず仕上げられればいいやと思ったので置物
 というかこの足の構造でアクション無理です。

 カラーリング
 ペールオレンジ一色です。
(07 12/31)
完成画像 ゼロノス&デネブ
コメント
 仮面ライダー電王よりより劇中2人目のライダー
 ゼロノスとその相棒のイマジン デネブです。
 ちなみにモデル右側がゼロノスで左側がデネブです。

 とりあえず作ってて形ができてなんとなく実験場に放り込んだら
 無動力ドラッグモデルみたいな無動力移動をしてしまってので
 ○ボタン押して合体?してベガフォームになったさいでも
 無動力移動が維持できるように調整することに。

 とは言えやはり合体なんていう大技はモデル自体のバランスも
 大幅に変わりますし反動もものすごいので結局合体して数秒
 無動力移動を維持するのが限界でした。
 しかも合体して移動できること自体も正直運まかせ。
 どういうタイミングでおせば成功するのかさっぱりわからないです(汗
 ただ○ボタン押す時は強く押しすぎてもダメ。
 かといって弱く押しすぎてもダメです。

 あとフィールド等に出したさいデフォルトで無動力移動を
 しない場合がありますのでそういう時はセレクトボタンで
 モデルを立て直したさいに若干↓ボタン押して傾けてやると
 上手く移動を開始します。

 カラーリング
 基本色がくろ、ゼロノスの胸部がきいろで両面柄模様、
 ゼロノスの顔や肩や太ももデネブの胸部がエメラルドグリーン、
 ただしデネブの胸部は両面柄模様、ゼロノスの右手の剣がしろ、
 両者の腕やゼロノスの膝がライトグレー、
 デネブの顔がイエローディープです。
 
(08 2/14)
完成画像 サンダーボルト(B)
コメント
 2003年のアニメ ファイアーストームよりサンダーボルトです。
 ちなみにこのアニメの原案は『サンダーバード』や『謎の円盤UFO』
 で知られるジェリー・アンダーソンでよくも悪くも古典的な内容の
 SFアニメです。そしてサンダーボルトは主人公達が属する特殊部隊
 ストーム・フォースの主力戦闘機でVTOL機能があります。

 一見単純そうな形に見えるんですが実はこれが罠で
 VTOL機能はやっぱり積みたいからそこでパーツ喰うわ
 下手に再現度落とそうものなららしさが損なわれて
 サンダーボルトに見えなくなるわ
 あとどうしても構造上機体後部が重くなってバランスが
 悪くなるので飛行時のピッチ調整にえらく苦労しました。
 一回完成した〜と思ってフィールドでテストしてみればボロボロだし
 その後改良しても納得というところまでいきませんでした。
 
 当初はこれをロボに変形させてみせるぜなんて豪語してたんですが
 苦労したあげくピッチ調整は納得できないわ100パーツもう使ってるわで
 ロボに変形なんてムリです調子こいてすいませんでしたと白旗あげましたw

 カラーリング
 基本色がライトグレー、コクピットや後部左右のジェット噴出孔近辺が
 ダークグレーです。
(08 9/13)
完成画像 初音ミク ver2
コメント
 07年にニコニコ動画を中心に話題になった
 DTMソフトのキャラクター 初音ミクです。
 以前にも作ったのですが色々と直したい部分が
 出てきたので作り直してみました。

 前回作ったのはスカート周辺の造型にこだわりすぎて
 腰周りが太くなってしまったので全体的にスリムに
 見えるように構造を見直しました。
 あとは腰がスリムになったのにあわせて
 足の位置をモデル中央側によせたり
 髪の毛の構造を見直して片方1パーツ両方で
 2パーツ省略しても髪の毛の長さや造型自体は
 前作とそう変わらないものにしたり
 ネクタイの構造もちょっと見直ししたり
 あまり上手くいってない印象もあるのですが
 胴体にくびれをいれるような試みをしてるなど
 かなり細かいところに手をいれています。

 さて画像のスペックでは置物と書いていますが
 実は可動置物モデルです。
 ですがちょっと明言するには憚られる機能なので
 申し訳ないですがデータをダウンロードした方や
 設計図から作った方のみ堪能してくださいませ。

