格安SIMとは?iPhoneにも使えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIMとは

格安SIMとは

格安SIMとは?

そもそもSIMとは

SIMとは、「subscriber identity module」の略称です。携帯電話・スマートフォン・タブレット端末に差し込んで使用する、契約者情報を記録したICカードといえます。SIMカードと呼ばれることが多く、差し込まれていなければ電話やタブレットの使用をすることは不可能です。使用する端末によって大きさは異なりますが、スマートフォン用のカードは非常に小さいナノSIMと呼ばれるタイプとなります。古いスマートフォンの場合にはマイクロSIMカードを使用することが多いです。タブレットの場合には標準の大きさのカードを使用しています。

携帯電話会社が発行して差し込まれることが一般的です。機種変更などをする時にわざわざ携帯電話ショップに行かなくても、同じ携帯会社であればカードを別の端末に差し込み直すことで、新たな端末を使えるようになっています。ただし、携帯電話会社をまたいだ機種変更は古い機種の場合、SIMフリーでなければできない為、注意が必要です。2015年5月以降に発売された物であれば問題ありません。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

スマホの通信や契約は重要な部品「SIM」を通して行われている。

[/st-cmemo]

格安SIMとは

格安SIMとは、大手携帯電話会社よりも低価格で使える、通信会社の提供するSIMカードです。提供している会社はMVNOとも呼ばれています。
ここ数年でスマホの月額料金は大きく下がっています。従来の大手キャリアであるドコモ、au、Softbankから移行し、格安SIMの提供会社を通じて契約することで月額の利用料金を3,000円~5,000円程度下げることができるので、多くの人が格安SIMのプランに移行しているのです。

関連記事:MVNOとは?初心者にもわかりやすく解説 「本当に安くなるの?」

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMが低価格でサービスを提供できる理由として、大手携帯電話会社よりもはるかにコストを抑えて経営されているからだといいます。最も大きな理由として挙げられているのは、設備費です。大手携帯電話会社の通信回線を借りて通信サービスを提供しているため、自社での設備を持っていません。自社での設備を作るためのコストを抑えられるため、割安な価格でサービスを提供できています。

また、実店舗が大手よりもはるかに少なく、ほとんどの場合ネットでの販売が主流となっています。店舗で人件費や設備費をかけて販売しなくていいことから、利益還元の意味で低価格化しているのも特徴の一つです。格安SIMの場合はテレビなどのメディアを使った宣伝方法をとっていないことが多く、宣伝はネットをメインとしています。ネットでの広告はテレビなどよりもはるかに低価格で実現できるため、広告費がかからないことも安くなる理由の一つです。

格安SIMが安い理由

  1. 自社での通信設備を持たないから安い
  2. 店舗を多く持たないから安い

利用者が自分に必要なサービスを提供しているプランを選べるようにしていることも、低価格で提供できる理由といえます。会社によっては電話機能を必要としておらず、データ通信のみを希望している人向けのプランを選ぶことも可能です。

iPhoneでも格安SIMは使える?

結論から言うと、iPhoneでも使うことはできます。

現在iPhoneをお持ちなら、現在のキャリアに「SIMロック」を申し込んでから格安SIM会社に移行することでそのままiPhoneの端末を使うことができます。

新規でiPhone端末を買って格安SIMを使いたいなら、携帯ショップではなく家電量販店や家電量販店のECサイトなどで「SIMフリー」のiPhoneを購入し格安SIMと契約しSIMカードを差し入れるだけで使用することが可能です。
格安SIMではiPhoneが使えないというのはよくある誤解です。

格安SIM契約の流れ 実は簡単

切り替えならSIMロック解除申込みをしてMNP予約番号をもらだけ

目的に合った使用を可能としているのが格安SIMのポイントです。今の電話番号のまま使いたいなら、大手から切り替える場合は大手携帯会社に電話をしてMNP予約番号をもらうことになります。MNP予約番号には使用期限があるため、切り替える直前にもらうようにするとトラブルにならずに済みます。

新規で取得したいなら申し込むだけ

全く違う番号を使いたいなら、解約して新たに格安SIMを取り扱うMVNOと契約するだけでOKです。なお、電話連絡をした時にSIMロックされていることが判明した場合は、SIMロックを解除することも忘れないように伝えることが必要となります。

申込後、後日郵送でSIMカードが届く

格安SIMを契約する場合、支払方法を殆どクレジットカード決済にしている為、使用する本人名義のクレジットカードを用意してください。また、本人確認書類を用意する事も必要です。
全て用意ができたら格安SIM会社のホームページから申し込みするだけで、変更は可能となります。現在使用している端末をそのまま使用することが可能ですので、後日、郵送でSIMカードが送られてくるので自分で差し替えるだけで格安SIMのプランを使用することができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。