フィッシングリポートタイトル 13KB
外道の王様巨ゴイ 12KB
参考になるとは思いませんが、釣行した結果をレポートします。
プロではないのでテクニックなどについての詳しい解説は御勘弁を。
釣りに行く前に
「釣果占い」をお試しあれ。

擬似餌の玉手箱トップ>FishingReport

平成29年(2017) 釣行記延べ43
12月・・・今年最後の釣り(1)
11月・・・飛豚73プロップ大活躍(6)
     ぎじたまダービー開催
10月・・・秋本番、魚を求めて(3)
9月・・・さて、今年の秋はいかに(4)
8月・・・暑いし、仕事も忙しく釣行回数減(6)
7月・・・記録的な猛暑続き(6)
6月・・・梅雨の間の釣りは難しい(3)
5月・・・今年のGWはどうかな(10)
4月・・・激務で体重6kg減。こんなの初めて(3)
1月〜3月・・・全く休みナシで釣りはお休み(0)

平成28年(2016) 釣行記延べ60
12月・・・丸一ヶ月、休日なしで超多忙(0)
11月・・・ウグイ、セイゴ、キビレ祭り(8)
     ぎじたまダービー開催
10月・・・秋はセイゴの数釣り(4)
9月・・・魚を見失ったぞ(5)
8月・・・川鱸狙いと豪州遠征 (9)
7月・・・平年より3日早い梅雨明け (5)
6月・・・平年より4日早い梅雨入り (7)
5月・・・ボイル対策はどうする? (11)
4月・・・静岡から磐田に転勤!!(6)
3月・・・今年の春は面白いかも(5)
1月、2月・・・心身共に疲れ釣りはお休み(0)

平成27年(2015) 釣行記延べ68
12月・・・師走の釣行はお休みか? (2)
11月・・・ウグイ釣り、ぎじたまダービー開催(6)
10月・・・数釣りの魅力(7)
9月・・・早起きは3文の徳、沖縄・西表島遠征(5)
8月・・・猛暑続きの釣行(8)
7月・・・濁り水の中から10本 (8)
6月・・・先ずは手堅くキビレ狙い (5)
5月・・・連敗脱出後はキビレ祭り (11)
4月・・・春は難しい(10)
3月・・・バチ抜け・産卵後の良型狙い(4)
2月・・・シマゴン釣行(2)
1月・・・豪州遠征明けで釣りはお休み(0)


過去(2000〜2014年)のフィッシングレポート
スズキ 4KBスズキ90cm 6KB




 5KB近年、マナーを守らない釣り人が増え、釣り場にタバコの吸い殻、コンビニの弁当箱、空缶、ペットボトルなどが散乱しています。野池は釣り堀ではなく、農業用水を溜めておく施設です。このままでは県内の野池が釣り禁止になるぞ!!ゴミは必ず持ち帰ろう。

 夜釣りは非常に危険です。全て自己責任において行動し、明るい色の服装に心掛け、反射素材の装着、ヘッドライトと予備ライト、携帯電話を持参すること。フローターの場合はフローティングベストは当然必携。また、近くに民家がある場合は、車のドアの開閉は最小限に。大声で同行者と話したり、奇声を発したりしないように注意しよう。



天気:晴れ 水温:不明 pH:不明
釣果:0匹

 クリスマスが間近に迫る23日、夕マヅメ狙いで久しぶりに釣行した。これまでサーフで竿を振る釣人からは、ワラサやブリが釣れてるだとか、産卵直前のでっぷりと太ったスズキが釣れたとか、情報はポツポツあった。しかし、"ぎじたまダービー"開催後は何となく力が抜けてしまい、釣りに行かない日が続いてしまった。そして、気が付けばもう年末で釣行は今日が最終日となりそう。これまでの年間釣行日数を数えてみると、ホームページを開設してから過去最低の釣行数を記録した。以前は、1年間の1/3以上 竿を振っており、随分とライフスタイルが変わってきた事が良く判る。

 釣れても釣れなくても、ガムシャラに釣行を重ねていた頃と違い、魚が釣れやすい時期に、よりピンポイントな場所で竿を振るようになったため、大ハズレはないのだがワクワク・ドキドキ感は薄らでいるようにも思う。今回、足を運んだ釣り場も、冬場にセイゴなどが釣りやすいスポット。サーフで強い風に打たれながら竿を振るより、風を避けてチョコッと竿を振る安易な釣りを選んだ。

 スタートはフィードシャロー105。近隣の中小河川で、水位が低い時に安心して使える逸品だ。流れが弱く、ベイトも不在なので釣れる気がしないのだが、ストラクチャー周りを中心に暫くキャストを続けて様子をみた。常夜灯が作り出す明暗部には、ベイトが集まりやすく、これに捕食魚が付くのだが今日はベイトが全く見えない。試しにユラメキを投入して、セイゴやウグイがいないかチェックしたが、コツリともアタリはなかった。

 対岸に移動し、ユラメキワンダーを使って魚を探したが、魚の影すら見つけることが出来ずギブアップ。車を走らせ、次の場所へと移動した。ここは、例年、エサ釣りの人達が赤い電気ウキを使って釣りをしている場所。しかし、釣り人は一人もおらず、何だかとっても寂しげな雰囲気が漂う。レンジバイブ45ESで岸と平行にキャストし、リフト&フォールしながら丁寧に釣り歩いて魚を探す。上げ潮に乗って海から入ってくるマイクロベイトを意識した釣りなのだが、タイミングが合っていないようでワンバイトもない。ボラが跳ねたり、セイゴがライズしていれば、少しはやる気が出るのだが水面は全く変化なく、魚が釣れる気もしなかったので早めに納竿した。


「Fishing Report」の目次に戻る。 
トップページに戻る。 
私へのメッセージは こちら へどうぞ。

   
Copyright (C) tamatebako