 カラーリング
 髪やネクタイ等がアクアマリン、服がグレー、
 スカートや足や袖がダークグレー、
 顔と肩と腿がペールオレンジです。
(09 1/13)
完成画像 めぐりねルカ
コメント
 初音ミク、鏡音リン&レンに続くDTMソフトのキャラクター
 の第三弾 09年1月末発売予定の巡音ルカです。
 パネキでは「巡」の字がないためひらがなになっています。

 まずはここのページ
  http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv03.jsp
 のルカのイラストを見てくださいませ。

 ルカを制作するにあたってこのイラストの腕組みはともかく
 なぜかこの足をちょっと交差させたさせた感じを再現しようと
 強烈に刷り込まれてしまいました。

 この手の素立ち以外のポーズはパネキでは
 まず自立できないんですがそれでもパーツ確保して
 自立用のスタンドでも組み込めばいいやなんて思って作ったら
 いきなり1パーツもスタンド用のパーツ確保できませんでした(ぉ
 その後何回か組みなおして最終的になんとか4パーツの空きを
 確保して自立させることができたのですがまぁ確立低いです。
 運がよければ1発で立つけど下手するとセレクトボタン
 20連発しても立たないこともありえます。

 足のポーズもさることながら造型にこだわりすぎたのも
 パーツ足りなくなった原因です。
 しかし服の黄色いラインやへそのあたりがちょっとだけ見える
 構造とかはやっぱりないと雰囲気がでないということで
 押し切りました。
 ただ頭やスカートの造型はちょっと納得いってないので
 作り直すかもしれないです。

 はっきりいって失敗作に近いモデルですがこの造型
 この足のポーズで運任せとはいえ自立できたのは
 個人的に大きいと思います。

 09 1/17にちょっと仕様を変更。スカートの腰幅を若干細くして
 ブーツの柄模様廃止しました。

 カラーリング
 基本色がダークグレー、髪がさくらいろ、腕があかちゃいろ、
 服のラインやブーツがきいろ、顔や腹部や太ももがペールオレンジ、
 ちなみにコアの前後2パネルづつは先行公開したさいの
 SANAKIさんの趣味であかですw
(09 1/13)
完成画像 スワンボート
コメント
 お題水上モデルの一環で作ったOFS+パネタイヤモデルで
 観光地の池・湖等で乗ることができるスワンボートです。

 拙作「アクアローラー」を先行公開したさい外輪船の話題になって
 外輪船といえばスワンボートも一種の外輪船だよね→それだ!
 みたいな流れで速攻で組んでみたものです。

 船体後方の浮力はアクアローラーのタイヤの幅を1パネ分詰めた
 もので確保して前方の浮力はOFSで確保しています。
 前OFS後ろパネタイヤおn構造はは外輪船の話題のときに
 「それでいけるんじゃね?」との話しがあったので
 そのまま採用しています。

 旋回方法はパーツが足りないのとスピードが遅いのでどの道
 たいして効果でないだろうとのことで舵は使ってなく
 後方の車輪の向きを曲げて旋回やっています。

 カラーリング
 基本色がしろ、くちばしがイエローディープ、
 車輪部がダークグレーです
(09 2/17)
完成画像 しー・しゃどう"
コメント
 お題水上モデルの一環で作ったOFSモデルでアメリカ海軍の
 ステルス実験艦シー・シャドウ(Sea Shadow, IX-529)です。

 実物は荒れた海でも安定してたようなんですがパネキ的に
 この正面から見て山みたいな形は挙動が不安定になりやすく
 実際テストで船体正面部分がないのを作ってみたものは
 ことごとく水上航行中ひっくりかえっていました。
 まぁでも船体正面部をつけてスピードをかなり落とし
 そこに上反角部分をつける等の工夫により
 大分安定させることはできました。

 形状については実物は結構全長が長めに見える形なのですが
 四角柱OFSを2本船体に内蔵してるためパーツが確保できず
 デフォルメした形になってしまいました。
 そのせいでモデル名が平仮名になっています。

 当初はWikipediaに載ってる写真を参考にして作ったのですが
 後ほど改めて画像を探した時に船体左右の水中に沈んでる部分が
 実はミサイル状になってることが判明。
 そこで船体に内蔵してたOFS部を船体左右に移動させ
 Wikipediaの写真のように船体中央と水面の間の空間に
 隙間ができるようにしたのですがOFS部が船体と比べて
 大きすぎたためか不評で結局内蔵式のを正式採用しました。

