フィッシングリポートタイトル 13KB
外道の王様巨ゴイ 12KB
参考になるとは思いませんが、釣行した結果をレポートします。
プロではないのでテクニックなどについての詳しい解説は御勘弁を。
釣りに行く前に
「釣果占い」をお試しあれ。

擬似餌の玉手箱トップ>FishingReport

平成29年(2017) 釣行記延べ30
9月・・・さて、今年の秋はいかに(2)
8月・・・暑いし、仕事も忙しく釣行回数減(6)
7月・・・記録的な猛暑続き(6)
6月・・・梅雨の間の釣りは難しい(3)
5月・・・今年のGWはどうかな(10)
4月・・・激務で体重6kg減。こんなの初めて(3)
1月〜3月・・・全く休みナシで釣りはお休み(0)

平成28年(2016) 釣行記延べ60
12月・・・丸一ヶ月、休日なしで超多忙(0)
11月・・・ウグイ、セイゴ、キビレ祭り(8)
     ぎじたまダービー開催
10月・・・秋はセイゴの数釣り(4)
9月・・・魚を見失ったぞ(5)
8月・・・川鱸狙いと豪州遠征 (9)
7月・・・平年より3日早い梅雨明け (5)
6月・・・平年より4日早い梅雨入り (7)
5月・・・ボイル対策はどうする? (11)
4月・・・静岡から磐田に転勤!!(6)
3月・・・今年の春は面白いかも(5)
1月、2月・・・心身共に疲れ釣りはお休み(0)

平成27年(2015) 釣行記延べ68
12月・・・師走の釣行はお休みか? (2)
11月・・・ウグイ釣り、ぎじたまダービー開催(6)
10月・・・数釣りの魅力(7)
9月・・・早起きは3文の徳、沖縄・西表島遠征(5)
8月・・・猛暑続きの釣行(8)
7月・・・濁り水の中から10本 (8)
6月・・・先ずは手堅くキビレ狙い (5)
5月・・・連敗脱出後はキビレ祭り (11)
4月・・・春は難しい(10)
3月・・・バチ抜け・産卵後の良型狙い(4)
2月・・・シマゴン釣行(2)
1月・・・豪州遠征明けで釣りはお休み(0)


平成26年(2014) 釣行記延べ83
12月・・・年末年始は豪州遠征(5)
11月・・・11月は不調、ぎじたまダービー開催(5)
10月・・・秋はセイゴ釣り(4)
9月・・・今年は秋が早いので(11)
8月・・・川鱸狙いのハズが(8)
7月・・・何処で何を釣る?(11)
6月・・・スズキ、キビレ、ナマズ何を狙う? (6)
5月・・・ボイル対策にはトップ (10)
4月・・・静岡転勤でヘロヘロ (7)
3月・・・やっと1本 (6)
2月・・・本命は何処に? (6)
1月・・・今年の寒波はキツイ(4)

平成25年(2013) 釣行記延べ67
12月・・・寒さを堪えて手堅くセイゴ釣り(3)
11月・・・お手軽セイゴ狙い、ダービー開催(6)
10月・・・セイゴ狙いならなんとか(4)
9月・・・様子が違う今年の秋 (7)
8月・・・連日 気温35℃前後、酷暑です。(5)
7月・・・猛暑続きで釣果はヘロヘロ(7)
6月・・・いよいよシーズンインかな(9)
5月・・・風薫る5月 釣果はいかに?(8)
4月・・・暖かくても釣果は寒いぞ (5)
3月・・・魚は何処にいる? (9)
2月・・・やっぱり釣りに行けないっ!! (3)
1月・・・釣りに行けないっ!! (1)

過去(2000〜2012年)のフィッシングレポート
スズキ 4KBスズキ90cm 6KB




 5KB近年、マナーを守らない釣り人が増え、釣り場にタバコの吸い殻、コンビニの弁当箱、空缶、ペットボトルなどが散乱しています。野池は釣り堀ではなく、農業用水を溜めておく施設です。このままでは県内の野池が釣り禁止になるぞ!!ゴミは必ず持ち帰ろう。

 夜釣りは非常に危険です。全て自己責任において行動し、明るい色の服装に心掛け、反射素材の装着、ヘッドライトと予備ライト、携帯電話を持参すること。フローターの場合はフローティングベストは当然必携。また、近くに民家がある場合は、車のドアの開閉は最小限に。大声で同行者と話したり、奇声を発したりしないように注意しよう。



天気:曇り時々晴れ 水温:不明 pH:不明
釣果:1匹(メッキ)

 朝5時過ぎ、釣り場に立つ。今回は朝イチから大失態。うっかり、このエリアを攻略するためのルアーをぎっちり詰め込んであるメインBOXを自宅に忘れてしまった。車に積んであったウエストBOXの中身をドキドキしながら確認する。パッと見でZBLシステムミノー11Fタイダルフラットラップ8が入っていたので一安心。これら以外にも十分戦闘能力の高いルアーがあったので、なんとかなりそうだった。

 スタートは11Fタイダルから。キャストを始めて15分、期待どおりにガツンときた。足元近くでヒットした魚は、本命のスズキ。ルアーを吸い込んで反転した直後、水面でガバガバとエラ洗いを連発した。サイズは60cmUPの元気満点、暴れん坊のヤツ。口の横にガッチリとフッキングしていたハズだったが、目の前でルアーを吹き飛ばして逃げていった。