 あと地上から水上に入るさいはOFSの回転があがってからかつ
 50kpm/h以下くらいの低速でお願いします。
 どうも高速で進入しようと浮かばず沈みますので。

 カラーリング
 ダークグレー一色です。
(09 3/11)
完成画像 ニミッツ級
コメント
 お題水上モデルの一環で作ったOFSモデルでアメリカ海軍の
 原子力空母ニミッツ級が元ネタです。

 お題のことを考えていた時にそういや旧日本軍の空母はあったけど
 アングルドデッキを採用した近代空母モデルがなかったなと思い
 作ってみました。

 さて水上に浮かばせる方法としてジェットまたはペラの推進によって
 浮かばせる方法やジェットを下向きにしてホバーの要領でやる方法が
 あるのですが結局採用したのはOFSです
 OFSはパーツ数を喰うので再現度的には落ちざるをえないのですが
 特になにも考えなくてもとりあえず楽に浮くので採用と
 ぶっちゃけ適当ですw

 艦の名前はちょっとスペックには入れ忘れましたが
 某国の靴投げられた元偉い人の親御さんの名前で
 お願いしますw

 あと地上から水上に入るさいはOFSの回転があがってからかつ
 50kpm/h以下くらいの低速でお願いします。
 どうも高速で進入しようと浮かばず沈みますので。

 カラーリング
 ライトグレー一色です。
(09 3/11)
完成画像 プレシオ
コメント
 お題水上モデルの一環で作った水上用パネタイヤ通称 水車 を
 使った恐竜の一種 首長竜を模したモデルです。
 ちなみに水車の通称が決まったのはこのモデルを先行公開した
 あたりのときで同じような機構を採用してるスワンボートを
 先行公開した時はまだ名称がついてませんでした。

 さてモデル名が「プレシオ」のとおりプレシオサウルスが
 元ネタなんですが水車を格納する都合上胴体が大きくなってしまい
 自分はポケモンのラプラスを連想してしまいました。

 水車部分に関しては幅が1パネル分という縛りを自分で入れたため
 水面を叩くパネルを増やしたりモーターを複数使ったりして
 浮力を稼いでします。
 なお水車がモデル前部にしかなくて前進時に後部が浮くのを
 モデルの構造のみで抑えきれなかったためジェットで
 泣く泣く後部を抑えています。

 あとモデルの構造上旋回がかなり速いです。
 当初は2基のジェット両方で横方向に吹かしていたためもっと
 速かったのですがさすがに速すぎと思いましたので
 片方ずつ吹かすことにしました。

 カラーリング
 基本色がわかくさいろ、下あごがライトグレーです。
(09 3/11)
完成画像 水の魔法陣
コメント
 お題水上モデルの一環で作ったシューターLv4のレーザーを使った
 魔法陣を描く可動置物なモデルです。

 元ネタは魔動王グランゾートというロボアニメに出たきた
 3体のメインのロボのうち水属性のロボ アクアビートを
 召喚するときに水上に描く魔法陣です。

 ちなみに劇中海がメインの世界の話が数話続いたのですが
 この魔法陣を描くにはなだらかな水面上じゃないといけない
 という条件があり海という絶好の活躍場所でありながら
 出番があんまりなくむしろ陸上に魔法陣を描く必要のある
 主役のグランゾートが毎回出てたという記憶がありますw

 スペックでも一応書いてありますがモデルの操作を説明します。
  1. まずはこのモデルを水上へ出します。
    なおこの時モデルが組みあがる前に○を3回押して
    レーザーの色を変えておくといいです。
  2. モデルが着水するまでR2を押し続けジェットをオフにする。
  3. モデルが着水したらR2を離しジェットを吹かす。
  4. モデルが水上で安定したら準備完了。
  5. ×を押してレーザーを出しその直後にスタートを押す。
 これでスタートを押すタイミングがよければ画像のような
 綺麗な魔法陣を見ることができます。

 カラーリング
 基本色があお、コアの前後4パネルが くろ。
 円のところが しろ です。
(09 3/11)
完成画像 FFR 龍騎
コメント
 09年放送の平成仮面ライダーが総登場のお祭り的作品
 仮面ライダーディケイドより仮面ライダー龍騎です。
 人型から東洋風の胴が長い龍のモンスターに変形する
 一方通行な可動置物モデルです。
 ちなみに龍騎自体は02〜03年に放送されています。

 ディケイドに登場する今までの番組名ライダーたちは
 主人公のディケイドの協力というか仕業によって
 元の番組の設定にはなかった形に超絶変形します。
 例えば平成ライダー1作目のクウガでは劇中に出てきた
 クウガをサポートするクワガタムシに似た謎生命体
 ゴウラムに変形したり、
 剣がモチーフの一つの仮面ライダーブレイドでは
 まさに巨大な剣そのものに変形します。

 ちなみに今回このモデルを作るきっかけは某所において
 ファイナルフォームライドというディケイドの玩具のシリーズで
 各ライダーの変形を再現してるので作れそうなやつは
 是非作って見てほしいんだがというような書き込みがあり
 それを見て自分への挑戦状だなと受け取ったのとw
 以前から人型から龍への変形モデルはやってみたかったのもあって
 手がけてみました。

 変形パターンに関してはほぼ玩具と同じような構造でやってますが
 龍の頭部と尻尾の先端は武具になる都合上付け替えで
 やってるためあっさり切り捨ててアレンジ。
 パネキで人型が立つには普通つま先からかかとまでの長さが
 4〜5パネル分いることを利用して右足の足元を龍の頭部に
 左足の足元を尻尾に見立てています。

 変形の手順はスペックに書いてありますが結構煩雑です。
 練りこめばもう少し最適化できそうな気もしないでも
 ないですがそこまでやるには気力がもちませんでした。

 カラーリング
 基本色がライトグレー、但し肩装甲が両面柄模様、
 顔が表無地裏柄模様、龍形態時も含む手足があか、
 ベルト部分がダークグレーでバックル部が両面柄模様です。
 本来ベルトの色はライトグレーの方が元ネタに近いのですが
 それをやるとライトグレーの印象が強くなりすぎて
 しまうためあえて違う色でやっています。
(09 4/20)
完成画像 FFR ブレイド
コメント
 09年放送の平成仮面ライダーが総登場のお祭り的作品
 仮面ライダーディケイドより仮面ライダーブレイドです。
 人型から巨大な剣に変形する一方通行な可動置物モデルです。
 ちなみにブレイド自体は04〜05年に放送されています。

 今回のきっかけは新人さんのbousyo597さんが同じ題材の
 「ブレイドブレード」というモデルの画像の投稿です。
 bousyo597さんのモデルは技術的にはまだまだな所はあったのですが
 あ〜ここはこういう解釈できたのか〜とか等感心する部分が
 結構ありなによりもこれを作りたいんだ!
 みたいな情熱が感じられてよかったです。
 で、その情熱にあてられてこの「FFR ブレイド」
 を作ったわけですw

 当初はただ変形するだけで面白くないので飛ばしてやろうかと
 目論んでいたのですが変形時にもコアの向きを維持とか
 背中のブレードアーマー展開とかでパーツを喰いまくったため
 結局ジェットの分のパーツを確保できず可動置物となりました。
 そして一旦は完成してデータと画像をチャットにて先行公開
 したのですが足の長さがどうも短く感じられてしまったので
 100パーツモデルだった構造を見直してパーツを2つ確保して
 なんとか足を1パネ分長くさせました。

 剣への変形時ですがエディット時だと剣先が尖っていません。
 これは右足首のYジョイント、設計図でいうとYジョイント13に
 ○+75°の設定が入ってないためです。
 上記の設定が入ってない理由ですがフィールドで変形させたさい
 剣先の上部を構成する左足がその重量を左腰のXジョイントが
 支えきれず地面方向に沈みます。
 この沈みがなければYジョイント13に変形用の設定入れても
 造型に問題なかったのですが現に沈みがあって変形用の設定を
 入れていると剣先が尖って見えなくしまうため
 この設定をはずしました。

 あと構造的に玄人っぽいことやってるのが
 両足かかとの−165°で接続してるパネルです。
 この部分がないと後ろへ傾きます。
 ちなみに−165°のパネルをはずしてつま先とかかとの
 Xジョイントのデフォ設定を同じにすると
 今度は前へ傾きます。
 こんな方法とらずともつま先かかかとの接続角度等を変えれば
 一応解決はするんですが変形時の造型の都合上
 こういうふうな方法で傾きを補正しました。
 まぁ応用できる例はほとんどないと思いますが
 ちょっとした小ネタです。