 バラシの原因は、かなり強めにセットしてあったドラグ。足元近くでヒットした魚に対して、余裕を持って対処できなかった。これを反省し、ドラグをセッティングしなおしてからキャストを再開。11Fタイダルには反応がなかったため、コモモに交換。10分も経たない内に再びチャンス到来した。ヒットした魚は一気に走り、リールからライン勢い良く引きずり出した。明らかに狙っている魚とは違うファイトに閉口。ロッドをグイグイと曲げる魚は、70cmを超える鯉だった。ルアーが掛かっているのは背鰭の付け根付近。数分間、走り回られてポイントを荒らされた挙句、ウロコ1枚を残して逃げていった。

メッキ 8KB 岸際近く、表層で群れているボラっ子達が追われているので、レイド6を投げ込んで早いトウィッチングをするとビンゴ。食ってきたのは、セイゴかフッコかと思いきや15cmのメッキ。河口からは結構な距離があるのだが、確実に潮が上がっている証拠でもある。メッキは群れで入っているハズなので、暫く周囲を探ったがレイド6に反応しない。フェイクベイツ60ペラッコワンダーフラットラップ8フーター80など、相次いで投入したが、この1匹で打ち止めだった。

 午前7時、満潮からの下げに切り替わり、上流から8〜10cm程のベイトの群れが次々に下ってきた。これを合図にボイルが始まるハズなのだが、どこからも捕食音は聞こえてこない。スーパースプークJrエアラコブラスキッターポップなどのトップウォーターを試した後に、ラパラBXミノーを投入。ベイトサイズとほぼ同寸なので期待したが、これにも反応はない。レンジバイブ70ESでボトム付近を探った後、ローリングベイトの早引きを試したがこれらも不発。午前8時、日差しが強まり魚が沈んでしまい、釣れる気がしなくなった。今朝の釣果はメッキ1匹で納竿となった。

 今朝の釣行で本命魚を1本バラしていたため、日没後のナイターで再び釣行。勿論、当エリア攻略のルアーが詰まったBOXは、忘れずに持参した。今回はトップバッターはストリームデーモン140。表層でベイトがザワついているので試してみたが不発。続いて、バンタム・トリプルインパクトブーツ120を試していると、流心でボイルが始まった。飛距離が出るZBLシステムミノー139Fをフルキャストして暫くの間、様子を伺っていたが反応がない。

 スズキに追われているベイトのサイズに合わせて、ルアーをサイズダウン。サイレントアサシン99Fに交換し、キャストを繰り返していると足元でヒット。今朝と同じパターンだったので焦らずに魚とやり取りをしたのだが、サイズは一回り以上大きい70cm前後の良型。魚がターンした際にラインテンションが一瞬抜けてフックオフ。同じミスを繰り返したショックに、その場へ座り込んだ。

 魚はまだ周囲にいそうなのでキャストを繰り返したが反応はない。ルアーをBXミノー1011Fタイダルに交換し、ワンチャンスに賭けたがワンバイトもなく時合は終了。急に水面が静かになり魚っ気がなくなったので納竿とした。


天気:曇り時々晴れ 水温:24.5℃ pH:不明
釣果:0匹

 朝まで雨が降っていたので、昼食後にのんびりと釣行した。1か所目に選んだ場所では予想外に流れが弱く、水位も低かった。降雨による濁りもなく、いかにも釣れそうにない雰囲気が漂う。トップバッターは、"ぎじたまダービー"開催案内で近隣釣具店へ足を運んだ際に購入したラパラのBXミノー10。このルアーは、バルサボディを樹脂で包んだ新しいスタイルのミノー。形は豪州でのバラマンディ狙いでは必携のシーウォッチャーに似ているため、ストレートリトリーブだけでなくトウィッチやジャークでも効果的な感じ。暫くの間、周囲を丹念に探ってみたが魚の反応はなかった。泳ぎについては、満足したので次回の豪州遠征に持って行くことにしよう。

シロバナヒガンバナ 12KB いつも本命魚が潜んでいるストラクチャー周りに、根掛かり覚悟でコモモモルモ80を送り込んだりしたが不発。続いて、流心狙いでZBL139Fを投げ込んだが、こちらにも反応はない。周囲を見渡してもベイトの気配は全くなく、今回の雨で魚達が一時的に何処かへ消えてしまった様子。ここで粘っていても釣れる気がしないため、次の場所へと車を走らせた。

 途中、路肩に白いヒガンバナが咲いているのを見つけ、車から降りて写真を撮る。数年前まで、私の勤務場所近くにもこの時期になると白いヒガンバナが咲いていたのだが、心無い人に盗掘されてしまった。真っ赤なヒガンバナは田んぼの畦や堤防沿いに植えられているので目にすることは多いが、白花はとても珍しい。自分の物にしたいという欲求は判らないこともないが、球根を掘り取ってしまうような行為はとても残念に思う。

 2か所めは、水深の浅い川の中を歩きながら、中洲周辺をウェーディングして探る。中州周りにはベイトの群れが集まっているため、きっと捕食魚も近くにいるハズ。モルモ80で探った後、フーター80Fでワンチャンスを狙ったがこのルアーにも反応はなかった。フラットラップ8を竿先にぶら下げて、少しずつ下流方向に移動しながら魚を探す。岸際にベイトはいるが、ルアーに反応する魚は皆無。スキッターポップワンダースリムを投入し、攻め方を変えてみたが、いずれのルアーにもアタリはなくギブアップ。さて、明日はどうしようか・・・。


「Fishing Report」の目次に戻る。 
トップページに戻る。 
私へのメッセージは こちら へどうぞ。

   
Copyright (C) tamatebako