 カラーリング
 基本色がライトグレー、頭部が両面柄模様、
 ベルトのバックルがオレンジレッドの両面柄模様、
 上腕部と腰左右と腿があいいろ、背中のブレードアーマーの羽があか、
 ブレードアーマー本体の最上部がきいろ、最下部がダークグレーです。
(09 5/4)
完成画像 仮面ライダーW SJ
仮面ライダーW HM
仮面ライダーW LT
コメント
 約3ヶ月ぶりとなるお題組み換えロボ以外の普通?のモデル
 09年 9月から放送の仮面ライダーW(ダブル)です。
 カラーリングが体の中心に縦で2分割されており
 右半身が緑のサイクロン、赤のヒート、黄色のルナと変化、
 左半身が黒のジョーカー、銀色のメタル、青のトリガーと変化と
 あわせて9パターンの変身がいきなりできる
 ある意味イロモノライダーですw

 モデル的には一体のモデルで9パターンに変身させるのは
 造型を考慮するとさすがに無理なので3モデルにわけて
 再現しています。
 1つ目は基本フォーム。緑と黒の属性が風と技のサイクロンジョーカー、
 2つ目は赤と銀、属性が熱と力のヒートメタル、
 短いですがメタル側にメタルシャフトという棍を持たせています。
 3つ目は黄色と青、属性が神秘と銃撃のルナトリガー、ちなみに
 ルナのワンピースばりに手足が伸びるのなんて再現無理ですw

 モデルの基本構造はコアの前がベルト部分、コアの右が右半身、
 コアの左が左半身となっておりカット&ペースト等を
 使えば簡単に9フォームを再現できます。
 歩行設定も半身ずつで共通なので組み替えても問題なく
 歩いてくれます。

 あと今回大きかったのは頭部の造型です。
 横とか斜めから見たらアレですが画像のように正面から見たら
 約1パネル分の大きさの中に両目とそれ以外の部分をわけて
 表現できてるし中心の分割線もさすがにあごまではないですが
 頭頂部から鼻ぐらいまであるので雰囲気でてると思います
 自分が作ってきたもの中でも頭部だけなら間違いなく
 トップクラスの再現度だと思っています。

 カラーリング
 まず3モデル共通部分。ベルトと中心の分割ラインがライトグレー、
 ベルトのバックルがオレンジレッドの両面柄模様、目があか、
 サイクロンがきみどり、ジョーカーがダークグレー、ヒートがあか、
 メタルがライトグレー、ルナがレモン、トリガーがあおです。

 オマケその他の組み合わせ。   その1、  その2、  その3
(09 9/18)
完成画像 SCSC?
コメント
 かな〜りひさしぶりの実車系モデル
 シボレー・コルベット・スティングレイ・コンセプトです。

 実はこのモデル2ヶ月くらい前には完成していて
 いつものチャットにデータと画像を出したのですが
 その頃はお題組み換えロボモデルの準備モデルや
 他の方が出してきた変形ロボモデルなどと
 被りましてただ造型を重視しただけの車というのは
 パンチ力が弱く華麗にスルーされましたTT
 そんないきさつからボツにしようかとも思いましたが
 折角完成させたのにまぁ勿体ないしということで
 こうして正式公開することにしました。

 この車なんですが映画トランスフォーマー・リベンジに出る
 サイドスワイプというキャラがこの車に擬態しています。

 トランスフォームしたさいその姿もかなりヒーローぽくて
 かっこいいので何人かの方がパネキ化を試みていて
 結構いい感じのところまではいってはいましたが
 完成までにはまだちょっと遠いかなという段階でした。

 それで自分もちょっとやってみようかということになったのですが
 まず脳内組み立ての段階でイマイチ造型と変形がかみ合わず。
 それならばと実際に組んでそのズレを修正しながら
 作っていったのですがそれも結果的にモノにならず。
 こうなったらとまずはとりあえず車時の造型を追求して
 イメージを掴もうと作ったのがこのモデルです。

 さてこのモデル一応完成したわけですが製作途中で
 最終目標であるサイドスワイプのことなぞどうでもよくなり
 当初の予定よりさらに造型重視の方向に流れて
 変形?何それ?美味しいの?状態になったのはないしょですw

 このモデルの完成後変形するサイドスワイプも手がけては
 みたんですがお題に本格突入してしまったりなんだりで
 製作が途中で止まったままです(汗

 カラーリング
 基本色がライトグレー、ガラスがあお、テールランプがあかです。
(09 9/22)

TOPへ 先頭へ